Top > Search of Japanese Patents > LABELING PEPTIDE AND USE THEREOF

LABELING PEPTIDE AND USE THEREOF

Patent code P170013631
File No. S2015-1470-N0
Posted date Jan 19, 2017
Application number P2015-095480
Publication number P2016-210724A
Patent number P6646310
Date of filing May 8, 2015
Date of publication of application Dec 15, 2016
Date of registration Jan 15, 2020
Inventor
  • (In Japanese)舛廣 善和
Applicant
  • (In Japanese)学校法人日本大学
Title LABELING PEPTIDE AND USE THEREOF
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a technology that can stabilize and readily detect or purify proteins.
SOLUTION: A labeling peptide consists of a non-naturally occurring amino acid sequence represented by the following formula [1]: (XFNXN)mXp(XFNXN)nXq [1]. In the formula [1], X represents each independently an aspartate residue or a glutamate residue, F represents a phenylalanine residue, N represents an asparagine residue, m represents an integer of 0-5, n represents an integer of 1-5, p represents an integer of 1-20, and q represents an integer of 1-4.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、細胞膜透過性タンパク質を応用したタンパク質療法の開発が顕著である。しかし、タンパク質を用いた療法では、細胞や個体に投与後、タンパク質がプロテオソームやファゴソーム、オートファージやタンパク質分解酵素等によって分解され、その結果、投与タンパク質があまり効力を発揮しない場合や、極めて頻繁に投与する必要が生じる場合が多い。そのため、タンパク質の分解を抑制し、安定化する方法が求められている。

これまでに、タンパク質の分解を抑制する活性を有するアミノ酸配列として、ネイスセリア・メンニギチジスのP64K抗原のN末端領域の最初の47アミノ酸から誘導されたモチーフ等が開示されている(例えば、特許文献1参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、標識ペプチドおよびその使用に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
配列番号18又は20で表されるアミノ酸配列からなる標識ペプチド。

【請求項2】
 
請求項1に記載の標識ペプチドをコードする核酸。

【請求項3】
 
請求項2に記載の核酸を含むベクター。

【請求項4】
 
対象タンパク質と請求項1に記載の標識ペプチドとの融合タンパク質。

【請求項5】
 
請求項4に記載の融合タンパク質をコードする核酸を含むベクター。

【請求項6】
 
対象タンパク質に、配列番号18又は20で表されるアミノ酸配列からなる標識ペプチドを結合する工程を備える前記対象タンパク質を安定化する方法

【請求項7】
 
請求項1に記載の標識ペプチドに対する特異的結合物質。

【請求項8】
 
対象タンパク質と、配列番号18又は20で表されるアミノ酸配列からなる標識ペプチドとの融合タンパク質に、前記標識ペプチドに対する特異的結合物質を接触させる工程を備える前記融合タンパク質の検出方法

【請求項9】
 
対象タンパク質と、配列番号18又は20で表されるアミノ酸配列からなる標識ペプチドとの融合タンパク質に、前記標識ペプチドに対する特異的結合物質を接触させる工程を備える前記融合タンパク質の精製方法
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)日本大学産官学連携知財センター(通称NUBIC,ニュービック)は,技術移転機関と知的財産本部の機能を兼ね備えた日本大学の産学連携の窓口です。
NUBICは,日本大学全教職員や大学院生・学部学生の豊富なアイデアや研究成果を,知的財産として戦略的に創出・保護・管理し,産業界のニーズとのマッチングを図り,企業の研究開発,新製品開発,新規事業の立上げが円滑に行われるようサポートいたします。
お気軽にご相談ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close