Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR INTRODUCING SUBSTANCE INTO SPORE

METHOD FOR INTRODUCING SUBSTANCE INTO SPORE meetings

Patent code P160013577
Posted date Dec 28, 2016
Application number P2012-148514
Publication number P2014-008041A
Patent number P5958998
Date of filing Jul 2, 2012
Date of publication of application Jan 20, 2014
Date of registration Jul 1, 2016
Inventor
  • (In Japanese)重田 有仁
  • (In Japanese)青山 康司
  • (In Japanese)杉原 正洋
Applicant
  • (In Japanese)広島県
Title METHOD FOR INTRODUCING SUBSTANCE INTO SPORE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for introducing a substance into spores in a short time, being applicable to a wide range of genera and species, also to provide a method for measuring the number of spores having germination activity using it.
SOLUTION: This method for introducing a substance into spores includes a step of applying a pressure of 10 MPa - 400 MPa to the subject spores at 5°C - 70°C, for from 1 second to 60 minutes, and a step of mixing the treated spores and a substance to be introduced to the spores, where the mixing step may be before or after the pressurizing step.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

バチルス属及びクロストリジウム属等の芽胞菌、並びに、アスペルギルス属及びペニシリウム属等のカビ等が形成する胞子は、耐熱性、耐薬品性、耐乾燥性等が高く、殺菌が困難である。そのため、食品製造業、医薬品製造業等において、上記胞子による汚染がしばしば問題となる。

食品、医薬品等の製造においては、製品、中間製品、原料又は製造環境等に存在する胞子の数(以下、胞子数という場合がある)をモニタリングし、製品の殺菌及び製造環境の洗浄が適切になされていること、並びに、原料が胞子等によって過度に汚染されていないこと等が確認されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、胞子への物質導入方法、及びこれを用いた発芽活性のある胞子の測定方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
対象となる胞子に対して5℃以上70℃以下の温度下で、1秒間以上60分間以下、10MPa以上100MPa以下で加圧する加圧処理工程と、
前記胞子と、前記胞子に導入するマーカーとなる物質とを混合する物質混合工程と、
マーカーとなる前記物質が導入された胞子を大気圧下、25℃以上70℃以下の温度下で、1分間以上60分間以下保持する大気圧処理工程と、
マーカーとなる前記物質を検出することによって、マーカーとなる前記物質が導入された胞子を検出する工程と、
を備え、
前記物質混合工程は、前記加圧処理工程の前であっても後であってもよい、発芽活性のある胞子の測定方法。

【請求項2】
 
発芽誘導物質の存在下で、前記加圧処理工程を行う、請求項1に記載の測定方法。

【請求項3】
 
前記発芽誘導物質が、アミノ酸、糖又は金属イオンである、請求項2に記載の測定方法。

【請求項4】
 
前記発芽誘導物質が、アミノ酸である、請求項2又は3に記載の測定方法。

【請求項5】
 
マーカーとなる前記物質が、エステラーゼ活性により発色する素である、請求項1~4のいずれか一項に記載の測定方法。

【請求項6】
 
マーカーとなる前記物質が、6-Carboxyfluorescein diacetate(CFDA)である、請求項1~5のいずれか一項に記載の測定方法。

【請求項7】
 
前記物質混合工程が、加圧処理工程の前に行われる、請求項1~6のいずれか一項に記載の測定方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close