Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)複合構造

(In Japanese)複合構造 meetings

Patent code P160013255
File No. (S2012-0770-N0)
Posted date Aug 25, 2016
Application number P2014-523763
Patent number P6086452
Date of filing Jul 3, 2013
Date of registration Feb 10, 2017
International application number JP2013068238
International publication number WO2014007284
Date of international filing Jul 3, 2013
Date of international publication Jan 9, 2014
Priority data
  • P2012-151625 (Jul 5, 2012) JP
Inventor
  • (In Japanese)田中 照久
  • (In Japanese)堺 純一
Applicant
  • (In Japanese)学校法人福岡大学
Title (In Japanese)複合構造 meetings
Abstract (In Japanese)せん断耐力及び剛性を大幅に向上させることができ、施工性にも優れた複合構造を提供する。
複合構造10においては、平板状の基材1の表面1aに隅肉溶接2によって衝立状に接合された平板状のせん断抵抗材3と、せん断抵抗材3を埋設した状態で基材1の表面1a上に形成されたコンクリート系部材4と、を備えている。せん断抵抗材3には、複数の貫通孔5が開設され、これらの貫通孔5の内周縁から当該せん断抵抗材3の片方の面3aより外側へ突出する突縁部6が設けられている。複数の貫通孔5は円形であり、突縁部6は、貫通孔5の内周縁に沿って連続した短円筒形状をなしている。基材1及びせん断抵抗材2はいずれも鋼板で形成されている。複数の貫通孔5はせん断抵抗材2の長手方向に沿って一定間隔をおいて開設されている。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

鋼部材とコンクリート系部材とを一体的に接合して形成される複合構造は、従来、建築構造物や土木構造物などの分野において広く使用されているが、本発明に関連するものとして、例えば、図15,図16に示すようにスタッド181を用いた複合構造180あるいは図17,図18に示すように孔あき鋼板ジベル191を用いた複合構造190などがある。

図15,図16に示す複合構造180においては、鋼部材である鉄骨梁182の上面に複数のスタッド181が所定間隔ごとに起立状に溶接され、これらのスタッド181を埋設した状態で鉄骨梁182の上面に層状のコンクリート系部材183が形成されている。

図17,図18に示す複合構造190においては、複数の貫通孔191が所定間隔ごとに開設された帯板状の孔あき鋼板ジベル191が鋼部材である鉄骨梁192の上面にリブ状に溶接され、この孔あき鋼板ジベル191を埋設した状態で鉄骨梁192の上面に層状のコンクリート系部材193が形成されている。

一方、打ち込み型枠とコンクリートとの密着性を高めるために、打ち込み型枠の素材である基板にバーリング加工によって貫通孔を開設することにより、当該貫通孔の周囲に不規則な複数の小突起を突出させる技術が提案されている(例えば、特許文献1参照。)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、建築構造物や土木構造物などを構築する際に鋼部材とコンクリート系部材とを一体的に接合して形成される複合構造に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
鋼部材の端部とコンクリート系部材とを接合するための前記鋼部材の接合部の複合構造において、
前記鋼部材の接合部は貫通孔が設けられた板状のせん断抵抗材を備え、
前記せん断抵抗材は前記鋼部材の基材の表面に前記基材の長手方向に沿って衝立状に接合され、
前記貫通孔は、その内周縁から前記せん断抵抗材の少なくとも片方の面より外側に突出する突縁部を有することを特徴とする鋼部材の接合部の複合構造。

【請求項2】
 
板状の鋼部材とコンクリート系部材とを接合して形成される複合構造において、
互いに対向状態に配置された前記鋼部材である2枚の板状のせん断抵抗材と、前記せん断抵抗材の間に形成された前記コンクリート系部材と、を備え
前記せん断抵抗材に、貫通孔と、前記貫通孔の内周縁から前記コンクリート系部材中に突出する突縁部と、を設け
前記2枚のせん断抵抗材と前記コンクリート系部材とを接合した際に、前記貫通孔内に存在する前記コンクリート系部材の表面が、前記せん断抵抗材と前記コンクリート系部材との接触面より前記せん断抵抗材側に位置していることを特徴とする複合構造。

【請求項3】
 
筒状の柱部材と、前記柱部材の少なくとも一部を埋設した状態で前記柱部材の周囲に形成されたコンクリート系部材と、を備えた複合構造において、前記柱部材の前記コンクリート系部材中に埋設された部分に、貫通孔と、前記貫通孔の内周縁から前記コンクリート系部材中若しくは前記柱部材の軸心に向かって突出する突縁部の少なくとも一方を設けたことを特徴とする複合構造。

【請求項4】
 
前記柱部材の前記コンクリート系部材から露出した部分に、貫通孔と、前記貫通孔の内周縁から前記柱部材の軸心に向かって突出する突縁部を設け、前記柱部材の内部にコンクリート系部材を充填した請求項3記載の複合構造。

【請求項5】
 
前記突縁部が、前記貫通孔の内周縁に沿って連続した短円筒形状である請求項1~4のいずれかに記載の複合構造。

【請求項6】
 
前記せん断抵抗材若しくは前記柱部材に複数の前記貫通孔を設けた請求項1~5のいずれかに記載の複合構造。

【請求項7】
 
隣り合う前記貫通孔における前記突縁部の突出方向が互いに異なる請求項6記載の複合構造。

【請求項8】
 
前記基材の表面に複数の前記せん断抵抗材を接合した請求項1記載の複合構造。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014523763thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、「問合せ先」まで直接お問合せ下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close