Top > Search of Japanese Patents > WAVE POWER GENERATION APPARATUS

WAVE POWER GENERATION APPARATUS meetings

Patent code P160013573
File No. 22-6
Posted date Dec 28, 2016
Application number P2011-150694
Publication number P2013-019270A
Patent number P5695991
Date of filing Jul 7, 2011
Date of publication of application Jan 31, 2013
Date of registration Feb 13, 2015
Inventor
  • (In Japanese)西村 功
Applicant
  • (In Japanese)学校法人五島育英会
Title WAVE POWER GENERATION APPARATUS meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a wave power generation apparatus that obtains power generating energy larger than control energy for driving a drive weight by generating electric power with wave power energy efficiently absorbed by driving the drive weight.
SOLUTION: The wave power generation apparatus includes: a control section 14 for driving, by means of feedback control based on acceleration of a floating body 1, the drive weight 2 in a direction for reducing sway of the floating body 1; and a power generator 15 converting swaying motion of the drive weight 2 into power generating energy. On the basis of a mass ratio between the floating body 1 and the drive weight 2 and a feed back gain of the acceleration by the control section 14, an attenuation coefficient of the power generator 15 is set such that the power generating energy is larger than the control energy that drives the drive weight 2 by means of the control section 14.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、波力エネルギーによって振動する振動体を設け、振動体の移動エネルギーを電気エネルギーに変換して発電する発電装置が提案されている(例えば、特許文献1参照)。特許文献1には、船舶における振幅発生部に、弾性支持装置により共振するように支持された振動体と、該振動体の揺動運動を電気エネルギーに変換する発電機とからなる発電装置が提案されている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、能動型動吸振器によって波力エネルギーを吸収し、吸収した波力エネルギーによって発電を行う波力発電装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
波面に浮ぶ浮動体に設置され、前記浮動体に加わる波力エネルギーを吸収し、吸収した
波力エネルギーを発電エネルギーに変換する波力発電装置であって、
前記波力エネルギーを駆動重錘体の揺動運動に変換する波力エネルギー吸収手段と、
前記浮動体の揺動方向の加速度を検出する加速度検出手段と、
該加速度検出手段によって検出された加速度に基づくフィードバック制御によって、前
記浮動体の揺れを抑制する方向に前記駆動重錘体を駆動させる駆動制御手段と、
前記駆動重錘体の揺動運動を前記発電エネルギーに変換する減衰手段とを具備し、
前記減衰手段の減衰係数は、前記浮動体と前記駆動重錘体との質量比及び前記駆動制御
手段による前記加速度のフィードバックゲインに基づいて、前記駆動制御手段によって前
記駆動重錘体を駆動する制御エネルギーよりも、前記発電エネルギーが大きくなるように
設定され
【数1】
 


におけるCd又は、gv
【数14】
 


【数2】
 


により規定されることを特徴とする波力発電装置。

【請求項2】
 
前記駆動重錘体の駆動に必要な制御エネルギーが、前記発電エネルギーの1/3以下と
なるように前記駆動手段を制御する制御手段を具備することを特徴とする請求項1記載の
波力発電装置。

【請求項3】
 
前記制御手段は、前記浮動体の加速度と、前記駆動重錘体と前記浮動体との相対速度と
を用いた制御則に基づいて前記駆動手段を制御することを特徴とする請求項2記載の波力
発電装置。

【請求項4】
 
前記制御手段は、前記浮動体と前記駆動重錘体との相対加速度及び相対変位を用いた制
御則に基づいて前記駆動手段を制御することを特徴とする請求項2記載の波力発電装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2011150694thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close