Top > Search of Japanese Patents > METHOD OF MAKING TRANSGENIC ORGANISM HOLDING THE FUNCTION OF SNAKE VENOM RHODOCYTIN

METHOD OF MAKING TRANSGENIC ORGANISM HOLDING THE FUNCTION OF SNAKE VENOM RHODOCYTIN

Patent code P160013500
File No. S2015-0841-N0
Posted date Nov 10, 2016
Application number P2015-053625
Publication number P2016-171776A
Patent number P6501111
Date of filing Mar 17, 2015
Date of publication of application Sep 29, 2016
Date of registration Mar 29, 2019
Inventor
  • (In Japanese)佐々木 知幸
  • (In Japanese)井上 克枝
  • (In Japanese)尾崎 由基男
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山梨大学
Title METHOD OF MAKING TRANSGENIC ORGANISM HOLDING THE FUNCTION OF SNAKE VENOM RHODOCYTIN
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a transgenic cell that produces rhodocytin having platelet activation potency, a method for making the same, and a method for producing rhodocytin having platelet activation potency.
SOLUTION: According to the invention, a transgenic cell that produces rhodocytin having platelet activation potency is provided, where the transgenic cell is a transgenic cell in which rhodocytin α sub unit gene and rhodocytin β sub unit gene are introduced.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ロドサイチン(Rhodocytin)[別名アグレチン(Aggretin)]は、マレーマムシ(Calloselasma rhodostoma)の毒腺から単離された、血小板凝集惹起タンパク質である(非特許文献1)。ロドサイチンは、血小板を凝集し血液を凝固する作用があるため、血小板活性化メカニズムを解明するために多くの研究に用いられている。

血小板は小さな円板状の血球であり、止血作用および創傷の治癒に欠かせないものである。血小板凝集や血液凝固は、コラーゲンなどが血小板表面のレセプターと結合することでシグナル伝達経路が刺激され起こる。
ロドサイチンは、血小板表面のレセプターの一つであるCLEC-2(C-type lectin-like receptor 2)の発見に大きく寄与している(非特許文献2)。
なお、血小板凝集に関連する疾病の治療に役立つ薬剤を開発するためには、血小板表面のレセプターとそのシグナル伝達経路の反応を阻止するのに有効な薬剤の同定を可能とする方法が求められている。そのため、血小板表面のレセプターを同定する必要がある。従って、血小板表面のレセプターと結合するリガンド(ロドサイチン等)の研究は、上記の血小板凝集に関連する疾病の治療に役立つ薬剤を開発するためには必須である。

ロドサイチンは、マレーマムシより単離されたロドサイチンの結晶構造解析によって、ロドサイチンαサブユニットとロドサイチンβサブユニットから構成されるヘテロ四量体の分泌タンパク質である(非特許文献3)。

なお、ロドサイチンαサブユニットとロドサイチンβサブユニットは、独立した遺伝子にコードされており、それぞれ、クローニングされたことが報告されている(非特許文献4)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、血小板活性化能を有するロドサイチンを生産する組換え細胞、その作製方法、および血小板活性化能を有するロドサイチンの製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
血小板活性化能を有するロドサイチンを生産する組換え細胞であって、
前記組換え細胞は、ロドサイチンαサブユニット遺伝子とロドサイチンβサブユニット遺伝子とが導入された組換え細胞であり、
前記組換え細胞は、
第一の組換え体ベクターと、
第二の組換え体ベクターと、を有し、
前記第一の組換え体ベクターは、前記ロドサイチンαサブユニット遺伝子を有し、
前記第二の組換え体ベクターは、前記ロドサイチンβサブユニット遺伝子を有し、
前記ロドサイチンαサブユニット遺伝子が、配列番号12に示される塩基配列と
1) 95%以上の配列同一性を有する塩基配列である、または、
2) 1または数塩基が欠失、置換、付加されている塩基配列である、または、
3) 相補的な配列とストリンジェントな条件下でハイブリダイズすることができる塩基配列である、
組換え細胞

【請求項2】
 
前記ロドサイチンβサブユニット遺伝子は、細胞外分泌が可能なシグナル配列を有する、
請求項1に記載の組換え細胞。

【請求項3】
 
前記ロドサイチンβサブユニット遺伝子が、配列番号16に示される塩基配列と
1) 95%以上の配列同一性を有する塩基配列である、または、
2) 1または数塩基が欠失、置換、付加されている塩基配列である、または、
3) 相補的な配列とストリンジェントな条件下でハイブリダイズすることができる塩基配列である
請求項1または2に記載の組換え細胞。

【請求項4】
 
請求項1~5のいずれか一つに記載の組換え細胞を培養する工程と、
血小板活性化能を有するロドサイチンを採取する工程と
を含む、ロドサイチンの製造方法。

【請求項5】
 
配列番号12に示される塩基配列からなるロドサイチンαサブユニット遺伝子を有する組換え体ベクター。

【請求項6】
 
血小板活性化能を有するロドサイチンを生産する組換え細胞の製造方法であって、
下記の(1)~(2)の組換え体ベクターを宿主細胞に導入し形質転換する工程を含む組換え細胞の製造方法
(1)ロドサイチンαサブユニット遺伝子を有する第一の組換え体ベクター
(2)ロドサイチンβサブユニット遺伝子を有する第二の組換え体ベクター
前記ロドサイチンαサブユニット遺伝子が、配列番号12に示される塩基配列と
1) 95%以上の配列同一性を有する塩基配列である、または、
2) 1または数塩基が欠失、置換、付加されている塩基配列である、または、
3) 相補的な配列とストリンジェントな条件下でハイブリダイズすることができる塩基配列である、
組換え細胞の製造方法。

【請求項7】
 
前記ロドサイチンβサブユニット遺伝子は、細胞外分泌が可能なシグナル配列を有する、
請求項6に記載の組換え細胞の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015053625thum.jpg
State of application right Registered
Please feel free to contact us by email or facsimile if you have any interests in this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close