TOP > 国内特許検索 > 心不全患者に対する内科的治療が有効であるか否かを予測するためのデータを収集する方法

心不全患者に対する内科的治療が有効であるか否かを予測するためのデータを収集する方法

国内特許コード P170013710
整理番号 S2016-0947-N0
掲載日 2017年2月16日
出願番号 特願2016-160569
公開番号 特開2018-027048
出願日 平成28年8月18日(2016.8.18)
公開日 平成30年2月22日(2018.2.22)
発明者
  • 南野 徹
  • 清水 逸平
出願人
  • 国立大学法人 新潟大学
発明の名称 心不全患者に対する内科的治療が有効であるか否かを予測するためのデータを収集する方法
発明の概要 【課題】内科的治療が有効である心不全患者と、内科的治療が有効でない心不全患者を識別する技術を提供する。
【解決手段】心不全患者に対する内科的治療が有効であるか否かを予測するためのデータを収集する方法であって、上記心不全患者に由来する心筋生検試料中の心筋細胞中のミトコンドリアのサイズを測定する工程、上記心筋細胞中のミトコンドリアの密度を測定する工程、又は上記心筋細胞におけるMitofusin-1遺伝子若しくはタンパク質の発現量を測定する工程を備える方法。
【選択図】なし
従来技術、競合技術の概要


重症心不全は予後が不良な疾患である。心不全については、心筋におけるエネルギー代謝の変化(心筋代謝リモデリング)が生じることにより、病態が促進することが明らかにされているが、その分子機序の多くは謎である(例えば、非特許文献1を参照。)。



心不全患者に対しては、β遮断薬、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬等を投与する、内科的治療が標準的に行われている。内科的治療により、心不全患者の予後が改善される場合がある一方で、中には内科的治療が奏功しない患者群が存在し、これらの患者は予後が非常に不良である。

産業上の利用分野


本発明は、心不全患者に対する内科的治療が有効であるか否かを予測するためのデータを収集する方法に関する。より詳細には、心不全患者に対する内科的治療が有効であるか否かを予測するためのデータを収集する方法、心不全患者に対する内科的治療が有効であるか否かを試験する方法、及びキットに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
心不全患者に対する内科的治療が有効であるか否かを予測するためのデータを収集する方法であって、前記心不全患者に由来する心筋生検試料中の心筋細胞中のミトコンドリアのサイズを測定する工程、前記心筋細胞中のミトコンドリアの密度を測定する工程、又は前記心筋細胞におけるMitofusin-1遺伝子若しくはタンパク質の発現量を測定する工程を備える方法。

【請求項2】
心不全患者に由来する心筋生検試料の厚さ50~200nmの切片を用いて心筋細胞中のミトコンドリアの面積を測定し、前記ミトコンドリアの平均面積が0.27μm/個以上であれば内科的治療が有効であり、前記平均面積が0.21μm/個以下であれば内科的治療が有効でないという基準と比較することにより、前記心不全患者に対する内科的治療が有効であるか否かを試験する方法。

【請求項3】
心不全患者に由来する心筋生検試料の厚さ50~200nmの切片を用いて心筋細胞中のミトコンドリアの平均密度を測定し、前記ミトコンドリアの平均密度が0.4個/μm以上であれば内科的治療が有効であり、前記平均密度が0.3個/μm以下であれば内科的治療が有効でないという基準と比較することにより、前記心不全患者に対する内科的治療が有効であるか否かを試験する方法。

【請求項4】
心不全患者に由来する心筋生検試料中の心筋細胞におけるMitofusin-1遺伝子の発現量を測定し、Cytochrome C Oxidase Subunit 6A1(COX6A1)遺伝子の発現量を1とした場合のMitofusin-1遺伝子の発現量の相対値が0.7以上であれば内科的治療が有効であり、前記相対値が0.5以下であれば内科的治療が有効でないという基準と比較することにより、前記心不全患者に対する内科的治療が有効であるか否かを試験する方法。

【請求項5】
Mitofusin-1タンパク質に対する特異的結合物質、
Mitofusin-1遺伝子のcDNAを増幅するためのプライマーセット、又は
Mitofusin-1遺伝子のmRNAに相補的なプローブ、
を備える、心不全患者に対する内科的治療が有効であるか否かを予測するためのキット。
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 公開
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」までお問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close