Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING AMIDE COMPOUND

METHOD FOR PRODUCING AMIDE COMPOUND UPDATE_EN

Patent code P160013595
File No. H26-079
Posted date Dec 28, 2016
Application number P2015-057937
Publication number P2016-175870A
Patent number P6566546
Date of filing Mar 20, 2015
Date of publication of application Oct 6, 2016
Date of registration Aug 9, 2019
Inventor
  • (In Japanese)山本 豪紀
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Title METHOD FOR PRODUCING AMIDE COMPOUND UPDATE_EN
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for producing an amide compound where the generation of by-products is suppressed, and an amide compound can be produced at high selectivity.
SOLUTION: Provided is a method for producing an amide compound by causing an oxime compound into Beckmann rearrangement reaction characterized in that the Beckmann rearrangement reaction is caused in the presence of a catalyst composed of (A) one or more selected from a cobalt salt and a nickel salt, (B) one or more selected from a magnesium salt and a sodium salt and (C) a silica gel.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

オキシム化合物のベックマン転位によるアミド化合物への変換反応は、出発原料と目的生成物とを構成する元素の種類と数とが全く同じである“アトムエコノミー(atom economy)”100%の反応である。工業的なアミド化合物の製造方法としては、液相中で濃硫酸や発煙硫酸などの強酸を使用してシクロヘキサノンオキシムをベックマン転位反応させてε-カプロラクタムを製造する方法が良く知られているが、該方法では生成したラクタムが添加した強酸と塩を形成するために、強酸を過剰に用いることが常である。従って、反応生成液からε-カプロラクタムを分離するときの中和工程で、アンモニア水溶液を用いるため、多量の硫酸アンモニウムが副生するという問題がある。

上記問題を解決するために、本発明者らは、単独で用いた場合には活性の低い触媒量(10mol%程度)のコバルト塩やニッケル塩を、10~20mol%の触媒量のルイス酸、ブレンステッド酸、酸無水物、あるいは酸塩化物などと組み合わせて使用することにより、副生成物の生成を抑制して高選択率でアミド化合物を製造できることを見出した。この方法においては、生成したアミド化合物を最も効率良く取り出すためには、従来法と同様に塩基処理をすることが好ましいが、塩基処理により副生する無機塩は1/5~1/3以下に減じることができる(特許文献1乃至4)。

その他にも、ベックマン転位反応に用いる触媒に関しては、種々、検討されている。例えば、N,N-ジメチルホルムアミドとクロロスルホン酸から生成するイオン対(ビルスマイヤー錯体)からなる触媒(非特許文献1)、エポキシ化合物と強酸(三フッ化ホウ素・エーテラート等)から生成するアルキル化剤、及びN,N-ジアルキルホルムアミドからなる触媒(非特許文献2)、リン酸若しくは縮合性リン酸化合物からなる触媒(特許文献5)、N,N-ジアルキルホルムアミド等の化合物、五酸化リン、及び含フッ素強酸若しくはその誘導体からなる触媒(特許文献6)、インジウムトリフラート(非特許文献3)、イッテルビウムトリフラート(非特許文献4)等の触媒などが知られている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、アミド化合物の製造する方法に関し、特に、オキシム化合物をベックマン転位反応させることによりアミド化合物を製造する方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
オキシム化合物をベックマン転位反応させることによりアミド化合物を製造する方法において、
(A)コバルト塩及びニッケル塩のうちいずれか1以上、(B)マグネシウム塩及びナトリウム塩のうちいずれか1以上、並びに(C)シリカゲルから構成される触媒の存在下でベックマン転位反応させることを含み、
前記触媒の(A)成分が、テトラフルオロホウ酸コバルト六水和物及びテトラフルオロホウ酸ニッケル六水和物のうちいずれか1以上であり、
前記触媒の(B)成分が、硫酸マグネシウム、塩化マグネシウム、硝酸マグネシウム六水和物、硫酸水素ナトリウム、硫酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム及び炭酸ナトリウムのうちいずれか1以上である
ことを特徴とするアミド化合物の製造方法。

【請求項2】
 
前記ベックマン転位反応後に、塩基処理を行うことなくアミド化合物を回収することを特徴とする請求項1記載のアミド化合物の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close