Top > Search of Japanese Patents > SLEEP BREATH SOUND ANALYSIS APPARATUS AND METHOD

SLEEP BREATH SOUND ANALYSIS APPARATUS AND METHOD meetings

Patent code P160013587
File No. H26-011D
Posted date Dec 28, 2016
Application number P2014-123432
Publication number P2016-002189A
Patent number P6315576
Date of filing Jun 16, 2014
Date of publication of application Jan 12, 2016
Date of registration Apr 6, 2018
Inventor
  • (In Japanese)江 鐘偉
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Title SLEEP BREATH SOUND ANALYSIS APPARATUS AND METHOD meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an apparatus and a method for detecting a sleep breath sound of a person sleeping in a natural state, and, based on a detected sleep breath signal, accurately determining the sleep state, an oxygen intake state during sleep, etc.
SOLUTION: A sleep breath signal of a subject 2 detected by sleep breath sound detection means 3 is sent to a sleep breath sound analysis apparatus 6 through a portable terminal 5. The sleep breath sound analysis apparatus 6 includes respiratory feature waveform acquisition means for processing the sleep breath signal to acquire a respiratory feature waveform, respiratory waveform discrimination means for discriminating between an inspiration waveform and an expiration waveform in the respiratory feature waveform, feature value extraction means for extracting one or a plurality of feature values selected from the inspiration waveform, the expiration waveform, each time interval from the inspiration waveform to the expiration waveform, and from the expiration waveform to the inspiration waveform, time width of the inspiration waveform, time width of the expiration waveform, an amplitude value of the inspiration waveform, and an amplitude value of the expiration waveform, and state determination means for, based on the extracted feature values, determining a sleep state, determining an apnea state or a low-respiratory state, or estimating an oxygen intake state of the subject 2.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来の睡眠計測装置では身体にセンサー等を装着したり、被検者に麻酔をかけたりしなければならなかったため、手間がかかるだけでなく睡眠の妨げとなることもあった。
また、市販の簡易な睡眠計では装置の動きや寝相により測定結果に大きなずれが生じるなど、精度が高いとは言いがたかった。
さらに、センサーマットを、使用する寝具の下に敷くだけで測定できるものもあるが、値段が高いことや出張先などでの使用が難しいなどの問題がある。

例えば、特許文献1(特開2014-64675号公報)には、呼気音発生器を被検者の鼻及び/又は口を覆うように装着して呼吸音を高周波音に変換し、その音を受信して解析を行うことで、非拘束かつ低侵襲で無呼吸を検知することが可能な無呼吸検知システムが記載されている。
また、特許文献2(特開2006-320641号公報)には、被検者に麻酔による人工的短時間睡眠を起こさせ、この被検者の睡眠中の呼吸音を解析することによって睡眠時無呼吸症の有無又は軽重を定量的に判定するシステムが記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)

この発明は、測定された寝息呼吸音を解析して、睡眠状態や睡眠時における無呼吸及び低呼吸状態を判定する寝息呼吸音解析装置及び方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
被験者の寝息呼吸音を検出する寝息呼吸音検出手段と、
該寝息呼吸音検出手段で検出された寝息信号に基づいて、呼吸特徴波形を得る呼吸特徴波形取得手段と、
前記呼吸特徴波形において吸気波形と呼気波形を判別する呼吸波形判別手段と、
前記呼吸特徴波形における吸気波形の時間間隔、呼気波形の時間間隔、吸気波形から呼気波形の時間間隔、呼気波形から吸気波形の時間間隔、吸気波形の時間幅、呼気波形の時間幅、吸気波形の振幅値及び呼気波形の振幅値から選択した一又は複数の特徴値を抽出する特徴値抽出手段と、
所定期間における前記一又は複数の特徴値に基づいて、前記所定期間における前記被験者の睡眠状態の判定、無呼吸状態若しくは低呼吸状態の判定又は酸素摂取状態の推定を行う状態判定手段を備え
前記特徴値抽出手段は、少なくとも前記吸気波形の振幅値及び前記呼気波形の振幅値又は少なくとも前記吸気波形から呼気波形の時間間隔及び前記呼気波形から吸気波形の時間間隔を抽出し、
前記状態判定手段は、前記吸気波形の振幅値及び前記呼気波形の振幅値が一定期間毎に設定した閾値を超えた部分の時間幅の総和が前記一定期間に占める割合の変化、一定期間毎の前記吸気波形から呼気波形の時間間隔又は前記呼気波形から吸気波形の時間間隔が閾値を超えた時間間隔の抽出回数若しくは合計値に基づいて、前記被験者の無呼吸状態若しくは低呼吸状態の判定又は酸素摂取状態の推定を行う
ことを特徴とする寝息呼吸音解析装置。

【請求項2】
 
前記特徴値抽出手段は、少なくとも前記吸気波形の時間間隔又は前記呼気波形の時間間隔を抽出し、
前記状態判定手段は、前記所定期間における前記吸気波形の時間間隔又は前記呼気波形の時間間隔の変化度合に基づいて、前記被験者の睡眠状態がレム睡眠であるかノンレム睡眠であるかの判定を行う
ことを特徴とする請求項1に記載の寝息呼吸音解析装置。

【請求項3】
 
前記特徴値抽出手段は、少なくとも前記吸気波形の時間幅及び前記呼気波形の時間幅又は少なくとも前記吸気波形の振幅値及び前記呼気波形の振幅値を抽出し、
前記状態判定手段は、前記所定期間における前記吸気波形の時間幅と前記呼気波形の時間幅の長さの関係又は前記吸気波形の振幅値と前記呼気波形の振幅値の大きさの関係に基づいて、前記被験者が低酸素状態か否かの判定を行う
ことを特徴とする請求項1又は2に記載の寝息呼吸音解析装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014123432thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close