Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)有機エレクトロルミネッセンス素子

(In Japanese)有機エレクトロルミネッセンス素子

Patent code P170013802
File No. J1014-07WO
Posted date Mar 16, 2017
Application number P2014-521492
Patent number P6284157
Date of filing Jun 19, 2013
Date of registration Feb 9, 2018
International application number JP2013066852
International publication number WO2013191212
Date of international filing Jun 19, 2013
Date of international publication Dec 27, 2013
Priority data
  • P2012-139197 (Jun 20, 2012) JP
  • P2012-155830 (Jul 11, 2012) JP
  • P2012-217351 (Sep 28, 2012) JP
  • P2012-267752 (Dec 7, 2012) JP
  • P2013-037852 (Feb 27, 2013) JP
  • P2013-071154 (Mar 29, 2013) JP
Inventor
  • (In Japanese)細野 秀雄
  • (In Japanese)戸田 喜丈
  • (In Japanese)伊藤 節郎
  • (In Japanese)渡邉 暁
  • (In Japanese)宮川 直通
  • (In Japanese)伊藤 和弘
  • (In Japanese)渡邉 俊成
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
  • (In Japanese)国立大学法人東京工業大学
  • (In Japanese)旭硝子株式会社
Title (In Japanese)有機エレクトロルミネッセンス素子
Abstract (In Japanese)有機エレクトロルミネッセンス素子であって、陽極、発光層、および陰極をこの順に有し、前記発光層と前記陰極の間には、電子注入層が配置され、該電子注入層は、非晶質C12A7エレクトライドで構成されていることを特徴とする有機エレクトロルミネッセンス素子。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

有機エレクトロルミネッセンス素子は、ディスプレイ、バックライト、および照明用途等に広く用いられている。

一般に、有機エレクトロルミネッセンス素子は、陽極と、陰極と、これらの電極間に設置された有機発光層とを有する。電極間に電圧を印加すると、それぞれの電極から、有機発光層にホールおよび電子が注入される。このホールと電子が有機発光層内で再結合された際に、結合エネルギーが生じ、この結合エネルギーによって有機発光層中の有機発光材料が励起される。励起した発光材料が基底状態に戻る際に発光が生じるため、これを利用することにより、発光素子が得られる。

なお、通常の場合、有機エレクトロルミネッセンス素子は、さらに、ホール注入層および/またはホール輸送層、ならびに電子注入層および/または電子輸送層を有する。ホール注入層およびホール輸送層は、陽極と有機発光層の間に配置され、有機発光層にホールを選択的に注入する役割を有する。また、電子注入層および電子輸送層は、陰極と有機発光層の間に配置され、有機発光層に電子を選択的に注入する役割を有する。従って、これらの層を配置することにより、有機エレクトロルミネッセンス素子の発光効率を高めることができる(特許文献1)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、有機エレクトロルミネッセンス素子に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
有機エレクトロルミネッセンス素子を有する発光装置であって、
当該発光装置は、表示装置または照明装置であり、
前記有機エレクトロルミネッセンス素子は、
陽極、発光層、および陰極をこの順に有し、
前記発光層と前記陰極の間には、電子注入層が配置され、
該電子注入層は、非晶質C12A7エレクトライドで構成され
前記発光層と前記電子注入層の間には、電子輸送層が配置され、
前記電子輸送層は、アモルファスであり、ZnO-SiO2、In2O3-SiO2、SnO2-SiO2、In-Ga-Zn-O、またはIn-Zn-Oで構成されることを特徴とする発光装置。

【請求項2】
 
有機エレクトロルミネッセンス素子を有する発光装置の製造方法であって、
前記発光装置は、表示装置または照明装置であり、
前記有機エレクトロルミネッセンス素子は、陽極、発光層、および陰極をこの順に有し、前記発光層と前記陰極の間に、電子注入層が配置され、
電子密度が2.0×1018cm-3~2.3×1021cm-3の結晶質C12A7エレクトライドのターゲットであって、直径3インチ以上の面積を有するターゲットを用いて、0.1Pa未満の酸素分圧の雰囲気下でスパッタリング法により成膜することにより、非晶質エレクトライドの薄膜で構成される電子注入層を形成することを特徴とする製造方法。

【請求項3】
 
有機エレクトロルミネッセンス素子を有する発光装置であって、
当該発光装置は、表示装置または照明装置であり、
前記有機エレクトロルミネッセンス素子は、陽極、発光層、および陰極をこの順に有し、
前記発光層と前記陰極の間には、電子注入層が配置され、
該電子注入層は、カルシウム、アルミニウム、および酸素を含む非晶質固体物質のエレクトライドの薄膜で構成され
前記発光層と前記電子注入層の間には、電子輸送層が配置され、
前記電子輸送層は、アモルファスであり、ZnO-SiO2、In2O3-SiO2、SnO2-SiO2、In-Ga-Zn-O、またはIn-Zn-Oで構成されることを特徴とする発光装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014521492thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close