Top > Search of Japanese Patents > COOPERATION EXERCISE EVALUATION DEVICE

COOPERATION EXERCISE EVALUATION DEVICE

Patent code P170013597
File No. S2015-0116-N0
Posted date Jan 13, 2017
Application number P2015-091813
Publication number P2016-087420A
Patent number P6326701
Date of filing Apr 28, 2015
Date of publication of application May 23, 2016
Date of registration Apr 27, 2018
Priority data
  • P2014-224110 (Nov 4, 2014) JP
Inventor
  • (In Japanese)青木 恭太
  • (In Japanese)木村 正樹
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人宇都宮大学
  • (In Japanese)木村 正樹
Title COOPERATION EXERCISE EVALUATION DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a device capable of evaluating cooperation exercise of a specific region of a body.
SOLUTION: A cooperation exercise evaluation device 1 includes an exemplary data storage part 11 for storing exemplary data for reproducing a repetitive motion of any region of a body as a video, a display part 7 for projecting the repetitive motion based on the exemplary data as a video, a sensor 9 for detecting an exercise that a subject performs, emulating the repetitive motion projected in the display part 7, a reference data storage part 14 for storing reference data used for evaluating the exercise that the subject performs, and an evaluation part 15 for comparing evaluation object data on the exercise that is performed by the subject and detected by the sensor 9 with the reference data, and evaluating the exercise performed by the subject.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ヒトの手指の巧緻性や、ヒトの手による物体の操作能力を評価する装置として、特許文献1に記載されているものがある。特許文献1の装置は、それまでの装置が片手の測定用に作られたものであることに鑑み、手指の巧緻な動きや物体を操作するためには、両手を同時に使うことも多いことから、両手指の巧緻性を評価することを念頭に置いている。
特許文献1の装置は、デモンストレーションで教示された運動に従って、この装置の携帯ユニットを両手で持ちながら、引張力と圧縮力を交互に加えることが要求される。
また、特許文献1の装置は、画像又は音声により被験者にすべきことをデモンストレーションし、その後に、評価のための運動を行うこと、また、受信したデータの質をモニターし、基準となるデータと比較すること、などを開示している。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、例えば、両手の高次、つまり複雑で困難な協調運動を観測することにより、協調運動機能の状態を客観的に評価することができる装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ヒトの身体の任意の部位についての繰り返し運動を映像として再現するための例示データを記憶する例示データ記憶部と、
前記例示データに基づく前記繰り返し運動の映像を映し出す画像表示部と、
前記画像表示部に映し出される、前記繰り返し運動に倣って被験者が行う運動を検知するセンサと、
前記センサで検知された前記被験者が行う運動に基づく評価対象データと、前記被験者が行う運動を評価するのに用いられる基準データと、を比較して、前記被験者が行う運動を評価する評価部と、
を備え、
前記例示データ記憶部は、
前記例示データとして、第1例示データと、前記第1例示データと異なる第2例示データと、を記憶し、
前記評価部は、
前記第1例示データに基づく第1評価対象データと、前記第2例示データに基づく第2評価対象データと、を比較して、前記被験者が行う運動を評価し、
前記繰り返し運動は、
ヒトの右手と左手の運動が一致するように左右対称で同期がとられている運動であることを特徴とする協調運動評価装置。

【請求項2】
 
前記例示データに処理を施して任意の速度の前記繰り返し運動映像を生成する映像生成部を備え、
前記画像表示部は、前記映像生成部で生成された前記繰り返し運動映像を表示する、
請求項1に記載の協調運動評価装置。

【請求項3】
 
前記繰り返し運動は、
波形データとして捉えたときの振幅及び位相のそれぞれが一定な規則的な運動である、請求項1又は請求項2に記載の協調運動評価装置。

【請求項4】
 
前記基準データは、
前記繰り返し運動に倣って、予め複数の被験者が行った運動に基づいて生成されたものである、
請求項1~請求項3のいずれか一項に記載の協調運動評価装置。

【請求項5】
 
前記評価部は、
前記評価対象データの中から選択される特定のデータと前記基準データとを比較する、請求項1~請求項4のいずれか一項に記載の協調運動評価装置。

【請求項6】
 
前記センサで検知された前記被験者が行う運動に関する過去の評価対象データを、当該被験者と関連付けて記憶する評価対象データ記憶部を備え、
前記評価部は、新たな前記評価対象データと過去の前記評価対象データとを比較する、請求項1~請求項5のいずれか一項に記載の協調運動評価装置。

【請求項7】
 
前記第1例示データは、
ヒトの身体自体又はそれを模擬した前記映像に関するものであり、
前記第2例示データは、
前記第1例示データと身体の部位は同じであるが、ヒトの身体ではない前記映像に関するものである、
請求項1~請求項6のいずれか一項に記載の協調運動評価装置。

【請求項8】
 
前記第1例示データは、
ヒトの身体の任意の部位に対応するが、ヒトの身体ではない前記映像に関するものであり、
前記第2例示データは、
前記第1例示データに、前記第1例示データと身体の部位が同じで、ヒトの身体自体又はそれを模擬した画像データを差し込んだものである、
請求項1~請求項6のいずれか一項に記載の協調運動評価装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015091813thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close