Top > Search of Japanese Patents > PROTEIN SHEET AND MANUFACTURING METHOD OF PROTEIN SHEET

PROTEIN SHEET AND MANUFACTURING METHOD OF PROTEIN SHEET

Patent code P160013392
File No. (S2015-0327-N0)
Posted date Oct 25, 2016
Application number P2016-036390
Publication number P2016-166339A
Date of filing Feb 26, 2016
Date of publication of application Sep 15, 2016
Priority data
  • P2015-042869 (Mar 4, 2015) JP
Inventor
  • (In Japanese)太田 尚子
  • (In Japanese)荻野 健次
  • (In Japanese)▲高▼橋 美帆
Applicant
  • (In Japanese)学校法人日本大学
Title PROTEIN SHEET AND MANUFACTURING METHOD OF PROTEIN SHEET
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a protein sheet excellent in flexure strength and extensibility and a manufacturing method of the protein sheet.
SOLUTION: There is provided a protein sheet containing thermal coagulable protein and casein or a salt of casein and having moisture content of 30 mass% or less. The protein sheet can be manufactured by a manufacturing method of the protein sheet having a process of expanding a sample liquid containing the thermal coagulable protein, casein or the salt of casein and a solvent in sheet like and a process of making sheet by removing the solvent.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

タンパク質シートは、タンパク質を原料とするシートであり、従来、食品や薬剤を包む包装シートとして広く使用されてきた。また一般に、タンパク質シートは生分解性であることから、環境負荷の小さい素材としても着目されている。
非特許文献1に示されるように、これまでに、ゼラチン、トウモロコシタンパク質、小麦タンパク質(グルテン)、大豆タンパク質などのタンパク質のフィルム(シート)が開発されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、タンパク質シート及びタンパク質シートの製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
熱凝固性タンパク質、及びカゼイン若しくはカゼインの塩を含有し、水分含有量が30質量%以下であることを特徴とするタンパク質シート。

【請求項2】
 
前記熱凝固性タンパク質と、前記カゼイン若しくはカゼインの塩との質量比(熱凝固性タンパク質/カゼイン若しくはカゼインの塩)が0.1~10の範囲である請求項1に記載のタンパク質シート。

【請求項3】
 
更に多価アルコールを含有する請求項1又は2に記載のタンパク質シート。

【請求項4】
 
前記多価アルコールの含有率が30質量%以下である請求項3に記載のタンパク質シート。

【請求項5】
 
前記多価アルコールが、グリセリン、ポリグリセリン、エチレングリコール、ジエチレングリコール、プロピレングリコール、1,4-ブタンジオール及びソルビトールからなる群から選ばれる少なくとも一種である請求項3又は4に記載のタンパク質シート。

【請求項6】
 
前記熱凝固性タンパク質の含有率が10質量%以上である請求項1~5のいずれか一項に記載のタンパク質シート。

【請求項7】
 
前記熱凝固性タンパク質のアルブミン又はグロブリンの含有率が30質量%以上である請求項1~6のいずれか一項に記載のタンパク質シート。

【請求項8】
 
前記熱凝固性タンパク質が、卵白タンパク質、大豆タンパク質、及び乳清タンパク質からなる群から選ばれる少なくとも一種である請求項1~7のいずれか一項に記載のタンパク質シート。

【請求項9】
 
前記カゼイン若しくはカゼインの塩が、α-カゼインのナトリウム塩である請求項1~8のいずれか一項に記載のタンパク質シート。

【請求項10】
 
厚みが1~3000μmの範囲である請求項1~9のいずれか一項に記載のタンパク質シート。

【請求項11】
 
熱凝固性タンパク質、カゼイン若しくはカゼインの塩、及び溶媒を含有する試料液をシート状に広げる工程と、前記溶媒を取り除くことによりシート化させる工程と、を有することを特徴とする請求項1~10のいずれか一項に記載のタンパク質シートの製造方法。

【請求項12】
 
前記試料液が、更に多価アルコールを含有する請求項11に記載のタンパク質シートの製造方法。

【請求項13】
 
前記試料液をシート状に広げる工程が、前記試料液をシート状にゲル化させる工程を含む請求項11又は12に記載のタンパク質シートの製造方法。

【請求項14】
 
前記ゲル化させる工程が、前記試料液を加熱処理する工程を含むものである、請求項11~13のいずれか一項に記載のタンパク質シートの製造方法。

【請求項15】
 
前記溶媒が、アルコール含有割合30体積%~60体積%のアルコール水溶液である、請求項11~14のいずれか一項に記載のタンパク質シートの製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published
(In Japanese)日本大学産官学連携知財センター(通称NUBIC,ニュービック)は,技術移転機関と知的財産本部の機能を兼ね備えた日本大学の産学連携の窓口です。
NUBICは,日本大学全教職員や大学院生・学部学生の豊富なアイデアや研究成果を,知的財産として戦略的に創出・保護・管理し,産業界のニーズとのマッチングを図り,企業の研究開発,新製品開発,新規事業の立上げが円滑に行われるようサポートいたします。
お気軽にご相談ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close