Top > Search of Japanese Patents > METHOD OF COMPRESSION TREATMENT FOR LUMBER

METHOD OF COMPRESSION TREATMENT FOR LUMBER meetings achieved

Patent code P160013578
Posted date Dec 28, 2016
Application number P2004-307774
Publication number P2006-116843A
Patent number P4269004
Date of filing Oct 22, 2004
Date of publication of application May 11, 2006
Date of registration Mar 6, 2009
Inventor
  • (In Japanese)藤田 和彦
Applicant
  • (In Japanese)広島県
Title METHOD OF COMPRESSION TREATMENT FOR LUMBER meetings achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method capable of preventing, in conducting the compression treatment of a knotty lumber or a lumber having a high water content, the generation of damages such as cracks and fissures by vaporization of the water in the treated lumber and also attaining uniform compression treatment.
SOLUTION: A perforated metal plate 4, whose perforations are worked into a truncated cone, is laid on a fixed side heating plate 3 of a single- or multi-step heating press and the treated lumber 5 is mounted thereon. A movable side heating plate 1 is pushed down, with a smooth metal plate 6 interposed between the treated lumber 5 and the movable side heating plate 1, to press the treated lumber 5, and to the treated lumber 5 under the compression treatment a heated water vapor is sent through the worked openings of the perforated metal plate 4.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

木材の熱プレス圧密装置に、プレスする面を多孔質の材料で形成する圧密装置がある(例えば、特許文献1参照)。

また、木材の熱プレス圧密装置の熱盤の木材と接触する接触面は、木材が鉄イオン汚染により黒色化しない材質からなることが好ましく、ステンレス鋼やアルミニウム鋼、またメッキされた普通鋼が良いとされている。(特許文献2参照)

さらに、圧密処理を施す木材の含水率が高すぎる場合には、固定化処理中に木材に割れや裂け等の損傷が発生し、歩留まりが悪くなると共に、固定化処理後における木材の乾燥に起因して、収縮等の変形が著しく製品としての価値を失うことがある、とされている(特許文献2参照)。
【特許文献1】
特開平8-90516号公報
【特許文献2】
特開2003-53705号公報

従来の木材の圧密方法は、乾燥木材(25%以下)を圧力容器内で水蒸気により軟化点以上に加熱圧縮後、高温・高圧の水蒸気を導入する方法や、密閉可能な金型の互いに対向する熱盤間に木材を収容して、熱盤により木材を軟化点以上に加熱するとともに、圧縮した状態で高温・高圧の水蒸気を導入する方法などがある。

しかし、どの方法も実用化の段階であるものの、節の多い木材は、実際の処理にはほとんど使用されていないのが実状である。

その理由は、節を含めその近くの部分では含水率が高い場合が多く、処理中に木材中の水分が蒸気化し割れや裂け等の損傷が発生する。また、節の繊維方向が処理木材の繊維方向と直角のため、圧締することにより繊維が潰されて処理後に節が抜けてしまうからである。

そして、圧密処理には、金網や透水性のシート、または、金属製の穴あき板が使用されるが、破れる等の耐久性の問題や、節などが網や金属盤にめり込んで取れなくなるという問題が生じている。

さらに、圧密処理の対象とされる軟質材であるスギは、伐採直後では、辺材が160%程度、心材が55%程度もあり、乾燥するためのエネルギや時間を多大に消費するという欠点がある。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、木材圧密処理方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
木材の密圧装置において、1段又は多段式熱プレスの固定側熱盤上に、縦・横に、無数の円錐台状の穴を穿設した穴あき金属板を、円錐台状に加工した穴が逆になるよう敷設し、該穴あき金属板の上に、被処理木材を載置し、鋼板を介して可動側熱盤を押圧し、圧密処理することを特徴とする木材圧密処理方法。

【請求項2】
 
木材の密圧装置において、1段又は多段式熱プレスの固定側熱盤上に敷設する,縦・横に、無数の円錐台状の穴を穿設し、かつ、被処理木材に接する面の反対側に、溝切り加工を施した穴あき溝切り金属板を設け、該穴あき溝切り金属板に被処理木材を載置し、圧締した際に加工した穴から発生する加熱水蒸気を、溝及び円錐台状の穴を介して、均一に圧密処理中の被処理木材に送り込むことを特徴とする木材圧密処理方法。

【請求項3】
 
被処理木材の水分含有率が、50%以上であることを特徴とする請求項1または2に記載の木材圧密処理方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004307774thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close