Top > Search of Japanese Patents > INTERMEDIATE BREEDING EQUIPMENT AND DISCHARGE METHOD OF YOUNG SEA CUCUMBER

INTERMEDIATE BREEDING EQUIPMENT AND DISCHARGE METHOD OF YOUNG SEA CUCUMBER meetings

Patent code P160013325
File No. T-1631
Posted date Sep 26, 2016
Application number P2016-067569
Publication number P2017-176017A
Patent number P6617372
Date of filing Mar 30, 2016
Date of publication of application Oct 5, 2017
Date of registration Nov 22, 2019
Inventor
  • (In Japanese)山田 俊郎
  • (In Japanese)櫻井 泉
Applicant
  • (In Japanese)学校法人東海大学
  • (In Japanese)株式会社西村組
Title INTERMEDIATE BREEDING EQUIPMENT AND DISCHARGE METHOD OF YOUNG SEA CUCUMBER meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide intermediate breeding equipment in which intrusion of fishes is not permitted, and a discharge method in which natural decrease of young sea cucumbers being bred in the intermediate breeding equipment is reduced.
SOLUTION: Intermediate breeding equipment (10A, 10B, 10C) of young sea cucumbers includes substantially square tube-shaped equipment bodies (11A, 11B, 11C) with at least upper surfaces released, and double breeding mats (16) spread on the bottom face of the equipment body. The equipment bodies (11A, 11B, 11C) each have a pocket part (13) for forming a pneumatic stowing space (15) by protruding from one side or both sides of a side wall (12) in a box shape and opening only a lower part.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、ナマコは高級食材として注目されており、人工的に種苗を生産する方法も確立されたことから、種苗法流による経済効果が期待されている。

生産されたナマコの種苗は、ほかの魚介類の養殖と同様に、中間育成することが望ましい。しかし、陸上で中間育成を行うと、食害プランクトンの大量発生による減耗が生じたり、飼育代、光熱費、人件費などの生産コストが増大したりするため効率的でない。そのため、種苗を天然海域で中間育成する取り組みが行われているものの、逸散や減耗により回収率が極めて低く、経済効果が少ないという問題があった。この問題を解決するためには、海中中間育成を行う際の稚ナマコの逸散を防ぎ、かつ生残率を向上させる必要があるが、稚ナマコは成育初期にカニ類、ヒトデ類及び魚類の食害に遭いやすく、成育初期での減耗が多い。そのため、これらの食害に遭わないような海中中間育成方法の確立が必要であった。

特許文献1では、匍匐性動物の移動制御施設用部材及びこれを用いた移動制御施設が提案されている。鉛直方向に立設された障壁部と、障壁部の片面または両面から箱状に張り出したポケット部とを有し、ポケット部が下面のみが開放された空気充填空間を形成し、空気充填空間を複数の小空間に仕切るべくポケット部のスパン方向に対して垂直な1または複数の仕切り壁を空気充填空間内に設けたことを特徴とする移動制御施設用部材及び、これを連設することにより構築した移動制御施設である。

これは、匍匐性動物が空気を忌避する性質を利用したものであり、ポケット部の空気充填空間を匍匐性動物が忌避することにより移動を制御することができる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ナマコ特に稚ナマコの中間育成施設及び、中間育成施設で育成した稚ナマコの放流方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
稚ナマコの中間育成施設(10A,10B,10C)であって、
少なくとも上面が開放された略角筒状の施設本体(11A,11B,11C)と、
前記施設本体(11A,11B,11C)の底面の位置に敷き詰められた2重の飼育マット(16)と、を備え、
前記施設本体(11A,11B,11C)は、側壁部(12)の片面又は両面から箱状に張り出して下方のみを開放して空気充填空間(15)を形成するポケット部(13)を有し、
前記2重の飼育マット(16)は多孔材であり、放流直後の稚ナマコが住むために所定の目合いを有する下層マット(16b)と、成長した稚ナマコが住むために前記下層マット(16b)よりも大きい目合いを有する上層マット(16a)とからなり、前記上層マット(16a)を前記下層マット(16b)から分離可能であることを特徴とする、
稚ナマコの中間育成施設。

【請求項2】
 
少なくとも上面が開放された略角筒状の施設本体(11A,11B,11C)と、
前記施設本体の底面の位置に敷き詰められた2重の飼育マット(16)と、を備え、
前記施設本体(11A,11B,11C)は、側壁部(12)の片面又は両面から箱状に張り出して下方のみを開放して空気充填空間(15)を形成するポケット部を有し、
前記2重の飼育マット(16)は多孔材であり、放流直後の稚ナマコが住むために所定の目合いを有する下層マット(16b)と、成長した稚ナマコが住むために前記下層マット(16b)よりも大きい目合いを有する上層マット(16a)とからなる中間育成施設(10A,10B,10C)で育成した稚ナマコの放流方法であって、
前記飼育マット(16)の前記上層マット(16a)のみを移設することを特徴とする、稚ナマコの放流方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016067569thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close