Top > Search of Japanese Patents > POLYMER LIGAND AND LIQUID CRYSTALLINE POLYMER COMPLEX

POLYMER LIGAND AND LIQUID CRYSTALLINE POLYMER COMPLEX

Patent code P160013497
File No. S2015-0805-N0
Posted date Nov 10, 2016
Application number P2015-049556
Publication number P2016-169292A
Date of filing Mar 12, 2015
Date of publication of application Sep 23, 2016
Inventor
  • (In Japanese)氏家 誠司
  • (In Japanese)那谷 雅則
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人大分大学
Title POLYMER LIGAND AND LIQUID CRYSTALLINE POLYMER COMPLEX
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a polymer ligand that can form a complex with a transition metal element and can exhibit liquid crystalline properties in a complex form and excellent fluidity when a complex is formed.
SOLUTION: The polymer ligand comprises a copolyurethane synthesized by copolymerizing three compounds, which are a diol having a mesogenic group or a phenylene group, a diol having an amino group, and a diisocyanate that forms a urethane bond with the above diols. The diol having an amino group is represented by general formula [I]; the diol having a mesogenic group or a phenylene group is represented by general formula [II]; and the diisocyanate is represented by general formula [III].
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

各種容器やフィルム、化学繊維製品や家電製品の筐体に至るまで、我々の生活において樹脂は欠かせない存在となっている。

これら種々の加工製品に用いられる樹脂は、その用途等に応じた特性を備える必要があるため、今日に至るまで様々な種類のものが提案されている。

中でも液晶性を示す高分子材料は、優れた機械的強度や耐熱性、耐薬品性など今までにない機能性を発揮できる樹脂の原料として注目されており、盛んに研究が行われている。

本発明者らは過去に、遷移金属原子と錯形成した液晶性を示す高分子であり、特定方向において極めて高い強度を示したり、遷移金属原子の種類に応じた色を呈したり、また、光に対して運動性を示すという極めてユニークな液晶性高分子金属錯体を提供している(例えば、特許文献1参照。)。

この液晶性高分子金属錯体によれば、樹脂成形加工分野や、色素材料等を取り扱う工業分野、樹脂シート、イオン伝導チャンネルをもつフィルム等の製造分野など、実に様々な分野における利用が将来的に有望視できる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、高分子配位子及び液晶性を有する高分子錯体に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
メソゲン基あるいはフェニレン基を有するジオールと、
アミノ基を有するジオールと、
前記ジオールとの間でウレタン結合を形成するジイソシアナートと、の三種を共重合させることにより合成したコポリウレタンよりなる高分子配位子。

【請求項2】
 
前記アミノ基を有するジオールは、下記一般式[I]:
【化1】
 
(省略)
(ただし、pは2~6の整数を意味し、qは2~6の整数を意味し、R1は炭素数1~6のアルキル基又はフェニル基を意味する。)
で表されることを特徴とする請求項1に記載の高分子配位子。

【請求項3】
 
前記メソゲン基あるいはフェニレン基を有するジオールは、下記一般式[II]:
【化2】
 
(省略)
(ただし、式中R2は、
【化3】
 
(省略)
のいずれかの基を意味する。sは2~12の整数を意味し、tは2~12の整数を意味する。)
で表されることを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の高分子配位子。

【請求項4】
 
前記ジイソシアナートは、下記一般式[III]:
【化4】
 
(省略)
(ただし、式中R3は、
【化5】
 
(省略)
のいずれかの基を意味する。xは2~8の整数を意味する。)
で表されることを特徴とする請求項1~3いずれか1項に記載の高分子配位子。

【請求項5】
 
下記一般式[IV]:
【化6】
 
(省略)
(ただし、式中R1は炭素数1~6のアルキル基又はフェニル基を意味し、R2は、
【化7】
 
(省略)
のいずれかの基を意味し、R3は、
【化8】
 
(省略)
のいずれかの基を意味する。nは0を超え0.7以下の値を意味し、pは2~6の整数を意味し、qは2~6の整数を意味し、sは2~12の整数を意味し、tは2~12の整数を意味し、xは2~8の整数を意味する。)
で表されることを特徴とする高分子配位子。

【請求項6】
 
請求項1~5いずれか1項に記載の高分子配位子と、遷移金属イオンとを有し、
前記高分子配位子が有するアミノ基及びウレタン結合を前記遷移金属イオンに配位させて構成した液晶性高分子金属錯体。

【請求項7】
 
メソゲン基あるいはフェニレン基を有するジオールと、
アミノ基を有するジオールと、
前記ジオールとの間でウレタン結合を形成するジイソシアナートと、の三種を共重合させることにより合成するコポリウレタンよりなる高分子配位子の製造方法。

【請求項8】
 
前記アミノ基を有するジオールの共重合組成割合nを0<n≦0.7とし、
前記メソゲン基あるいはフェニレン基を有するジオールの共重合組成割合1-nとして合成することを特徴とする請求項7に記載の高分子配位子の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015049556thum.jpg
State of application right Published
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close