Top > Search of Japanese Patents > BACTERIOPHAGE, DETECTION AGENT FOR CITRUS XANTHOMONAS AXONOPODIS, DETECTION METHOD FOR CITRUS XANTHOMONAS AXONOPODIS, CONTROL AGENT OF XANTHOMONAS CAMPESTRIS, AND CONTROL METHOD OF XANTHOMONAS CAMPESTRIS

BACTERIOPHAGE, DETECTION AGENT FOR CITRUS XANTHOMONAS AXONOPODIS, DETECTION METHOD FOR CITRUS XANTHOMONAS AXONOPODIS, CONTROL AGENT OF XANTHOMONAS CAMPESTRIS, AND CONTROL METHOD OF XANTHOMONAS CAMPESTRIS

Patent code P170013638
File No. 14005
Posted date Jan 25, 2017
Application number P2014-155585
Publication number P2016-032435A
Date of filing Jul 30, 2014
Date of publication of application Mar 10, 2016
Inventor
  • (In Japanese)山田 隆
  • (In Japanese)藤江 誠
  • (In Japanese)川崎 健
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人広島大学
Title BACTERIOPHAGE, DETECTION AGENT FOR CITRUS XANTHOMONAS AXONOPODIS, DETECTION METHOD FOR CITRUS XANTHOMONAS AXONOPODIS, CONTROL AGENT OF XANTHOMONAS CAMPESTRIS, AND CONTROL METHOD OF XANTHOMONAS CAMPESTRIS
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a bacteriophage, a detection agent for citrus Xanthomonas axonopodis, a detection method for citrus Xanthomonas axonopodis, a control agent of Xanthomonas campestris, and a control method of Xanthomonas campestris that can be effectively used to various Xanthomonas campestris fungi.
SOLUTION: For a bacteriophage, the structure of a phage particle includes a head potion and tail portion. The diameter of the head portion of the phage particle of the bacteriophage is 70-90 nm. The bacteriophage is infected with Xanthomonas campestris fungus.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

米国への温州みかんの輸出では、バクテリオファージテストによるカンキツかいよう病菌の検疫が義務付けられている(43農政B第345号、43農政B第1901号)。バクテリオファージテストの結果判定で、検定果実にカンキツかいよう病菌があったものと判定されないことが、温州みかんの生鮮果実を米国に輸出するための条件の1つになっている。

バクテリオファージテストは、カンキツかいよう病菌に特異的なバクテリオファージCp1およびCp2それぞれを、検定液に添加、培養後、溶菌斑(プラーク)を計数し、対照と比較することで行われる。カンキツかいよう病菌がCp1またはCp2に感受性がある、すなわちCp1またはCp2に感染した場合、カンキツかいよう病菌は溶菌するため、プラークを計数することで、検定果実におけるカンキツかいよう病菌の有無を判定できる。

カンキツかいよう病菌のCp1およびCp2に対する感受性は、菌株によって異なるものの(非特許文献1参照)、カンキツかいよう病菌株の97%以上は、Cp1およびCp2の少なくとも一方に感受性を示す。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、バクテリオファージ、カンキツかいよう病菌の検出剤、カンキツかいよう病菌の検出方法、カンキツかいよう病の防除剤およびカンキツかいよう病の防除方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ファージ粒子の構造が、頭部と尾部とを含み、
前記頭部の直径が70~90nmであって、
カンキツかいよう病菌に感染する、
バクテリオファージ。

【請求項2】
 
前記尾部の長さが、
180~220nmである、
請求項1に記載のバクテリオファージ。

【請求項3】
 
カンキツかいよう病菌株MAFF311130に感染する、
請求項1または2に記載のバクテリオファージ。

【請求項4】
 
独立行政法人製品評価技術基盤機構特許微生物寄託センターに2014年6月18日に受領番号:NITE AP-01877で受領されたCpXである、
請求項1から3のいずれか一項に記載のバクテリオファージ。

【請求項5】
 
ゲノムDNAが標識されている、
請求項1から4のいずれか一項に記載のバクテリオファージ。

【請求項6】
 
請求項1から5のいずれか一項に記載のバクテリオファージを含む、
カンキツかいよう病菌の検出剤。

【請求項7】
 
請求項6に記載のカンキツかいよう病菌の検出剤を使用する、
カンキツかいよう病菌の検出方法。

【請求項8】
 
前記カンキツかいよう病菌の検出剤と検体由来の試料とを混合する混合ステップと、
前記混合ステップで得られた混合物に含まれるカンキツかいよう病菌を検出する検出ステップと、
を含む請求項7に記載のカンキツかいよう病菌の検出方法。

【請求項9】
 
前記検出ステップでは、
前記混合物を培養し、形成されるプラークに基づいて、前記混合物に含まれるカンキツかいよう病菌を検出する、
請求項8に記載のカンキツかいよう病菌の検出方法。

【請求項10】
 
前記検出ステップでは、
前記混合物を培養し、菌体の増殖量に基づいて、前記混合物に含まれるカンキツかいよう病菌を検出する、
請求項8に記載のカンキツかいよう病菌の検出方法。

【請求項11】
 
前記カンキツかいよう病菌の検出剤は、
請求項5に記載のバクテリオファージを含み、
前記検出ステップでは、
前記バクテリオファージの標識されたゲノムDNAを定量する、
請求項8に記載のカンキツかいよう病菌の検出方法。

【請求項12】
 
前記検出ステップでは、
前記混合物におけるカンキツかいよう病菌に吸着したバクテリオファージを定量する、
請求項8に記載のカンキツかいよう病菌の検出方法。

【請求項13】
 
請求項1から4のいずれか一項に記載のバクテリオファージを含む、
カンキツかいよう病の防除剤。

【請求項14】
 
請求項13に記載のカンキツかいよう病の防除剤を、植物または植物成長媒体に投与する投与ステップ、を含む、
カンキツかいよう病の防除方法。

【請求項15】
 
前記植物は、カンキツ類である、
請求項14に記載のカンキツかいよう病の防除方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014155585thum.jpg
State of application right Published


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close