Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)合金およびその製造方法

(In Japanese)合金およびその製造方法 meetings

Patent code P160013455
File No. (S2012-1048-N0)
Posted date Nov 4, 2016
Application number P2014-557315
Patent number P5876943
Date of filing Aug 30, 2013
Date of registration Jan 29, 2016
International application number JP2013073399
International publication number WO2014112151
Date of international filing Aug 30, 2013
Date of international publication Jul 24, 2014
Priority data
  • P2013-005292 (Jan 16, 2013) JP
Inventor
  • (In Japanese)吉見 享祐
  • (In Japanese)丸山 公一
  • (In Japanese)後藤 孝
  • (In Japanese)宮本 慎平
  • (In Japanese)金子 昂弘
  • (In Japanese)森山 貴裕
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人東北大学
Title (In Japanese)合金およびその製造方法 meetings
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

高圧タービン等に用いられる合金は、軽量かつ高強度であり耐熱性に優れることが求められる。このような合金としてモリブデン(Mo)を含むモリブデン合金がある。例えば、Mo、Si(シリコン)およびB(ホウ素)を含む合金(例えば特許文献1および2)やハフニウム(Hf)を含むMHC合金が知られている。

MoとMo5SiB2との共晶反応温度は、2060℃から2100℃程度であることが知られている(非特許文献1および2)。一方、MoとTiC(炭化チタン)とは共晶反応することが知られている。MoとTiCとの共晶温度は約2175℃であることが知られている(非特許文献3)。また、MoとZrC(炭化ジルコニウム)とは共晶反応することが知られている。MoとZrCとの共晶温度は約2500℃であることが知られている(非特許文献3)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は合金およびその製造方法に関し、例えばMo、SiおよびBを含む合金およびその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
Moと、Siと、Bと、Ti、Cからなり、
Moの組成比は60原子%以上かつ75原子%以下であり、Siの組成比は1.7原子%以上かつ6.7原子%以下であり、Bの組成比は3.3原子%以上かつ13.3原子%以下であり、Tiの組成比は5.0原子%以上かつ15.0原子%以下であり、Cの組成比は、5.0原子%以上かつ10.0原子%以下であり、鋳造されたことを特徴とする合金。

【請求項2】
 
Tiの組成比は10原子%以上であることを特徴とする請求項1記載の合金。

【請求項3】
 
Mo固溶体相、Mo2C、Mo5SiB2およびTiCの共相であることを特徴とする請求項1記載の合金。

【請求項4】
 
Moと、Siと、Bと、Ti、Cからなり、Moの組成比は60原子%以上かつ75原子%以下であり、Siの組成比は1.7原子%以上かつ6.7原子%以下であり、Bの組成比は3.3原子%以上かつ13.3原子%以下であり、Tiの組成比は5.0原子%以上かつ15.0原子%以下であり、Cの組成比は、5.0原子%以上かつ10.0原子%以下である合金を鋳造法を用い製造することを特徴とする合金の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
State of application right Registered
Please contact us by facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close