Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)ナノカプセル、組成物、ポリヌクレオチド、組換えベクター及び形質転換体

(In Japanese)ナノカプセル、組成物、ポリヌクレオチド、組換えベクター及び形質転換体

Patent code P170013812
File No. (S2013-0795-N0)
Posted date Mar 16, 2017
Application number P2015-508414
Patent number P6406759
Date of filing Mar 20, 2014
Date of registration Sep 28, 2018
International application number JP2014057776
International publication number WO2014156958
Date of international filing Mar 20, 2014
Date of international publication Oct 2, 2014
Priority data
  • P2013-065627 (Mar 27, 2013) JP
Inventor
  • (In Japanese)村田 正治
  • (In Japanese)橋爪 誠
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州大学
Title (In Japanese)ナノカプセル、組成物、ポリヌクレオチド、組換えベクター及び形質転換体
Abstract (In Japanese)ナノカプセルは、配列番号1に示されるアミノ酸配列に、N末端から始まる疎水性ヘリックス領域を改変する第1のアミノ酸配列、及びユビキチン化されうる部位に対応する第2のアミノ酸配列の少なくとも一方が付加されたアミノ酸配列からなるタンパク質を含む。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

薬物輸送システム(DDS)として、ポリ乳酸及びキトサン等の生体親和性の高分子材料が用いられている。高分子材料は、工業的な大量生産が可能であり、DDSの材料として期待されているが、内包する薬物の送達部位における薬効及び送達部位の特異性を向上させることは難しい。一方、遺伝子を送達する方法として、ウイルスベクター又は非ウイルスベクターを用いる方法が検討されているが、染色体異常、遺伝子の発現効率の低さ等の問題が指摘されている。

新たなDDSの材料として、タンパク質をベースにしたナノカプセルが検討されている。例えば、特許文献1には、表面に外来ペプチドを挿入したパホバウイルスのカプシドタンパク質が開示されている。外来ペプチドをカプシドタンパク質に導入することで、当該ウイルスカプシドタンパク質で形成されるウイルス様粒子の細胞指向性を制御できるので、送達部位の特異性を向上させることができる。

非特許文献1には、所定の細胞に特異的に送達されるように改変された古細菌メタノコッカス・ジャナシ(Methanococcus jannaschii)に由来する熱ショックタンパク質(HSP)で形成された構造体が開示されている。HSPの表面には、ターゲッティングペプチド又は抗体が組み込まれている。ターゲッティングペプチド又は抗体と所定の細胞に発現している標的分子との結合を介して、HSPで形成された構造体は所定の細胞に特異的に送達される。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ナノカプセル、組成物、ポリヌクレオチド、組換えベクター及び形質転換体に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記(a)~(d)からなる群から選択されるアミノ酸配列からなるタンパク質を含み、
該タンパク質の自己組織化によって形成された構造体である、
ナノカプセル。
(a)配列番号1に示されるアミノ酸配列のN末端に、前記アミノ酸配列のN末端から32残基又は33残基までのアミノ酸配列から構成される疎水性ヘリックス領域が1個以上付加されたアミノ酸配列、
(b)前記(a)のアミノ酸配列に、ユビキチン化されうる部位を構成するアミノ酸配列が前記構造体において外部に提示される位置にさらに付加されたアミノ酸配列、
(c)前記(a)又は(b)のアミノ酸配列のC末端に、iRGDペプチドに対応するアミノ酸配列がさらに付加されたアミノ酸配列、及び
(d)前記(a)、(b)又は(c)のアミノ酸配列に、10個以下のアミノ酸の置換、欠失及び付加の少なくとも1つの改変がさらに加えられたアミノ酸配列

【請求項2】
 
前記ユビキチン化されうる部位を構成するアミノ酸配列は、
低酸素誘導因子-1のアミノ酸配列に含まれる配列番号8に示すアミノ酸配列である、
ことを特徴とする請求項1に記載のナノカプセル。

【請求項3】
 
請求項1又は2に記載されたナノカプセルと、
前記ナノカプセルに内包される薬物と、
を含む組成物。

【請求項4】
 
前記薬物は、
造影剤である、
ことを特徴とする請求項3に記載の組成物。

【請求項5】
 
前記薬物は、
抗がん剤である、
ことを特徴とする請求項3に記載の組成物。

【請求項6】
 
下記(a)~(d)からなる群から選択されるアミノ酸配列をコードする塩基配列からなり、
該アミノ酸配列からなるタンパク質は、自己組織化によって構造体を形成する、
ポリヌクレオチド。
(a)配列番号1に示されるアミノ酸配列のN末端に、前記アミノ酸配列のN末端から32残基又は33残基までのアミノ酸配列から構成される疎水性ヘリックス領域が1個以上付加されたアミノ酸配列、
(b)前記(a)のアミノ酸配列に、ユビキチン化されうる部位を構成するアミノ酸配列が前記構造体において外部に提示される位置にさらに付加されたアミノ酸配列、
(c)前記(a)又は(b)のアミノ酸配列のC末端に、iRGDペプチドに対応するアミノ酸配列がさらに付加されたアミノ酸配列、及び
(d)前記(a)、(b)又は(c)のアミノ酸配列に、10個以下のアミノ酸の置換、欠失及び付加の少なくとも1つの改変がさらに加えられたアミノ酸配列

【請求項7】
 
請求項6に記載のポリヌクレオチドを含む組換えベクター。

【請求項8】
 
請求項7に記載の組換えベクターを含む形質転換体。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015508414thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close