Top > Search of Japanese Patents > MAGNETIC POWDER-COATED CONDUCTOR, MAGNETIC POWDER-COATED COIL AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

MAGNETIC POWDER-COATED CONDUCTOR, MAGNETIC POWDER-COATED COIL AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME commons

Patent code P160013470
File No. N16018
Posted date Nov 4, 2016
Application number P2016-145172
Publication number P2018-018585A
Date of filing Jul 25, 2016
Date of publication of application Feb 1, 2018
Inventor
  • (In Japanese)水野 勉
  • (In Japanese)卜 穎剛
  • (In Japanese)山本 達也
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title MAGNETIC POWDER-COATED CONDUCTOR, MAGNETIC POWDER-COATED COIL AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a magnetic powder-coated conductor that effectively reduces the AC resistance of a conductor and can be produced easily, and a magnetic powder-coated coil and a method of producing the same.
SOLUTION: A magnetic powder-coated conductor has: an adhesive layer 12 on the external surface of a conductor 10; a magnetic powder layer 14 composed of magnetic powder 14a on the adhesive layer 12 so as to shield the external surface of the conductor 10; and an insulating layer 16 on the external surface of the magnetic powder layer 14. A plurality of the magnetic powder layers 14 may be stacked.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

導線及びコイルの近接効果に起因する交流抵抗を低減する方法として、導線の外表面に磁性めっきを施す方法(特許文献1)や、磁性粉と樹脂とを混合させた複合材を導線の外表面に塗布する方法が提案されている(特許文献2~4)。導線の外表面を磁性材により被覆することにより、隣接する導線を流れる電流によって生じる磁界が透磁率の高い磁性層を通過して導体内に磁界が侵入することを抑制し、導体内に発生する渦電流を低減させ、交流抵抗値が低下する。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は磁性粉被覆導線、磁性粉被覆コイル及びその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
導線の外表面に接着剤層が設けられ、
該接着剤層に前記導線の外表面を遮蔽する磁性粉層が設けられ、
該磁性粉層の外表面に絶縁層が設けられていることを特徴とする磁性粉被覆導線。

【請求項2】
 
前記磁性粉層が、複数層に積層されて設けられていることを特徴とする請求項1記載の磁性粉被覆導線。

【請求項3】
 
前記磁性粉層が、鉄粉、Si-Fe紛、アモルファス粉、フェライト粉(Mn-Zn、Ni-Zn)、ファインメット(登録商標)粉、センダスト紛のいずれかからなることを特徴とする請求項1または2記載の磁性粉被覆導線。

【請求項4】
 
磁性粉被覆導線からなる磁性粉被覆コイルであって、
前記磁性粉被覆導線は、
導線の外表面に接着剤層が設けられ、該接着剤層に前記導線の外表面を遮蔽する磁性粉層が設けられ、該磁性粉層の外表面に絶縁層が設けられていることを特徴とする磁性粉被覆コイル。

【請求項5】
 
前記磁性粉層が、複数層に積層されて設けられていることを特徴とする請求項4記載の磁性粉被覆コイル。

【請求項6】
 
母材を伸展させて所定径に加工する伸線工程と、伸線工程後の銅線を焼鈍する焼鈍工程と、焼鈍工程後の銅線に絶縁被膜を形成する焼付工程とを備える導線の製造方法であって、
前記焼鈍工程後に、接着剤塗布工程により銅線の外表面に接着剤を塗布する接着剤塗布工程と、
前記接着剤が塗布された導線に磁性粉を接着させて磁性粉層を形成する磁性粉塗布工程と、
前記磁性粉層の外表面に絶縁被膜を形成する絶縁工程を備えることを特徴とする磁性粉被覆導線の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016145172thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close