Top > Search of Japanese Patents > HARDWARE PLATFORM AND OPERATION METHOD OF HARDWARE USING HARDWARE PLATFORM

HARDWARE PLATFORM AND OPERATION METHOD OF HARDWARE USING HARDWARE PLATFORM meetings

Patent code P160013367
File No. KIT15048
Posted date Oct 13, 2016
Application number P2016-037660
Publication number P2017-156862A
Patent number P6611635
Date of filing Feb 29, 2016
Date of publication of application Sep 7, 2017
Date of registration Nov 8, 2019
Inventor
  • (In Japanese)田向 権
  • (In Japanese)石田 裕太郎
  • (In Japanese)森江 隆
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州工業大学
Title HARDWARE PLATFORM AND OPERATION METHOD OF HARDWARE USING HARDWARE PLATFORM meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a hardware platform which is easy in an operation of hardware, and an operation method of the hardware using the hardware platform.
SOLUTION: A hardware platform 10 which is connected to a plurality of pieces of hardware, and to which middleware constructing an operation environment of application software for operating each hardware has: a software unit 22 in which the operation environment is constructed by the middleware, and which comprises processing means 24 for implementing the application software; and a hardware unit 23 which is connected to the software unit 22, also connected to a plurality of pieces of the hardware being operation objects of specified application software in the application software, and in which a calculation circuit for performing hardware processing by the specified application software when the specified application software is implemented by the software unit 22 is formed.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、家庭や病院等で人間をサポートするホームロボット(サービスロボット)への関心が高まっている。ホームロボットの実現には、様々なハードウェアやソフトウェアの統合が必要である。しかし、その全てを独自開発することは事実上不可能である。そこで、例えば、ロボットオペレーティングシステム(ROSともいう)等のロボット向けミドルウェアを用いて、多様なオープンソースの活用を可能にして、開発の効率化を図っている。
また、ホームロボットは、人間との間で円滑なコミュニケーションを行う必要があり、例えば、非特許文献1、2に示すような画像認識や音声認識等の知的処理が求められている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、複数のハードウェアと接続し、複数のハードウェアを操作する複数のアプリケーションソフトウェアの動作環境を構築するミドルウェアが実装されたハードウェアプラットフォーム及びハードウェアプラットフォームを用いたハードウェアの操作方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
複数のハードウェアと接続し、前記複数のハードウェアを操作する複数のアプリケーションソフトウェアの動作環境を構築するミドルウェアが実装されたハードウェアプラットフォームにおいて、
前記ミドルウェアにより前記動作環境が構築され、複数の前記アプリケーションソフトウェアが実行される処理手段を備えたソフトウェアユニットと、
前記ソフトウェアユニットと接続すると共に、前記アプリケーションソフトウェアの中で予め決められた複数の特定アプリケーションソフトウェアの操作対象となる複数の前記ハードウェアと接続し、前記ソフトウェアユニットで前記特定アプリケーションソフトウェアが実行される際に、該特定アプリケーションソフトウェアによるハードウェア処理を行う専用の演算回路が形成されるハードウェアユニットとを有することを特徴とするハードウェアプラットフォーム。

【請求項2】
 
請求項1記載のハードウェアプラットフォームにおいて、前記ハードウェアユニットは、前記処理手段と接続し、前記特定アプリケーションソフトウェアを実行する第2の処理手段と、該第2の処理手段と接続し前記ハードウェア処理を行う前記演算回路が形成される実行手段とを有することを特徴とするハードウェアプラットフォーム。

【請求項3】
 
請求項1又は2記載のハードウェアプラットフォームにおいて、前記ミドルウェアはロボット向けミドルウェアであることを特徴とするハードウェアプラットフォーム。

【請求項4】
 
複数のハードウェアと接続し、前記複数のハードウェアを操作する複数のアプリケーションソフトウェアの動作環境を構築するミドルウェアが実装されたハードウェアプラットフォームを用いたハードウェアの操作方法において、
前記ハードウェアプラットフォームに、前記ミドルウェアにより前記動作環境を構築して、複数の前記アプリケーションソフトウェアを実行する処理手段を備えたソフトウェアユニットと、
前記ソフトウェアユニットと接続すると共に、前記アプリケーションソフトウェアの中で予め決められた複数の特定アプリケーションソフトウェアの操作対象となる複数の前記ハードウェアと接続し、前記ソフトウェアユニットで前記特定アプリケーションソフトウェアが実行された際に、該特定アプリケーションソフトウェアによるハードウェア処理を行う専用の演算回路を形成するハードウェアユニットとを設けることを特徴とするハードウェアプラットフォームを用いたハードウェアの操作方法。

【請求項5】
 
請求項4記載のハードウェアプラットフォームを用いたハードウェアの操作方法において、前記ハードウェアユニットに、前記処理手段と接続して前記ハードウェア処理を実行する第2の処理手段と、該第2の処理手段と接続し前記ハードウェア処理を行う前記演算回路が形成される実行手段とを設けることを特徴とするハードウェアプラットフォームを用いたハードウェアの操作方法。

【請求項6】
 
請求項4又は5記載のハードウェアプラットフォームを用いたハードウェアの操作方法において、前記特定アプリケーションソフトウェアには、前記演算回路を形成する情報を予め設けておくことを特徴とするハードウェアプラットフォームを用いたハードウェアの操作方法。

【請求項7】
 
請求項4~6のいずれか1項に記載のハードウェアプラットフォームを用いたハードウェアの操作方法において、前記ミドルウェアにはロボット向けミドルウェアを使用することを特徴とするハードウェアプラットフォームを用いたハードウェアの操作方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016037660thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close