TOP > 国内特許検索 > 運転時の心理状態解析方法

運転時の心理状態解析方法 UPDATE コモンズ

国内特許コード P160013411
整理番号 NU-662
掲載日 2016年10月27日
出願番号 特願2016-124111
公開番号 特開2017-225647
出願日 平成28年6月23日(2016.6.23)
公開日 平成29年12月28日(2017.12.28)
発明者
  • 金森 亮
  • 山本 俊行
  • 森川 高行
  • 安藤 章
出願人
  • 国立大学法人名古屋大学
発明の名称 運転時の心理状態解析方法 UPDATE コモンズ
発明の概要 【課題】 車両の運転時の心理状態を解析する。
【解決手段】 車両の運転時の生体反応、および運転者の心理状態に影響を与える外部刺激を逐次取得する。また、運転者による運転中の心理状態についての申告も併せて取得する。外部刺激としては、道路構造に関するもの、他車両や歩行者の動きに関するものなどが挙げられ、これらの外部刺激を時刻と対応づけて整理する。また、運転者の申告を解析し、不快または不安という心理的要素に割り当てて整理する。こうして得られたデータに基づいて、外部刺激と心理的要素、および生体反応と心理的要素のそれぞれについて相関を解析した上で、心理的要素を潜在変数として、外部刺激と生体反応との相関を構造解析する。こうすることによって、運転中に運転者に与えられる不快、不安などの運転ストレスと、その要因としての外部刺激との関係を科学的に把握することが可能となる。
【選択図】 図1
従来技術、競合技術の概要


自動車などの車両を運転する際の運転者のストレスの軽減を図るための技術が、種々検討されている。
例えば、特許文献1は、前方の車両に追従して走行するための制御装置において、運転者の生体情報に基づいて緊張度合を推定し、緊張しているときは加速度を抑える技術を開示している。特許文献2は、種々の運転者の生体情報が基準値を超えた地点をコストに反映させることによって、運転者の苦手な環境を回避した経路探索を実現する技術を開示している。特許文献3は、プローブ端末から生体情報を取得し、これらの生体情報に悪影響を与える可能性が低い経路を選択する技術を開示している。

産業上の利用分野


本発明は、車両の運転時の心理状態を解析する心理状態解析方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
車両の運転時の心理状態を解析する心理状態解析方法であって、
(a) 前記車両の運転者の前記運転中の生体反応を記録する生体反応記録工程と、
(b) 前記運転中における心理状態についての該運転者の申告を、前記心理状態を表す所定の心理的要素に基づいて分類することにより、前記心理状態を取得する心理状態取得工程と、
(c) 前記申告または前記運転中の周囲の状況に基づいて、前記申告に対応して前記運転中に前記運転者に与えられた外部刺激を特定する外部刺激抽出工程と、
(d) 前記心理的要素に従って、前記生体反応と心理的要素との相関、および前記外部刺激と心理的要素との相関の一方または双方を解析するデータ解析工程と、
を備える心理状態解析方法。

【請求項2】
請求項1記載の心理状態解析方法であって、
前記工程(d)は、前記生体反応と心理的要素との相関、および前記外部刺激と心理的要素との相関に基づいて、前記外部刺激と生体反応との相関を解析する心理状態解析方法。

【請求項3】
請求項1または2記載の心理状態解析方法であって、
前記心理状態は、該運転者の意図が阻害されていることを表す心理的要素、および該運転者が危険に備える意識を表す心理的要素の少なくとも一方に基づいて表される心理状態解析方法。

【請求項4】
請求項1~3いずれか記載の心理状態解析方法であって、
前記生体反応は、心拍数、呼吸および発汗に関連する情報の少なくとも一部である心理状態解析方法。

【請求項5】
請求項1~4いずれか記載の心理状態解析方法であって、
前記工程(d)は、前記生体反応および心理状態が取得されたときの車両の運転挙動の相違を考慮することなく前記解析を行う心理状態解析方法。

【請求項6】
請求項1~5いずれか記載の心理状態解析方法であって、
前記工程(b)は、前記運転者の申告を、該運転者の自由な表現により取得する工程である心理状態解析方法。

【請求項7】
車両の運転時の心理状態を解析する心理状態解析システムであって、
前記車両の運転者の前記運転中の生体反応を記録する生体反応記録部と、
前記運転中における心理状態についての該運転者の申告を、前記心理状態を表す所定の心理的要素に基づいて分類することにより、前記心理状態を取得する心理状態取得部と、
前記申告または前記運転中の周囲の状況に基づいて、前記申告に対応して前記運転中に前記運転者に与えられた外部刺激を特定する外部刺激抽出部と、
前記心理的要素に従って、前記生体反応と心理的要素との相関、および前記外部刺激と心理的要素との相関の一方または双方を解析するデータ解析部と、
を備える心理状態解析システム。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2016124111thum.jpg
名古屋大学の公開特許情報を掲載しています。ご関心のある案件がございましたら、下記まで電子メールでご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close