Top > Search of Japanese Patents > SUPPORTER FOR DRIP INFUSION

SUPPORTER FOR DRIP INFUSION

Patent code P170013701
File No. 28‐2
Posted date Feb 7, 2017
Application number P2016-094209
Publication number P2017-018575A
Date of filing May 10, 2016
Date of publication of application Jan 26, 2017
Priority data
  • P2015-137935 (Jul 9, 2015) JP
Inventor
  • (In Japanese)中村 守彦
  • (In Japanese)矢野 牧江
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人島根大学
Title SUPPORTER FOR DRIP INFUSION
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a supporter for drip infusion, achieving a decrease in extraction events and decreasing stress on a to-be-used person.
SOLUTION: A supporter 1 for drip infusion, to be used when performing drip infusion of puncture to the back of the elbow, and holding an indwelling needle N attached with a tube T includes: a pad cloth part 10 covering part of around the arm; and a band part 20 as a belt of a hook-and-loop fastener 21 of a prescribed width, included in the end of the pad cloth part 10, increasing covering property of the cloth part 10 by winding around the arm, and fixing the tube T. A pattern or a hue or their combination appears on at least one of the pad cloth part 10 and the band part 20, based on the kind of drip infusion and/or the time of drip infusion and/or the preference of a to-be-used person.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

大学病院などの大型の医療施設では24時間の持続点滴を必要とする患者も多く、静脈留置針の自己抜去の例が増加している。これは、認知症等疾患が原因であったり拘束感等のストレスが原因であったりする。

また、救急車で運ばれるなどの急性期における混乱の中、意図せずチューブが引っぱられてしまうなどしてライン抜去が生じる場合もある。

そして従来は、固定テープによって留置針やそれに連なるチューブを皮膚表面にそのまま張り付けて固定性や保持性を確保していた。

しかしながら、固定テープは、剥がし易さや皮膚への影響も考慮したものであるため粘着力は大きくなく、固定性や保持性は必ずしも高くない。

そして当然ながら、自己抜去にせよライン抜去にせよ、抜去が生じた場合には看護師等が速やかにこれを知得したいという潜在的な要請がある。

一方、患者側では点滴がいつ終わるか通常分からず、点滴はストレスを伴うものであった。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、点滴用サポータに関し、特に、点滴がおこなわれる者すなわち被使用者に安心感を与え、自己抜去や過誤的な抜去が抑制される点滴用サポータに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
上肢所定箇所への点滴の際に用いる、チューブ付の針を保持する点滴用サポータであって、
上肢まわりの全部または一部を覆う当て布部と、
当て布部の端部または中途に備わり、上肢まわりを捲回または締めつけて当て布部の被覆性を高めるとともにチューブを固定する固定部と、
を有し、
当て布部と固定部との少なくとも一方に、点滴の種類および/または点滴の時間および/または被使用者の嗜好に基づいて、模様若しくは色彩又はこれらの結合が表出していることを特徴とする点滴用サポータ。

【請求項2】
 
上肢所定箇所は腕の所定箇所であって、
当て布部は、腕まわりの一部を覆う幅の略四角形の形状であり、
固定部は、所定幅の面ファスナの帯であるバンド部として構成され、
バンド部を略平行に二つ備え、
バンド部の間に当て布部を配したことを特徴とする請求項1に記載の点滴用サポータ。

【請求項3】
 
凹条が形成され腕の保持安定性を高める台座体を備えたことを特徴とする請求項2に記載の点滴用サポータ。

【請求項4】
 
上肢所定箇所は手首から先の所定箇所であって、
当て布部は手袋であることを特徴とする請求項1に記載の点滴用サポータ。

【請求項5】
 
チューブ付きの針と共に貼着テープにより皮膚に貼着された磁石、その他貼着テープにより皮膚に貼着された磁石、に関し、
サポータを取り付けた際に、当該磁石近傍に位置する当て布部部分または固定部部分に磁束密度の変化を検出する磁気センサが縫着ないし取り付けられており、サポータのずれを検出可能としたことを特徴とする請求項1~4のいずれか一つに記載の点滴用サポータ。

【請求項6】
 
固定部の上肢まわりの捲回を剥がすとまたは締め付けを緩めると電気信号を発する発信器が埋入または縫着されていることを特徴とする請求項1~4のいずれか一つに記載の点滴用サポータ。

【請求項7】
 
チューブを固定部または当て布部の外表面にて固定する面ファスナが形成された第二バンドを設けたことを特徴とする請求項1~6のいずれか一つに記載の点滴用サポータ。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016094209thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close