Top > Search of Japanese Patents > CHIP BOARD

CHIP BOARD

Patent code P170013640
File No. 14030
Posted date Jan 25, 2017
Application number P2014-173289
Publication number P2016-047503A
Patent number P5817030
Date of filing Aug 27, 2014
Date of publication of application Apr 7, 2016
Date of registration Oct 9, 2015
Inventor
  • (In Japanese)小原 政信
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人広島大学
Title CHIP BOARD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a chip board which is extremely inexpensive, can reduce such a labor that a pipette tip is stored by manpower to an approximately fraction, and is suitably used for a work for storing the pipette chip in a chip rack.
SOLUTION: A chip board 10 is a chip board for aggregating a plurality of pipette chips 20 so as to be easily pinched with a forceps 40 while aligning directions of the pipette chips 20. The chip board 10 has such a form that two cones Ca11 and Cb 12 face each other, and the cone Ca11 and the cone Cb12 are bonded with a smooth curved surface 13 and have an opening 15 in the upper part thereof. When a height of the pipette chip 20 is represented by h, a distance l between an apex A of the cone Ca11 and an apex B of the cone Cb12 is l=3h to 6h. When an apex angle of the cone Ca11 is represented by θa and an apex angle of the cone Cb12 is represented by θb, θa=93° to 180° and θb=93° to 180° .
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

生化学分野、医療分野などにおいて試験、実験又は検査を行うとき、マイクロリッターレベルの各種の溶液を調製して、混合し、目的とする溶液内反応を行わせることが日常的に行われる。この際に、大量のピペットチップが使用されるが、試験等を効率的かつ安全に行うために、ピペットチップを予めチップラックに収納するとともに、これを滅菌した状態で準備しておくことが必要になる。例えば、96本のピペットチップを収納することができるチップラックに、散売りのピペットチップを人手で収納するには約10分を要し、このようなチップラックは数箱準備するだけでも大変な労力を要する。このため、予めピペットチップが滅菌されて収納されたチップラックが市販されている。

しかしながら、ピペットチップが収納されたチップラックは、高価であること、また、使用済みピペットチップは廃棄されるのに対し、チップラックは再使用可能であることから、市販されている安価な散売りピペットチップをチップラックに収納するピペットチップセット機が提案されている。

例えば、特許文献1に、ストッカーに投入された散売りのピペットチップをバケットコンベアにより振動するホッパー内に投入し、その底部から搬送レールに一列に並べて吊り下げた状態でピペットチップを取り出し、ガイドパイプを介して所定の姿勢に制御したピペットチップをチップラックのチップホールに落とし込んで収納するピペットチップセット機が提案されている。そして、このピペットチップセット機は、従来のピペットチップセット機よりも小型、軽量で振動が少ないと記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ピペットチップをチップラックに収納する作業に好適に使用されるチップボートに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
複数のピペットチップの方向をそろえてつまみやすいように集合させるチップボートであって、
ピペットチップの高さをhとするとき、大きさが3h~6hの長辺、3h~5hの短辺を有する長方形の樹脂シートのそれぞれの短辺の両隅部を中心方向対称に巻き込んで形成され、それぞれの短辺の中心点を頂点とする2つの円錐が底面を向き合わすように対向して上方に開口部を有する形態のチップボート。

【請求項2】
 
2つの円錐Ca、Cbがともに一の線分に重なる母線を有して底面を向き合わすように対向するとともに滑らかな曲面で結合され上方に開口部を有し、複数のピペットチップの方向をそろえてつまみやすいように集合させるチップボートであって、
前記円錐Ca、Cbは、両者の頂点間の距離が前記ピペットチップの高さをhとするときに
3h~6h、頂角がそれぞれ93°~180°であるチップボート。

【請求項3】
 
円錐Ca又は円錐Cbの円錐面で被われる部分は、その頂点から1.5h~2.5hの長さを有することを特徴とする請求項2に記載のチップボート。

【請求項4】
 
円錐Ca、Cbの頂角は等しいことを特徴とする請求項2又は3に記載のチップボート。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014173289thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close