Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)軟骨細胞の調製方法

(In Japanese)軟骨細胞の調製方法

Patent code P170013777
File No. (S2013-0774-N0)
Posted date Mar 15, 2017
Application number P2015-506846
Patent number P6341574
Date of filing Mar 20, 2014
Date of registration May 25, 2018
International application number JP2014057673
International publication number WO2014148592
Date of international filing Mar 20, 2014
Date of international publication Sep 25, 2014
Priority data
  • P2013-058534 (Mar 21, 2013) JP
Inventor
  • (In Japanese)谷口 英樹
  • (In Japanese)武部 貴則
  • (In Japanese)小林 眞司
Applicant
  • (In Japanese)公立大学法人横浜市立大学
Title (In Japanese)軟骨細胞の調製方法
Abstract (In Japanese)従来法が抱えている問題を解決できる、軟骨組織の構築を可能とする軟骨細胞の調製方法を提供する。
軟骨形成細胞を血管細胞と共培養することを含む、軟骨細胞の調製方法。前記方法により調製された軟骨細胞を含む、軟骨再生医療用組成物。前記方法により調製された軟骨細胞、該軟骨細胞から形成された軟骨組織及び/又は該軟骨組織由来の細胞を用いて、医薬品として有効な薬剤をスクリーニングする方法。前記方法により調製された軟骨細胞、該軟骨細胞から形成された軟骨組織及び/又は該軟骨組織由来の細胞を用いて、軟骨細胞が産生する基質を調製する方法。前記方法により調製された軟骨細胞を生体内に移植し、軟骨組織を形成させることを含む、軟骨再生方法。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ヒト軟骨組織は、先天的に欠損していたり、後天的に損傷あるいは欠損すると、通常は再生されない。このようなヒト軟骨疾患に対する従来の治療としては、自己の他部位から軟骨組織を採取し欠損部位に移植する方法があるが、採取部位や量が限定されてしまうことが問題であった。そこで、本発明者らは過去に、自己の軟骨膜に由来する軟骨形成細胞を一部採取して生体外で拡大培養した後、サイトカインなどの誘導因子を添加することにより平面培養下で軟骨細胞へと分化誘導を行う方法を開発した(特許文献1、非特許文献1)。

一方、軟骨組織の修復を目的とした3次元軟骨組織を作成する手段としては、培養軟骨形成細胞を多数の孔を有する生体適合性足場材等の担体に充填・付着させ、移植材を形成する方法が知られている(特許文献2~5)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、軟骨細胞の調製方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
0.5~25 kPaの硬度を有する基材上又はU底形状若しくはV底形状のプレート上で、軟骨細胞、未熟軟骨細胞又は軟骨前駆細胞血管内皮細胞と共培養して、三次元組織の自律的な形成を誘導することを含む、軟骨細胞の調製方法。

【請求項2】
 
軟骨細胞、未熟軟骨細胞又は軟骨前駆細胞血管内皮細胞と共培養することで、軟骨細胞、未熟軟骨細胞又は軟骨前駆細胞が増幅する請求項1記載の方法。

【請求項3】
 
線維芽細胞増殖因子2(bFGF(FGF2))、線維芽細胞増殖因子4(FGF4)、線維芽細胞増殖因子5(FGF5)、骨形成因子2(BMP2)、骨形成因子3(BMP3)、骨形成因子4(BMP4)、骨形成因子6(BMP6)、結合組織増殖因子(CTGF)、トランスフォーミング増殖因子β1(TGF-β1)、トランスフォーミング増殖因子β2(TGF-β2)、トランスフォーミング増殖因子β3(TGF-β3)、インスリン様成長因子1(IGF-1)、肝細胞増殖因子(HGF)、アグリカン(Aggrecan)、ヒアルロン酸(Hyaluronic Acid)、内皮細胞成長因子(ECGF)、内皮細胞増殖因子(ECGS)、内皮細胞由来成長因子(ECDGF)、上皮成長因子(EGF)、酸性繊維芽細胞成長因子(acidic FGF)、マクロファージ由来成長因子(MDGF)、血小板由来成長因子(PDGF)、腫瘍血管新生因子(TAF)、血管内皮増殖因子(VEGF)ウシ脳抽出液(BBE)、ウシ脳下垂体抽出液(BPE)、糖質コルチコイド、コレステロール、各種ビタミンからなる群より選択される少なくとも1つの成分の存在下で、軟骨細胞、未熟軟骨細胞又は軟骨前駆細胞血管内皮細胞と共培養する請求項1又は2に記載の方法。

