TOP > 国内特許検索 > 炎症及び脱髄の少なくとも一方を伴う神経疾患の検出方法

炎症及び脱髄の少なくとも一方を伴う神経疾患の検出方法

国内特許コード P170013691
整理番号 (12-5)
掲載日 2017年2月2日
出願番号 特願2014-548612
登録番号 特許第6226334号
出願日 平成25年11月21日(2013.11.21)
登録日 平成29年10月20日(2017.10.20)
国際出願番号 JP2013081385
国際公開番号 WO2014080979
国際出願日 平成25年11月21日(2013.11.21)
国際公開日 平成26年5月30日(2014.5.30)
優先権データ
  • 特願2012-256701 (2012.11.22) JP
発明者
  • 竹居 光太郎
  • 高橋 慶太
  • 鈴木 ゆめ
  • 五嶋 良郎
出願人
  • 公立大学法人横浜市立大学
発明の名称 炎症及び脱髄の少なくとも一方を伴う神経疾患の検出方法
発明の概要 多発性硬化症や視神経脊髄炎等の炎症及び脱髄の少なくとも一方を伴う神経疾患の確定診断に有用な新規な手段が開示されている。本発明が提供する炎症及び脱髄の少なくとも一方を伴う神経疾患(ただし脳梗塞を除く)の検出方法は、被検者から分離された試料中のCrtac1Bタンパク質を測定することを含み、Crtac1Bタンパク質量の低値により前記神経疾患の存在が検出される。
従来技術、競合技術の概要


多発性硬化症(MS)の確定診断マーカーとして、現在、脳脊髄液中に含まれるオリゴクローナルバンド、または血清中および髄液中のIgGの量的変化を評価するIgGインデックスが用いられている。しかしながら、これらはいずれもMS特異性はなく、臨床的にMSと診断される患者でも陰性である症例も少なくないため、これらの診断マーカーだけでは十分な診断に至らない(非特許文献1)。かつてはMSに包含されていた視神経脊髄炎(NMO: 現在では別病態として認定)患者の血清中に抗アクアポリン4抗体の抗体価が高値であること(非特許文献2)も病態関連マーカーとして存在するが、現在では別の病気として扱われている上、抗体陰性であっても診断基準を満たすこともあれば、抗体陽性であっても診断基準を満たさないこともあるため、更なる診断マーカーとの複合的な判定による診断が強く望まれている。上記以外に、多発性硬化症・視神経脊髄炎の鑑別診断にはMRI所見が参考にされる。また、髄膜炎・髄膜脳炎・脳炎・脳症においては、脳脊髄液に細胞(単球・多核球等)が認められることやグルコース量の低下(細菌性・結核性・真菌性髄膜炎等)などが主たる診断基準であるが、これらの検査所見が乏しい髄膜炎・髄膜脳炎・脳炎・脳症も多数見られ、また分子マーカーによる診断は存在しない。



一方、多発性硬化症・視神経脊髄炎の多くは確定診断後も再発と緩解を繰り返しながら機能障害が増悪し、一部には活動性が治まらず持続的に機能障害が増悪する経過を辿る。急性的に発症する再発または活動性亢進時にこれらの病態を評価・診断して速やかに治療を行うことが機能障害の増悪を防ぐ主たる急性期治療となるが、これらの病態を評価する方法としてMRIを用いることが一般的である。しかし、MRI検査が可能な施設は限られており、また設備があったとしても緊急的に検査施行できる施設はより限られている。また、MRI検査以外には、髄液中のミエリン塩基性タンパク質(MBP)の検出が再発の診断に用いられることがあるが(非特許文献3)、特異性に欠けるために診断には至らない。髄膜炎においては病勢を診断する客観的な指標は存在しない。



特許文献1には、血漿中のCrtac1タンパク質の低値を指標として脳梗塞の検出や脳梗塞の病型判別を行なう方法が記載されている。しかしながら、多発性硬化症等の炎症及び脱髄の少なくとも一方を伴う神経疾患を早期に確定診断するための方法は全く開示されていない。

産業上の利用分野


本発明は、炎症及び脱髄の少なくとも一方を伴う神経疾患の検出方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
被検者から分離された試料中のCrtac1Bタンパク質を測定することを含む、炎症及び脱髄の少なくとも一方を伴う神経疾患(ただし脳梗塞を除く)の検出方法であって、前記神経疾患は、多発性硬化症、視神経脊髄炎、ギランバレー症候群、慢性炎症性脱髄性多発神経炎、髄膜炎、髄膜脳炎、及び神経サルコイドーシスから選択される少なくとも1種であり、前記試料中のCrtac1Bタンパク質量の測定値が健常者集団の試料中のCrtac1Bタンパク質量平均値よりも有意に低い場合に前記神経疾患の存在が検出される、方法。

【請求項2】
前記試料が血液又は脳脊髄液である請求項記載の方法。

【請求項3】
前記試料中のCrtac1Bタンパク質量の測定値がカットオフ値未満であった場合に前記神経疾患が検出され、該カットオフ値は、正常コントロール群由来の試料中のCrtac1Bタンパク質濃度の平均値を1とした相対濃度で0.6~0.8の間の値である、請求項1又は2記載の方法。

【請求項4】
前記試料中のCrtac1Bタンパク質量の測定値がカットオフ値未満であった場合に前記神経疾患が検出され、前記試料は脳脊髄液であり、該カットオフ値は、11.5μg/dL~16.0μg/dLの間の値、又は8.7μg/dL~12.0μg/dLの間の値である、請求項2記載の方法。

【請求項5】
前記神経疾患の再発を検出する方法である請求項1ないしのいずれか1項に記載の方法。

【請求項6】
前記神経疾患の経過又は治療効果をモニタリングする方法である請求項1ないしのいずれか1項に記載の方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2014548612thum.jpg
出願権利状態 登録
※ ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close