Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PROCESSING CONTAMINATED WATER

METHOD FOR PROCESSING CONTAMINATED WATER

Patent code P160013292
File No. H26-005
Posted date Sep 8, 2016
Application number P2014-119796
Publication number P2015-231610A
Patent number P5669120
Date of filing Jun 10, 2014
Date of publication of application Dec 24, 2015
Date of registration Dec 26, 2014
Inventor
  • (In Japanese)李 柱国
  • (In Japanese)池田 攻
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Title METHOD FOR PROCESSING CONTAMINATED WATER
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a novel method for processing contaminated water, which is applicable to processing of radioactivity contaminated water.
SOLUTION: The method for processing contaminated water comprises mixing papermaking sludge incineration ash, an alkaline surfactant, and radioactivity contaminated water to form a geopolymer solidified body. Also provided is the method for processing radioactivity contaminated water in which the alkaline surfactant contains sodium silicate and sodium hydroxide, and an adsorption modifier selected from titanium oxide or bentonite is added to the papermaking sludge incineration ash to form a geopolymer solidified body. Further provided is the method for processing water in which the contaminated water is radioactivity contaminated water or heavy metal contaminated water.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により、福島第一原子力発電所が甚大な被害を受けた結果、大量の放射能汚染水が発生し、その処理が大きな課題となっている。この放射能汚染水に含まれる主な放射性核種は、セシウム(137Cs)、ストロンチウム(85Sr)及びトリチウムである。

現在、この放射能汚染水の処理は、前処理、中間処理及び吸着処理を含む、いわゆる吸着法によって実施されている。しかし、吸着法による処理システムは設備構成が複雑であり、設備稼働と維持管理に多額な費用を要する。更に、吸着法では、放射能汚染水の処理にゼオライトや活性炭などの吸着材を使用するため、高レベルに汚染された使用後の吸着材の廃棄処理という困難な問題が新たに生じる。

一方、特許文献1には、セシウム含有廃棄物の処理方法として、アルミノケイ酸塩原料、及びアルカリ活性剤を含む溶液に、セシウム含有廃棄物を添加する工程、及び前記溶液をゲル化させる工程を含む、処理方法が提案されている。すなわち、特許文献1の方法は、ジオポリマーを用いてセシウム含有廃棄物を固化してセシウム含有廃棄物中のCsを不溶化させようとするものである。

しかし、特許文献1の方法は、主としてセシウムが付着した瓦礫を焼却して生じる飛灰、すなわち粉状物を処理するもので、セシウムの固定率が比較的低く、かつ水分を多く取り込めないので、放射能汚染水の処理には適用できない。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、放射能汚染水等の汚染水の処理方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
製紙スラッジ焼却灰と、アルカリ活性剤と、汚染水とを液固比が1.0以上となるように混合して、ジオポリマー固化体とする汚染水の処理方法。

【請求項2】
 
前記アルカリ活性剤が、ケイ酸ナトリウム及び水酸化ナトリウムを含む、請求項1に記載の汚染水の処理方法。

【請求項3】
 
前記汚染水が放射能汚染水である、請求項1又は2に記載の汚染水の処理方法。

【請求項4】
 
前記汚染水が重金属汚染水である、請求項1又は2に記載の汚染水の処理方法。

【請求項5】
 
製紙スラッジ焼却灰にゼオライト、酸化チタン又はベントナイトから選ばれる吸着改質剤を添加してジオポリマー固化体とする、請求項1又は2に記載の汚染水の処理方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014119796thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close