Top > Search of Japanese Patents > METHOD OF PRODUCING CYCLOHEXANONE

METHOD OF PRODUCING CYCLOHEXANONE

Patent code P160013289
File No. H23-012D
Posted date Sep 8, 2016
Application number P2011-147917
Publication number P2013-014535A
Patent number P5822191
Date of filing Jul 4, 2011
Date of publication of application Jan 24, 2013
Date of registration Oct 16, 2015
Inventor
  • (In Japanese)山本 豪紀
  • (In Japanese)杉本 常実
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Title METHOD OF PRODUCING CYCLOHEXANONE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method of producing cyclohexanone, by which the cyclohexanone can be manufactured with high efficiency and good selectivity when cyclohexane is oxidized by using a cobalt catalyst.
SOLUTION: The method of producing the cyclohexanone includes: bringing the cyclohexane into contact with oxygen or an oxygen-containing gas; and oxidizing a cobalt compound as a catalyst. The oxidation is conducted without a solvent.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

シクロヘキサノンは、カプロラクタム、ナイロン、アジピン酸の製造原料、高沸点溶剤、剥離剤、金属等の洗浄剤、染料の安定剤など、様々な分野で用いられている。中でも特に、カプロラクタムの原料として有用であり、カプロラクタムの製造量のうち、およそ90%以上がシクロヘキサノンのオキシムを経由する方法によって製造されている。そして、シクロヘキサノンは、シクロヘキサンの酸化もしくはフェノールの水素化によって製造されており、シクロヘキサノン製造量の約80%がシクロヘキサン酸化法に基づいている。

しかし、シクロヘキサノンの従来の製造方法は、その転化率が低いという欠点を有する。加えて、これらの反応からは様々なシクロヘキサンの酸化生成物の分解物が生成するので、生成物選択率が80%を超えることは難しい。

例えば、特許文献1及び2には、極性プロトン溶剤及び極性非プロトン溶剤から選択される溶剤中において、反応媒体に溶解させた触媒の存在下、酸素又は酸素含有ガスにより、炭化水素、アルコール及び/又はケトンが液相で酸化しカルボン酸となることが記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、シクロヘキサンをコバルト化合物を触媒として酸化することによりラクタム原料として有用なシクロヘキサノンを選択性良く製造する方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
シクロヘキサンを酸素又は酸素含有ガスと接触させて、コバルト化合物のみを触媒として酸化させるシクロヘキサノンの製造方法であって、
前記酸化処理は、無溶媒で行い、
前記コバルト化合物が、硝酸コバルト、アセチルアセトンコバルト、塩化コバルト及び炭酸コバルト並びにそれらの水和物より選ばれる1以上であることを特徴とするシクロヘキサノンの製造方法。

【請求項2】
 
コバルト化合物が、硝酸コバルト六水和物であることを特徴とする請求項1記載のシクロヘキサノンの製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close