Top > Search of Japanese Patents > IMAGE ANALYZER AND INSPECTION SYSTEM

IMAGE ANALYZER AND INSPECTION SYSTEM meetings foreign

Patent code P160013575
Posted date Dec 28, 2016
Application number P2015-083763
Publication number P2016-205839A
Patent number P6754114
Date of filing Apr 15, 2015
Date of publication of application Dec 8, 2016
Date of registration Aug 25, 2020
Inventor
  • (In Japanese)大西 潤哉
  • (In Japanese)石原 数也
  • (In Japanese)川端 優
  • (In Japanese)粟屋 信義
  • (In Japanese)竹岡 賢二
  • (In Japanese)赤阪 信二
  • (In Japanese)中元 勝彦
Applicant
  • (In Japanese)広島県
Title IMAGE ANALYZER AND INSPECTION SYSTEM meetings foreign
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To determine alteration in farm produce or the presence or absence of a sign of the alteration at a high probability.
SOLUTION: An image analyzer (5) comprises: a hue saturation value calculation unit (52) that calculates a hue value and a saturation value at each pixel of a fluorescent image obtained by photographing farm produce that ultraviolet light is radiated; and a determination unit (53) that determines alteration in the produce or the presence or absence of a sign of the alteration on the basis of the calculated hue value and saturation value at each pixel of the fluorescent image.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

レモンや八朔などの柑橘類果実を保管や出荷する前に、予め異常が起こりそうな、病気になりそうな果実が選別できることが望ましい。果実に傷があると保管中にそこからカビが発生して周辺の果実までカビを生やしてしまう。また見た目は健常であっても、既に病気に罹患しており、後になって病状が発現するものもある。そこで保存や出荷の前に検査を行い、傷のあるものや病気になりそうなものを選別しておく必要がある。

このような果実の選別方法に関する従来技術の一例として、特許文献1に開示された柑橘等の油胞損傷判定装置がある。この油胞損傷判定装置では、柑橘等の表面に紫外線を照射して、油胞の損傷部分を励起発光させることで柑橘等の表皮油胞の損傷の有無等を判定するようになっている。

また、従来技術の別の例として、特許文献2に開示された果実・そ菜の品質選別装置がある。この品質選別装置では、紫外線を照射して果実・そ菜の病障害部から発生する蛍光の強度、波長に基づいて被選別物の病障害の有無等を判別するようになっている。

また、従来技術のさらに別の例として、特許文献3に開示された農産物検査装置がある。この農産物検査装置では、紫外線領域の光を農産物に照射することにより農産物の表皮に生傷が有るか否かを判定するようになっている。

また、従来技術のさらに別の例として、非特許文献1に開示された技術がある。この技術では、350nmにピークを持つ315~400nmの紫外光をレモン果実に照射しながらカメラ撮影して画像を取得し、各画素のRGB(Red, Green and Blue)値からHIS(Hue, Saturation and Intensity)値を算出し、レモン果実の傷部分の蛍光と正常部分とをH値を用いて判別するようになっている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、農産物を撮像した画像に基づいて上記農産物の変質または該変質の予兆の有無を判定する画像解析装置、および該画像解析装置を備えた検査システムなどに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
紫外光が照射された農産物を撮像した蛍光画像の各画素における色相値および彩度値を算出する色相彩度値算出部と、
上記色相彩度値算出部によって算出された上記蛍光画像の各画素における色相値および彩度値に基づいて、
上記農産物の変質または該変質の予兆の有無を判定する判定部と、を備え、
上記判定部は、色相値、彩度値および明度値の座標空間であるHSV空間における色相値に第1の値とそれより大きい第2の値を設け、彩度値に第3の値とそれより大きい第4の値を設け、
上記蛍光画像の各画素における色相値の前回測定値との変化量が上記第1の値と上記第2の値に入り、彩度値の前回測定値との変化量が上記第3の値と上記第4の値に入る画素の画素数が、閾値数以上の場合、上記農産物の変質がある、または該変質の予兆があると判定することを特徴とする画像解析装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015083763thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close