Top > Search of Japanese Patents > CULTIVATION CONTAINER-HOLDING TRAY AND CULTIVATION SYSTEM

CULTIVATION CONTAINER-HOLDING TRAY AND CULTIVATION SYSTEM meetings

Patent code P160013363
File No. 12027
Posted date Oct 13, 2016
Application number P2016-111867
Publication number P2017-216897A
Date of filing Jun 3, 2016
Date of publication of application Dec 14, 2017
Inventor
  • (In Japanese)窪田 聡
Applicant
  • Nihon University
Title CULTIVATION CONTAINER-HOLDING TRAY AND CULTIVATION SYSTEM meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To improve a heat transfer rate to a cultivation container in controlling a root zone temperature using a temperature control floor.
SOLUTION: A cultivation container-holding tray 1 has: a heat insulation panel 2 having a through hole 2a capable of holding the bottom of a pot X in an exposed state; and a metal foil 3 formed from the bottom 2d of the heat insulation panel 2 to a contact surface 2b that comes into contact with a peripheral surface X2 of the pot X of the through hole 2a.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

植物の根の部分(以下、根域と称する)の温度を調整することにより、植物の地上部の生育や開花を制御可能であることが知られている。根域温度の調整装置としては、例えば、特許文献1に開示されている。このような特許文献1に開示された根域温度の調整装置は、土壌を詰めた鉢(栽培容器)を恒温水槽内に浸漬させることにより、根域の温度調整を行っている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、栽培容器保持トレイ及び栽培システムに関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
栽培容器の底部を露出状態で保持可能である保持部を有する断熱パネルと、
前記断熱パネルの底面から前記保持部の前記栽培容器の側面と当接する当接面に至って形成される熱伝導部と
を有することを特徴とする栽培容器保持トレイ。

【請求項2】
 
前記熱伝導部は、前記断熱パネルの底面から前記保持部の当接面に至る全域にて前記断熱パネルの表面に沿って形成されていることを特徴とする請求項1記載の栽培容器保持トレイ。

【請求項3】
 
前記保持部は、前記断熱パネルの上面から前記底面に貫通すると共に、前記断熱パネルの上面から前記底面に向けて縮径することにより前記当接面がテーパ面とされた貫通孔であることを特徴とする請求項1または2記載の栽培容器保持トレイ。

【請求項4】
 
前記断熱パネルは、前記保持部を複数有することを特徴とする請求項1~3いずれか一項に記載の栽培容器保持トレイ。

【請求項5】
 
請求項1~4いずれか一項に記載の栽培容器保持トレイと、
前記栽培容器保持トレイの下方に配置されると共に温度調整可能な温調床部と
を有することを特徴とする栽培システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016111867thum.jpg
State of application right Published
(In Japanese)日本大学産官学連携知財センター(通称NUBIC,ニュービック)は,技術移転機関と知的財産本部の機能を兼ね備えた日本大学の産学連携の窓口です。
NUBICは,日本大学全教職員や大学院生・学部学生の豊富なアイデアや研究成果を,知的財産として戦略的に創出・保護・管理し,産業界のニーズとのマッチングを図り,企業の研究開発,新製品開発,新規事業の立上げが円滑に行われるようサポートいたします。
お気軽にご相談ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close