Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)アミノ酸製剤による細胞増幅法

(In Japanese)アミノ酸製剤による細胞増幅法

Patent code P170013778
File No. (S2013-0994-N0)
Posted date Mar 15, 2017
Application number P2015-518230
Patent number P6265385
Date of filing May 19, 2014
Date of registration Jan 5, 2018
International application number JP2014063181
International publication number WO2014188994
Date of international filing May 19, 2014
Date of international publication Nov 27, 2014
Priority data
  • P2013-106289 (May 20, 2013) JP
Inventor
  • (In Japanese)谷口 英樹
  • (In Japanese)武部 貴則
  • (In Japanese)上野 康晴
  • (In Japanese)小池 博之
Applicant
  • (In Japanese)公立大学法人横浜市立大学
Title (In Japanese)アミノ酸製剤による細胞増幅法
Abstract (In Japanese)効率よく安価に未分化臓器細胞から機能細胞を創出する方法を提供する。
1 mM以上の濃度の分岐鎖アミノ酸の存在下で、未分化肝細胞を培養することを含む、未分化肝細胞の増幅方法。肝細胞への分化誘導方法、肝細胞の調製方法、肝細胞への分化が可能な細胞の選別法、培地、未分化肝細胞の増殖促進剤及び肝細胞への分化誘導剤も提供される。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、様々な機能細胞へ分化する能力を有するiPS細胞などの多能性幹細胞を分化誘導することにより、創薬スクリーニングや再生医療に有益なヒト機能細胞を創出する方法が注目されている。

一般的には、多能性幹細胞の培養系にサイトカインを始めとしたタンパク質製剤などを添加することで、幹細胞の維持増幅、及び各種機能細胞への分化誘導が試みられている(特許文献1~3、非特許文献1)。

しかし、上記のような従来の培養法においては、目的とする臓器細胞を分化誘導する上で必要となるタンパク質製剤が極めて高額であることが重大な課題となっている。中でも肝臓などのように、再生医療・産業応用に超大量の細胞(1011cells)が必要な臓器の場合、細胞の製造に莫大なコストを要することとなり、多能性幹細胞を利用した応用を阻む最大の障壁と考えられている。

したがって、ES細胞あるいはiPS細胞などの多能性幹細胞を用いた再生医療・産業応用の実現化を目指すためには、いかに効率よくかつ安価に未分化な臓器細胞から機能細胞を大量に精製するか、という点が重大な課題と考えられている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、アミノ酸製剤による細胞増幅法に関し、より詳細には、アミノ酸製剤を用いて細胞を培養することにより、細胞を増幅する方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項12】
 
1.0~20mMの濃度のバリンの存在下で、未分化肝細胞を培養することを含む、未分化肝細胞の増幅方法であって、未分化肝細胞がマウス胎児のE11.5の時期に対応する分化段階のレベルの細胞である前記方法。

【請求項13】
 
1.0~20mMの濃度のバリンの存在下で、未分化肝細胞を培養することにより、未分化肝細胞を増幅し、かつ肝細胞への分化を誘導することを含む、肝細胞の調製方法であって、未分化肝細胞がマウス胎児のE11.5の時期に対応する分化段階のレベルの細胞である前記方法。

【請求項14】
 
未分化肝細胞において、GATA binding protein 4/6、Hepatocyte nuclear factor 4 alpha、HHEX1及びα-フェトプロテインからなる群より選択される少なくとも1つのマーカーの発現レベルがES細胞及び/又はiPS細胞と比較して増加している請求項12又は13に記載の方法。

【請求項15】
 
未分化肝細胞において、アルブミン、レチノール結合タンパク質4、アシアロ糖タンパク質レセプター1、アンジオテンシノーゲン、トランスフェリン、フィブリノゲンα鎖、アポリポプロテインA-1、ホモゲンチジン酸及びCarbamoyl-Phosphate Synthase 1からなる群より選択される少なくとも1つのマーカーの発現レベルが他の分化段階の細胞と比較して減少している請求項12又は13に記載の方法。

【請求項16】
 
未分化肝細胞において、BCAT1の発現レベルがES細胞及び/又はiPS細胞と比較して増加している請求項12又は13に記載の方法。

【請求項17】
 
1.0~20mMの濃度のバリンの存在下で、未分化肝細胞を培養することにより、胆管上皮細胞の出現を抑制し、肝細胞を創出することを含む、肝細胞への分化が可能な細胞の選別法。

【請求項18】
 
バリンの濃度が2~10mMである請求項12~17のいずれかに記載の方法。

【請求項19】
 
バリンの濃度が4mMである請求項18記載の方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015518230thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close