Top > Search of Japanese Patents > MATERIAL HAVING PEPTIDE AS RAW MATERIAL AND EXCELLENT IN FUNCTIONALITY AND LIKING, AND FOOD/PET ANIMAL FOOD USING THE SAME

MATERIAL HAVING PEPTIDE AS RAW MATERIAL AND EXCELLENT IN FUNCTIONALITY AND LIKING, AND FOOD/PET ANIMAL FOOD USING THE SAME

Patent code P170013633
File No. (S2015-0111-N0)
Posted date Jan 19, 2017
Application number P2015-244174
Publication number P2016-163561A
Patent number P6414821
Date of filing Dec 15, 2015
Date of publication of application Sep 8, 2016
Date of registration Oct 12, 2018
Priority data
  • P2015-038731 (Feb 27, 2015) JP
Inventor
  • (In Japanese)有原 圭三
  • (In Japanese)大畑 素子
Applicant
  • (In Japanese)学校法人北里研究所
Title MATERIAL HAVING PEPTIDE AS RAW MATERIAL AND EXCELLENT IN FUNCTIONALITY AND LIKING, AND FOOD/PET ANIMAL FOOD USING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To develop a new food/pet animal food material excellent in health function- and liking-improving effects from various raw materials containing muscle protein, and to provide attractive food/pet animal food using the material.
SOLUTION: A food material or a pet animal food material is obtained by adding reducing sugar with a specific weight ratio to a peptide-containing protein decomposed product obtained by processing a muscle protein-containing raw material by protease, and heating the product so as to generate Maillard reaction, and is excellent in health function- and liking-improving effects by a Maillard reaction product and remaining peptide.SELECTED DRAWING: Figure 1
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

家畜、家禽、魚介類等の筋肉タンパク質(ミオシンやアクチン)をプロテアーゼ処理(タンパク質を分解)して得られる分解物中には、血圧降下ペプチドや抗酸化ペプチドなどの生理活性ペプチドが見つかっている(非特許文献1)。本発明者らも、筋肉タンパク質(豚骨格筋アクトミオシン)分解物中から、Asp-Leu-Tyr-Ala、Ser-Leu-Tyr-Ala、Val-Trpといった抗酸化ペプチドを発見し、これらの経口投与が抗疲労作用等の保健的機能を示すことを明らかにしている(特許文献1)。

また、本発明者らは、筋肉(畜肉および魚肉)タンパク質をプロテアーゼ処理(酵素分解)させることにより得られるペプチド性素材が、嗜好性向上効果を有することも見出した(非特許文献2、特許文献2)。

一方、動物(家畜、家禽、魚類等)の皮膚、骨、軟骨、腱などを構成する重要なタンパク質としてコラーゲンがある。コラーゲンをプロテアーゼ処理(分解)して得られるペプチド(コラーゲンペプチド)も、食品や化粧品などに利用されている。しかし、コラーゲンが極端に偏ったアミノ酸組成(グリシン33%、プロリン+ヒドロキシプロリン22%、アラニン11%)であるために、分解により生成するペプチドの機能は非常に限定され、抗酸化活性も筋肉タンパク質分解物と比べるとかなり低く、嗜好性の面でも魅力を欠くものである。

本発明者らは、保健的機能性(抗酸化作用)や嗜好性の面で魅力に乏しいコラーゲンペプチドを、食品やペットフードに利用できる付加価値の高い素材にするために、メイラード反応を利用した。すなわち、コラーゲンペプチドに還元糖を加え、これを加熱処理することによりメイラード反応生成物を生じさせ、保健的機能性(抗酸化作用など)と嗜好性向上効果を備えた食品・ペットフード素材を完成させた(特許文献3)。

しかし、コラーゲンペプチドは前述のようにアミノ酸組成に偏りがあり、コラーゲンに比べてアミノ酸組成のバランスが優れている(特定のアミノ酸に偏っていない)筋肉タンパク質分解物(ペプチド)を用いて、保健的機能性と嗜好性向上効果を備えた食品・ペットフード素材とすることは知られていない。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、筋肉タンパク質分解物(ペプチド含有物)を原料として加熱処理に伴うメイラード反応を利用して調製する保健的機能性と嗜好性向上効果を備えた食品素材およびペットフード素材、これを含有する食品およびペットフード並びにそれらの製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
筋肉タンパク質を含む原料をプロテアーゼで処理して得られるペプチドに、該ペプチドに対して重量比で0.1~10の還元糖を加え、これを加熱処理することに伴い生じるメイラード反応生成物を含むことを特徴とする、血圧降下作用と嗜好性向上効果を備えたペットフード素材。

【請求項2】
 
筋肉タンパク質がミオシンおよびアクチンである、請求項1記載の血圧降下作用と嗜好性向上効果を備えたペットフード素材。

【請求項3】
 
プロテアーゼがパパインである、請求項1または2記載の血圧降下作用と嗜好性向上効果を備えたペットフード素材。

【請求項4】
 
還元糖がキシロースである、請求項1~3のいずれかの項記載の血圧降下作用と嗜好性向上効果を備えたペットフード素材。

【請求項5】
 
加熱調製時にpH調整剤を添加して調製される、請求項1~4のいずれかの項記載の血圧降下作用と嗜好性向上効果を備えたペットフード素材。

【請求項6】
 
pH調整剤が炭酸ナトリウムである、請求項5記載の血圧降下作用と嗜好性向上効果を備えたペットフード素材。

【請求項7】
 
該ペプチドに対して重量比で0.1~1の還元糖を加えることを特徴とする、請求項1~6のいずれかの項記載の血圧降下作用と嗜好性向上効果を備えたペットフード素材。

【請求項8】
 
請求項1~7のいずれかの項記載の血圧降下作用と嗜好性向上効果を備えたペットフード素材を用いて製造したペットフード。

【請求項9】
 
請求項1~7のいずれかの項記載の血圧降下作用と嗜好性向上効果を備えたペットフード素材を用いて製造したサプリメント。

【請求項10】
 
筋肉タンパク質を含む原料をプロテアーゼで処理して得られるペプチドに、該ペプチドに対して重量比で0.1~10の還元糖を加え、これを加熱処理することに伴い生じるメイラード反応生成物を含むことを特徴とする、請求項1~7のいずれかの項記載の血圧降下作用と嗜好性向上効果を備えたペットフード素材の製造方法

【請求項11】
 
該ペプチドに対して重量比で0.1~1の還元糖を加えることを特徴とする、請求項10に記載の血圧降下作用と嗜好性向上効果を備えたペットフード素材の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015244174thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close