Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING AMMONIA AND COMPOUND PRODUCTION DEVICE

METHOD FOR PRODUCING AMMONIA AND COMPOUND PRODUCTION DEVICE

Patent code P160013535
File No. S2015-0832-N0
Posted date Nov 29, 2016
Application number P2015-059333
Publication number P2016-175820A
Date of filing Mar 23, 2015
Date of publication of application Oct 6, 2016
Inventor
  • (In Japanese)寺島 千晶
  • (In Japanese)本多 楓
  • (In Japanese)藤嶋 昭
  • (In Japanese)中田 一弥
  • (In Japanese)湯浅 真
  • (In Japanese)近藤 剛史
Applicant
  • (In Japanese)学校法人東京理科大学
Title METHOD FOR PRODUCING AMMONIA AND COMPOUND PRODUCTION DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method of producing ammonia at reaction efficiency higher than the conventional method under ordinary temperature-ordinary pressure without using hydrogen as raw material, and a compound production device usable to the method.
SOLUTION: Provided is a method for producing ammonia including the generation of plasma in water where a nitrogen-containing gas is present, and also provided is a compound production device including: an in-water plasma generation part of generating plasma in water; and a gas introduction part of introducing a gas into the water.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、アンモニアの合成には、ハーバー・ボッシュ法が用いられてきた。この方法では、500℃・100気圧程度という高温・高圧の条件下に窒素と水素とからアンモニアを合成する。従って、高温・高圧に耐えうる装置材料、装置設計が必要である。そこで、常温・常圧で合成する方法として、真空プラズマ技術を用いて窒素と水素とをプラズマ化してアンモニアに変換する方法が提案されている。

しかしながら、水素は危険で高価であるばかりか、その製造のために天然ガス等の化石燃料を使うので、二酸化炭素の排出による環境負荷が問題となる。そこで、水素に代り水を原料として用いる方法として、大気圧プラズマを用いる方法が提案されている(例えば、特許文献1~特許文献4)。

例えば、特許文献1及び特許文献2には、窒素ガスを含むガスの大気圧プラズマを水に作用させることによりアンモニアを合成する方法が記載されている。また、特許文献3には、窒素ガスを含む大気圧プラズマを有機溶媒に照射して水素原子を化学結合から解離させ、アンモニアを生成する方法が記載されている。また、特許文献4には、大気圧プラズマを作用させて尿素水を分解させることによりアンモニアを生成する方法が記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、アンモニアの製造方法及び化合物製造装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
窒素含有ガスが存在する水中においてプラズマを発生させること、
を含む、アンモニアの製造方法。

【請求項2】
 
前記窒素含有ガスは、前記水中に気泡として存在している及び/又は溶解している、請求項1記載のアンモニアの製造方法。

【請求項3】
 
前記窒素含有ガスは、前記水中のプラズマ発生領域に気泡として存在している、請求項1又は2記載のアンモニアの製造方法。

【請求項4】
 
前記窒素含有ガスは、窒素ガス又は大気である、請求項1~3の何れか1項記載のアンモニアの製造方法。

【請求項5】
 
水中においてプラズマを発生する水中プラズマ発生部、及び、
気体を前記水中に導入する気体導入部
を含む、化合物製造装置。

【請求項6】
 
前記気体導入部は、前記水中のプラズマ発生領域又はその直下に開口を有する、請求項5記載の化合物製造装置。

【請求項7】
 
前記水中において、前記気体導入部により前記気体を導入するとともに、直流パルス電圧を印加して前記プラズマを発生させる制御部を更に備える、請求項5又は6記載の化合物製造装置。

【請求項8】
 
更に、アンモニア回収部を備える、請求項5~7の何れか1項記載の化合物製造装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
  • 2G084AA26
  • 2G084BB36
  • 2G084CC02
  • 2G084CC08
  • 2G084CC21
  • 2G084CC23
  • 2G084CC35
  • 2G084DD11
  • 2G084DD12
  • 2G084DD14
  • 2G084DD22
  • 2G084DD25
  • 2G084DD66
  • 2G084FF11
  • 2G084FF19
  • 2G084HH14
  • 2G084HH20
  • 2G084HH36
  • 2G084HH42
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015059333thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close