Top > Search of Japanese Patents > HIGH CHROMIUM STEEL AND MANUFACTURING METHOD THEREFOR

HIGH CHROMIUM STEEL AND MANUFACTURING METHOD THEREFOR commons meetings

Patent code P160013364
File No. KIT15043
Posted date Oct 13, 2016
Application number P2016-045919
Publication number P2017-160486A
Date of filing Mar 9, 2016
Date of publication of application Sep 14, 2017
Inventor
  • (In Japanese)恵良 秀則
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州工業大学
Title HIGH CHROMIUM STEEL AND MANUFACTURING METHOD THEREFOR commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a high chromium steel excellent in corrosion resistance with securing processability and a manufacturing method therefor.
SOLUTION: The high chromium steel contains Cr of 25 to 99 mass%, O of 0.0001 to 1 mass%, inevitable impurities excluding O of 0.05 mass% or less and the balance Fe. The manufacturing method thereof has a process accommodating powders 11 containing Cr of 25 to 99 mass% with suppression of percentage content of O of 1 mass% or less and percentage content of inevitable impurities excluding O of 0.05 mass% or less and the balance Fe in a container 10, a process for dissolving the powders 11 with remaining a part contacting the container 10 and a process for solidifying a dissolved part of the powders 11 to obtain high chromium steel.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

様々な製品や設備で用いられるステンレス鋼は、クロムの含有量を増加させることにより、耐食性が向上する反面、もろくなって加工性が低下することが知られている。そのため、ステンレス鋼におけるクロムの含有率は、従来、23質量%以下とされており、その具体例が、例えば特許文献1、2に記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、クロム及び鉄を含有する高クロム鋼及びその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
Crを25~99質量%、Oを0.0001~1質量%、Oを除く不可避的不純物を0.05質量%以下含有し、残部がFeであることを特徴とする高クロム鋼。

【請求項2】
 
請求項1記載の高クロム鋼において、Crの含有率が35質量%以上であることを特徴とする高クロム鋼。

【請求項3】
 
Crを25~99質量%含み、Oの含有率を1質量%以下、Oを除く不可避的不純物の含有率を0.05質量%以下にそれぞれ抑え、残部がFeである粉体群を容器に収容する工程と、
前記粉体群を、前記容器に接触している部分を残して溶解する工程と、
前記粉体群の溶解した部分を固化して高クロム鋼を得る工程とを有することを特徴とする高クロム鋼の製造方法。

【請求項4】
 
請求項3記載の高クロム鋼の製造方法において、前記粉体群は、Cr粉体及びFe粉体を混合してなることを特徴とする高クロム鋼の製造方法。

【請求項5】
 
Crを25~99質量%含み、Oの含有率を1質量%以下、Oを除く不可避的不純物の含有率を0.05質量%以下にそれぞれ抑え、残部がFeである固体の原材料を、内側に酸化鉄の層又は酸化クロムの層もしくはFe、Cr及びOからなる酸化物の層が設けられた炉内に収容する工程と、
前記炉内で前記原材料を溶解する工程と、
溶解した前記原材料を固化して高クロム鋼を得る工程とを有する高クロム鋼の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016045919thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close