Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)フルオロアルキル基誘導体を含むゲル化剤

(In Japanese)フルオロアルキル基誘導体を含むゲル化剤 meetings foreign

Patent code P160013275
File No. H19-034D
Posted date Sep 8, 2016
Application number P2009-546206
Patent number P5376453
Date of filing Nov 21, 2008
Date of registration Oct 4, 2013
International application number JP2008071749
International publication number WO2009078268
Date of international filing Nov 21, 2008
Date of international publication Jun 25, 2009
Priority data
  • P2007-324705 (Dec 17, 2007) JP
Inventor
  • (In Japanese)岡本 浩明
  • (In Japanese)森田 由紀
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Title (In Japanese)フルオロアルキル基誘導体を含むゲル化剤 meetings foreign
Abstract (In Japanese)多様な有機溶媒を少量の添加でゲル化もしくは固化できるフルオロアルキル基誘導体を含むゲル化剤を提供する。
下記式
(式省略)
ここで、m、nおよびxは、いずれも正の整数である
で表されるフルオロアルキル誘導体を含む、有機液体のゲル化剤。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、電池の電解質、塗料、インク、潤滑油、農業、水産、化粧品、医薬品、繊維、樹脂、高分子、ゴム、金属などの分野において有機液体類を固化するのに、低分子量もしくは高分子量の有機ゲル化剤が用いられてきた。これらの有機ゲル化剤の多くは分子内に水素結合性官能基(例えば、アミノ基、アミド基、尿素など)を持つ低分子量化合物群もしくは、三次元的なネットワーク構造を持つ高分子化合物群が知られている。後者に比べ、前者の開発は比較的遅いものの、ジアルキルウレア誘導体(特許文献1参照)、ペルフルオロアルキル誘導体(特許文献2および非特許文献1参照)が知られている。
しかし、前記化合物はゲル化可能な溶媒の種類が少なく、しかもゲルの安定性に難があり、高濃度の電解質を含む有機電解液のゲル化は、比較的大量のゲル化剤を必要とするなどに問題点があった。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、新規化合物に関する。また該化合物よりなる有機溶媒のゲル化を可能とするゲル化剤に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記式(1)で表される化合物。
【化1】
 
(省略)
ここで、mは5~15の整数であり、nは1~6の整数であり、xは1~12の整数である、

【請求項2】
 
請求項1に記載の化合物よりなる有機液体のゲル化剤。

【請求項3】
 
請求項1に記載の化合物の有機液体のゲル化剤としての使用。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2009546206thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close