【請求項4】
 
軟骨細胞、未熟軟骨細胞又は軟骨前駆細胞血管内皮細胞を1:0.3~1の混合比で共培養する請求項1~3のいずれかに記載の方法。

【請求項5】
 
軟骨細胞が、肋骨軟骨、鼻軟骨、耳軟骨、気管軟骨、喉頭軟骨、甲状軟骨、披裂軟骨、環状軟骨、腱、靭帯、関節間軟骨及び椎間板からなる群より選択される組織から得られたものである請求項1~4のいずれかに記載の方法。

【請求項6】
 
未熟軟骨細胞又は軟骨前駆細胞が、軟骨、軟骨膜、骨髄、胎盤、臍帯、皮膚、筋肉、脂肪及び骨膜からなる群より選択される組織から得られたものである請求項1~4のいずれかに記載の方法。

【請求項7】
 
軟骨細胞、未熟軟骨細胞又は軟骨前駆細胞血管内皮細胞が同じ個体に由来する請求項1~6のいずれかに記載の方法。

【請求項8】
 
軟骨細胞、未熟軟骨細胞又は軟骨前駆細胞血管内皮細胞が異なる個体に由来する請求項1~6のいずれかに記載の方法。

【請求項9】
 
三次元組織に血管構造が認められる請求項1~8のいずれかに記載の方法。

【請求項10】
 
0.5~25 kPaの硬度を有する基材上又はU底形状若しくはV底形状のプレート上で、軟骨細胞、未熟軟骨細胞又は軟骨前駆細胞血管内皮細胞と共培養して、自律的に形成された三次元組織を含む、軟骨再生医療用組成物。

【請求項11】
 
三次元組織に血管構造が認められる請求項10記載の組成物。

【請求項12】
 
生体内に移植し、軟骨組織を形成させるために用いられる請求項10又は11に記載の組成物。

【請求項13】
 
生体内に移植した後、血管網が構築される請求項12記載の組成物。

【請求項14】
 
血管網に血管潅流が生じる請求項13記載の組成物。

【請求項15】
 
血管網が構築された後、消失し、血管構造を欠く軟骨組織が形成される請求項14記載の組成物。

【請求項16】
 
0.5~25 kPaの硬度を有する基材上又はU底形状若しくはV底形状のプレート上で、軟骨細胞、未熟軟骨細胞又は軟骨前駆細胞血管内皮細胞と共培養して、自律的に形成された三次元組織、該三次元組織をヒト以外の動物の生体内に移植して形成された軟骨組織及び/又は該軟骨組織由来の細胞を用いて、医薬品として有効な薬剤をスクリーニングする方法。

【請求項17】
 
三次元組織に血管構造が認められる請求項16記載の方法。

【請求項18】
 
0.5~25 kPaの硬度を有する基材上又はU底形状若しくはV底形状のプレート上で、軟骨細胞、未熟軟骨細胞又は軟骨前駆細胞血管内皮細胞と共培養して、自律的に形成された三次元組織、該三次元組織をヒト以外の動物の生体内に移植して形成された軟骨組織及び/又は該軟骨組織由来の細胞を用いて、軟骨細胞が産生する基質を調製する方法。

【請求項19】
 
三次元組織に血管構造が認められる請求項18記載の方法。

【請求項20】
 
0.5~25 kPaの硬度を有する基材上又はU底形状若しくはV底形状のプレート上で、軟骨細胞、未熟軟骨細胞又は軟骨前駆細胞血管内皮細胞と共培養して、自律的に形成された三次元組織をヒト以外の動物の生体内に移植し、軟骨組織を形成させることを含む、軟骨再生方法。

【請求項21】
 
三次元組織に血管構造が認められる請求項20記載の方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015506846thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close