Top > Search of Japanese Patents > CELLULOSE DERIVATIVE HAVING LIQUID CRYSTALLINITY, PRODUCTION METHOD THEREOF, AND RESIN MATERIAL COMPRISING THE SAME

CELLULOSE DERIVATIVE HAVING LIQUID CRYSTALLINITY, PRODUCTION METHOD THEREOF, AND RESIN MATERIAL COMPRISING THE SAME

Patent code P170013610
File No. OU-0200
Posted date Jan 18, 2017
Application number P2013-179176
Publication number P2015-048365A
Patent number P6395356
Date of filing Aug 30, 2013
Date of publication of application Mar 16, 2015
Date of registration Sep 7, 2018
Inventor
  • (In Japanese)氏家 誠司
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人大分大学
Title CELLULOSE DERIVATIVE HAVING LIQUID CRYSTALLINITY, PRODUCTION METHOD THEREOF, AND RESIN MATERIAL COMPRISING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a cellulose derivative having liquid crystallinity which can be raw material for resin material and is relatively easily synthesized, and a production method thereof.
SOLUTION: A cellulose derivative having liquid crystallinity comprises a molecular structure represented by general formula [I]. A production method of the cellulose derivative having liquid crystallinity comprises: a solution preparation step of dissolving hydroxypropyl cellulose in an organic solvent; a reaction step of mixing at least one of a compound of phenyl isocyanate and 2-methacryloyloxyethyl isocyanate with the solution, and reacting them; a precipitation step of adding water and salt water to the mixed solution after the reaction step, thereby precipitating a derivative of hydroxypropyl cellulose; and a drying step of recovering and drying the precipitate.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、配向性を示す高分子化合物を主成分として含有させた液晶性を備える樹脂材料が知られている。

このような高分子化合物としては、例えば、セルロースエステルが知られている。

セルロースエステルを主成分として含有する樹脂材料は、各セルロースエステルの分子の伸延方向を、おおよそ一定の方向に配向させた状態でフィルム状に成形することにより、偏光フィルムとして利用されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、液晶性を備えたセルロース誘導体、及び、液晶性を備えたセルロース誘導体の製造方法、並びに、同セルロース誘導体を含有する樹脂材料に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
一般式[I]:
【化1】
 
(省略)
で現される分子構造(但し、一般式[I]中のR1の全てが水素原子以外であるもの、及び、一般式[I]中の全てのR2
【化2】
 
(省略)
であるものを除く。)を含む液晶性を備えたセルロース誘導体。

【請求項2】
 
ヒドロキシプロピルセルロースを誘電率が15~25の有機溶媒中に溶解させてヒドロキシプロピルセルロース溶液を調製する溶液調製工程と、
前記ヒドロキシプロピルセルロース溶液に、イソシアン酸4-ニトロフェニル、イソシアン酸p-トリル、イソシアン酸4-クロロフェニルから選ばれる少なくともいずれか1つであるイソシアン酸フェニル化合物又は同イソシアン酸フェニル化合物と2-メタクリロイルオキシエチルイソシアナートを混合し、この混合溶液中にて前記イソシアン酸フェニル化合物、2-メタクリロイルオキシエチルイソシアナートと前記ヒドロキシプロピルセルロースとを反応させ、同ヒドロキシプロピルセルロースの単位ユニット中に存在するヒドロキシル基の一部に置換基を導入する反応工程と、
前記反応工程を経た混合溶液に、水及び塩を添加して、ヒドロキシプロピルセルロース誘導体を沈殿させる沈殿工程と、
前記沈殿工程にて沈殿させたヒドロキシプロピルセルロース誘導体を回収して乾燥させる乾燥工程と、を有する一般式[I]:
【化3】
 
(省略)
で現される分子構造(但し、一般式[I]中のR1の全てが水素原子以外であるもの、及び、一般式[I]中の全てのR2
【化4】
 
(省略)
であるものを除く。)を含む液晶性を備えたセルロース誘導体の製造方法。

【請求項3】
 
請求項1に記載の液晶性を備えたセルロース誘導体を主成分として含有する樹脂材料。

【請求項4】
 
前記液晶性を備えたセルロース誘導体同士を架橋する架橋剤を含有させたことを特徴とする請求項3に記載の樹脂材料。

【請求項5】
 
フィラーを含有させたことを特徴とする請求項3又は請求項4に記載の樹脂材料。

【請求項6】
 
請求項3~5に記載の樹脂材料により成形された樹脂成型品。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2013179176thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close