Top > Search of Japanese Patents > DEEP VEIN THROMBOSIS PREVENTING TOOL

DEEP VEIN THROMBOSIS PREVENTING TOOL

Patent code P160013404
File No. S2015-0692-N0
Posted date Oct 25, 2016
Application number P2015-046252
Publication number P2016-165365A
Patent number P6296616
Date of filing Mar 9, 2015
Date of publication of application Sep 15, 2016
Date of registration Mar 2, 2018
Inventor
  • (In Japanese)高平 尚伸
Applicant
  • (In Japanese)学校法人北里研究所
Title DEEP VEIN THROMBOSIS PREVENTING TOOL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a deep vein thrombosis preventing tool enabling a user himself to perform easily movement for preventing deep vein thrombosis in a medical facility or own house or on a seat of an aircraft or the like, without depending on a doctor or a nurse.
SOLUTION: A deep vein thrombosis preventing tool 1A includes a sole fixation part 2 fixed to a sole, an installation part 3 having a belt-like body 3a fixed to a thigh L so as to be wound around the thigh L, and an elastic part 4 comprising an elastic material for imparting energizing force against rotation, when an ankle joint is rotated, by connecting the sole fixation part 2 to the installation part 3.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

骨折等により下肢の不動肢位を有する患者は、長時間にわたって同一体位を取ることにより、下肢の筋肉が不動の状態となる。下肢の筋肉が不動の状態が続くと、筋ポンプ作用(筋肉の収縮により深部静脈を圧迫して血液を中枢側へ移動させ、筋肉の弛緩により末梢側の血液を吸い上げる作用)が低下する。この結果、下腿における静脈血流が停滞(うっ滞)して、深部静脈血栓症を発症する可能性がある。また、航空機の座席や、被災地の避難所及び仮設住宅等の限られたスペースにおいて、長時間にわたって同一体位を取ることによっても、同様に深部静脈血栓症を発症する可能性がある。
深部静脈血栓症を予防する方法としては、例えば、下肢に巻いた装着具に機器から間欠的に空気を送入して、下肢のマッサージを行うことにより、下肢の静脈血流のうっ滞を減少させる間欠的空気圧迫法が行われている。また、特許文献1では、航空機の座席等において、下肢の血行障害を防止するための体圧分散マットが開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、深部静脈血栓症の予防を行う器具に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
足底に固定される足底固定部と、
腓腹部を覆うように下腿に巻かれ該下腿に固定される帯状体を有する装着部と、
前記足底固定部の足背側に配置される面と、前記装着部の前記下腿の前部を向く面とを接続して、足関節を回動させて爪先を前記下腿より離間するように移動させる際に、前記帯状体を引っ張りつつ伸長することで、前記移動に抗して付勢力を与える弾性材料からなる弾性部と、
を備える深部静脈血栓予防具。

【請求項2】
 
前記足底固定部は、内部が中空状とされた弾性材料からなるバルーンを有し、
前記帯状体は、内部が中空状とされており、
前記弾性部は、前記バルーンの内部と前記帯状体の内部とを連通させる中空状をなす管状体を有する、
請求項1に記載の深部静脈血栓予防具。

【請求項3】
 
前記足底固定部は、
床面に載置可能な基部と、
前記床面に沿って延びる軸線回りに前記基部に対して回動可能とされる板状をなし、上面に前記足底が配置されるとともに前記基部との間で前記バルーンを挟み込む回動板と、
をさらに有する、
請求項2に記載の深部静脈血栓予防具。

【請求項4】
 
前記回動板の前記基部に対する回動回数を記録するカウンタをさらに有する、
請求項3に記載の深部静脈血栓予防具。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015046252thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close