Top > Search of Japanese Patents > MEASURING APPARATUS, MEASUREMENT SYSTEM, AND MEASURING METHOD

MEASURING APPARATUS, MEASUREMENT SYSTEM, AND MEASURING METHOD

Patent code P170013673
File No. S2015-1438-N0
Posted date Feb 1, 2017
Application number P2015-098814
Publication number P2016-214275A
Patent number P6516551
Date of filing May 14, 2015
Date of publication of application Dec 22, 2016
Date of registration Apr 26, 2019
Inventor
  • (In Japanese)熊澤 典良
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人鹿児島大学
Title MEASURING APPARATUS, MEASUREMENT SYSTEM, AND MEASURING METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a measuring apparatus, a measuring system, and a measuring method, eliminating the need of large scale facility and enabling measurement to be performed by one person.
SOLUTION: An acceleration sensor 11 detects acceleration speed. A speaker 2 outputs sound. When operation for starting measurement is performed, a microcomputer 15 causes the speaker 2 to output a signal gun sound for encouraging a start after outputting a sound encouraging preparation for the start, and starts detection of the acceleration speed with an acceleration sensor 11. The microcomputer measures, as a start reaction time, a time from the output of the signal gun sound by the speaker 2 to a time when the acceleration to be detected by the acceleration sensor 11 exceeds a threshold value by using a timer. A display part 3 displays the measured start reaction time. A measurement device 100 is mounted by a subject to be used.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来より、陸上競技において、選手の練習等をサポートする測定システムが提案されている(例えば、特許文献1)。

Field of industrial application (In Japanese)

この発明は、測定システムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
被検者に装着されて用いられる測定装置と、
被検者の通路に直交する方向に符号化されたデータを示す赤外線を送信する赤外線送信機と、
を備え、
前記測定装置は、
被検者によって操作可能な操作部と、
加速度を検出する加速度センサと、
音声を出力するスピーカと、
外部から送信させる赤外線を受光する受光部と、
前記操作部において測定開始の操作がなされると、前記スピーカにスタート準備を促す音を出力させた後、スタートを促す号砲音を出力させるとともに前記加速度センサでの加速度の検出を開始させ、前記スピーカが号砲音を出力してから前記加速度センサで検出される加速度が閾値を超えるまでの時間を、スタート反応時間として測定し、前記スピーカに号砲音を出力させてから、前記受光部で赤外線が受光されるまでの時間を記憶する制御部と、
前記制御部で測定されたスタート反応時間を表示する表示部と、
を備え
システム

【請求項2】
 
前記制御部は、
前記スピーカにスタート準備を促す音を出力させてから号砲音を出力するまでのスタート時間を、乱数に基づいて決定し、
前記スピーカにスタート準備を促す音を出力させてから、決定された時間を経過したときに号砲音を前記スピーカに出力させる、
請求項1に記載の測定システム

【請求項3】
 
前記制御部は、
測定されたスタート反応時間が、規定時間を下回る場合には、不正スタートである旨を前記表示部又は前記スピーカにアラーム出力させる、
請求項1又は2に記載の測定システム

【請求項4】
 
前記制御部は、
前記スピーカに号砲音を出力させてから、測定終了条件を満たすまで、前記加速度センサで検出された加速度を周期的に算出して、記憶する、
請求項1から3のいずれか一項に記載の測定システム

【請求項5】
 
前記赤外線送信機には、
赤外線の出射口の前記通路のスタート地点側の縁部に赤外線の拡散を制限する金属板が設けられている、
請求項1から4のいずれか一項に記載の測定システム。

【請求項6】
 
前記データは、スタート地点から何番目の赤外線送信機からの赤外線であるかを示している、
請求項1から5のいずれか一項に記載の測定システム。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015098814thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close