Top > Search of Japanese Patents > LINGUAL POSITION/LINGUAL HABIT DETERMINATION DEVICE, LINGUAL POSITION/LINGUAL HABIT DETERMINATION METHOD AND PROGRAM

LINGUAL POSITION/LINGUAL HABIT DETERMINATION DEVICE, LINGUAL POSITION/LINGUAL HABIT DETERMINATION METHOD AND PROGRAM UPDATE_EN meetings

Patent code P160013537
File No. 12054
Posted date Dec 1, 2016
Application number P2016-167180
Publication number P2018-033540A
Date of filing Aug 29, 2016
Date of publication of application Mar 8, 2018
Inventor
  • (In Japanese)石光 俊介
  • (In Japanese)中山 仁史
  • (In Japanese)葛西 一貴
  • (In Japanese)堀畑 聡
  • (In Japanese)石井 かおり
  • (In Japanese)山下 公子
Applicant
  • Nihon University
  • HIROSHIMA CITY UNIVERSITY
Title LINGUAL POSITION/LINGUAL HABIT DETERMINATION DEVICE, LINGUAL POSITION/LINGUAL HABIT DETERMINATION METHOD AND PROGRAM UPDATE_EN meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a lingual position/lingual habit determination device, a lingual position/lingual habit determination method and a program in which a lingual position/lingual habit can be determined in a non-invasion manner.
SOLUTION: A lingual position/lingual habit determination device 1 includes: an audio input unit 2 for inputting audio data concerning the utterance of an utterer h; a measuring unit 3 for extracting the audio data serving as a determination object from the input audio data, and measuring a sound feature value (zero crossing rate and mel-frequency cepstrum) concerning a lingual position and a lingual habit in the extracted audio data; and an estimation unit 4 for estimating the lingual position or the lingual habit of the utterer h, based on the measured sound feature value (sound feature value vector).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

口腔は発声、呼吸、咀嚼及び嚥下の際に用いられる器官である。口腔環境を正常な状態に保つことは身体の健康等にとって極めて重要であるため、従来から口腔環境の測定が行われている(例えば、特許文献1参照)。

口腔環境に大きな影響を与え、身体の健康等を損なうおそれがあるものの1つに不正咬合がある。不正咬合の約25%は口腔習癖(吸指癖や舌癖(舌突出癖))などが原因である。そこで、不正咬合を矯正すべく、舌、口唇や顔面の筋肉バランスを改善することで口腔習癖を改善する口腔筋機能療法(MTF)が行われている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、舌位・舌癖判定装置、舌位・舌癖判定方法及びプログラムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
発話者の発話に係る音声データに基づいて、前記発話者の舌位及び舌癖と関連する音響特徴量を計測する計測部と、
計測された音響特徴量に基づいて、前記発話者の舌位又は舌癖を推定する推定部と、
を備える舌位・舌癖判定装置。

【請求項2】
 
前記計測部は、入力された音声データの波形が零レベルまたは零レベル付近の一定区間と交差する数である零交差数を、前記音響特徴量として計測し、
前記推定部は、計測された零交差数に基づいて、前記発話者の舌位又は舌癖を推定する、
請求項1に記載の舌位・舌癖判定装置。

【請求項3】
 
前記計測部は、入力された音声データのメル周波数ケプストラム係数を、前記音響特徴量として計測し、
前記推定部は、
計測されたメル周波数ケプストラム係数に基づいて、前記発話者の舌位又は舌癖を推定する、
請求項1又は2に記載の舌位・舌癖判定装置。

【請求項4】
 
舌位又は舌癖と参照用の音響特徴量に関する情報とを対応付けて記憶しており、
前記推定部は、計測された音響特徴量に最も近い参照用の音響特徴量に対応付けられた舌位又は舌癖を、前記発話者の舌位又は舌癖として推定する、
請求項1から3のいずれか一項に記載の舌位・舌癖判定装置。

【請求項5】
 
同じ舌位又は舌癖を有する複数の発話者の発話に係る音声データから得られた零交差数及びメル周波数ケプストラム係数を各要素とする参照用の音響特徴量ベクトルを参照用の音響特徴量に関する情報として記憶し、
前記推定部は、被験者の発話に係る音声データから得られた零交差数及びメル周波数ケプストラム係数を各要素とする音響特徴量ベクトルを、前記参照用の音響特徴量ベクトルと比較して、被験者の舌位又は舌癖を推定する、
請求項4に記載の舌位・舌癖判定装置。

【請求項6】
 
前記計測部は、子音区間の音声データを、判定用の音声データとして抽出する、
請求項1から5のいずれか一項に記載の舌位・舌癖判定装置。

【請求項7】
 
前記計測部は、前記音声データの零交差数が閾値以上となる区間の音声データを、子音区間の音声データとして抽出する、
請求項6に記載の舌位・舌癖判定装置。

【請求項8】
 
発話者の発話に係る音声データに基づいて、前記発話者の舌位及び舌癖と関連する音響特徴量を計測する計測工程と、
計測された音響特徴量に基づいて、前記発話者の舌位又は舌癖を推定する推定工程と、
を含む舌位・舌癖判定方法。

【請求項9】
 
コンピュータを、
発話者の発話に係る音声データに基づいて、前記発話者の舌位及び舌癖と関連する音響特徴量を計測する計測部、
計測された音響特徴量に基づいて、前記発話者の舌位又は舌癖を推定する推定部、
として機能させるプログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016167180thum.jpg
State of application right Published
Reference ( R and D project ) NIHON UNIVERSITY's Researcher Information
(In Japanese)日本大学産官学連携知財センター(通称NUBIC,ニュービック)は,技術移転機関と知的財産本部の機能を兼ね備えた日本大学の産学連携の窓口です。
NUBICは,日本大学全教職員や大学院生・学部学生の豊富なアイデアや研究成果を,知的財産として戦略的に創出・保護・管理し,産業界のニーズとのマッチングを図り,企業の研究開発,新製品開発,新規事業の立上げが円滑に行われるようサポートいたします。
お気軽にご相談ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close