Top > Search of Japanese Patents > RELEASE FACILITY OF CREEPING ANIMAL

RELEASE FACILITY OF CREEPING ANIMAL meetings

Patent code P160013324
File No. T-1624
Posted date Sep 26, 2016
Application number P2015-118204
Publication number P2017-000084A
Patent number P6634639
Date of filing Jun 11, 2015
Date of publication of application Jan 5, 2017
Date of registration Dec 27, 2019
Inventor
  • (In Japanese)山田 俊郎
  • (In Japanese)高橋 伸次郎
  • (In Japanese)櫻井 泉
Applicant
  • (In Japanese)学校法人東海大学
  • (In Japanese)株式会社西村組
Title RELEASE FACILITY OF CREEPING ANIMAL meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a release facility of a creeping animal assuming a relatively small facility, dispensing with an intermediate partition in a pocket part, suppressing the released creeping animal from scattering and depleting, and capable of establishing a nursery release technique of the creeping animal.
SOLUTION: A release facility 1 of a creeping animal includes a storage box body 2 including: a barrier part 21 erected vertically so as to surround four sides; an opening 22 opened in an upper face surrounded by the barrier 21; and a pocket part 23 overhanging in a box shape from one or bath faces of the barrier 21, opened on a lower side only, and forming an air filling space 24. In the storage box body 2, a weight 3 is stored for stable installation in water. The air filling space 24 is continuously formed without being divided in a peripheral direction of the barrier 21.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、中国等では食用ナマコの需要が拡大しており、特に、北海道産のナマコは好評で、高値状態が続いている。このため、北海道の各地でナマコの人工種苗生産が行われ、稚ナマコを海へ放流する取り組みが行われている。

しかし、ナマコに対しては、有効な標識技術がないため天然のナマコと放流されたナマコとの判別が困難である。また、放流後の稚ナマコの挙動が分からないため、放流数に比べて捕獲されるナマコの数が増減した場合であっても、ナマコが移動・拡散により増減したのか、自然減耗したのか、または他の外敵生物に捕食されたのかが分からない。

つまり、現在では、稚ナマコの人工種苗生産技術は確立されているものの、放流されたナマコについて生残や成長を把握することが難しい状況にあり、種苗放流してもその効果は確認できず、種苗放流技術(中間育成技術)は、まだ確立されていない。

一方、出願人は、ウニやアワビ等の匍匐性動物の移動制御手段として、空気ポケットフェンスを取り付けた移動制御施設の研究および開発を行っている。

例えば、特許第4859556号公報では、匍匐性動物の移動制御施設を構築するための部材であって、鉛直方向に立設された障壁部と、前記障壁部の片面または両面から箱状に張り出したポケット部とを有し、前記ポケット部が下面のみが開放された空気充填空間を形成する匍匐性動物の移動制御施設用部材において、前記空気充填空間を複数の小空間に仕切るべく前記ポケット部のスパン方向に対して垂直な1または複数の仕切り壁を前記空気充填空間内に設けたことを特徴とする匍匐性動物の移動制御施設用部材が提案されている(特許文献1)。この特許文献1によると、ポケット部が長大になると、波の影響を受けて空気が漏出してしまうところ、前記仕切り壁を設けることによって、波によって揺動する空気の漏出を抑制することができるとされている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ナマコ等の匍匐性動物の養殖や蓄養を行うための匍匐性動物の放流施設に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
四方を包囲するように鉛直方向に立設された障壁部と、前記障壁部に囲まれた上面を開放してなる開口部と、前記障壁部の片面または両面から箱状に張り出して下方のみを開放して空気充填空間を形成するポケット部とを備えてなる収容箱本体を有する匍匐性動物の放流施設であって、
前記空気充填空間が前記障壁部の周方向に仕切られることなく連続的に形成されているとともに、前記開口部の上方を流れる海水を前記収容箱本体内部に導く海水導入部を備えており、
前記海水導入部は、前記開口部の上方位置から前記収容箱本体内部に向けて傾斜する導水傾斜面を有する、前記匍匐性動物の放流施設。

【請求項2】
 
一対の前記海水導入部が、前記導水傾斜面を背中合わせにして左右対称に設置されている、請求項1に記載の匍匐性動物の放流施設。

【請求項3】
 
前記開口部に外敵の侵入を防止する外敵防止ネットが張設されている、請求項1または請求項2に記載の匍匐性動物の放流施設。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015118204thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close