Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)水または海水との摩擦抵抗の小さい防汚塗膜

(In Japanese)水または海水との摩擦抵抗の小さい防汚塗膜

Patent code P170013818
File No. (S2013-0612-N0)
Posted date Mar 16, 2017
Application number P2015-505445
Patent number P6464509
Date of filing Mar 7, 2014
Date of registration Jan 18, 2019
International application number JP2014056016
International publication number WO2014142035
Date of international filing Mar 7, 2014
Date of international publication Sep 18, 2014
Priority data
  • P2013-050365 (Mar 13, 2013) JP
Inventor
  • (In Japanese)平沢 洋治
  • (In Japanese)岩井 薫
  • (In Japanese)北野 克和
Applicant
  • (In Japanese)株式会社エステン化学研究所
  • (In Japanese)国立大学法人奈良女子大学
  • (In Japanese)国立大学法人東京農工大学
Title (In Japanese)水または海水との摩擦抵抗の小さい防汚塗膜
Abstract (In Japanese)本発明は、船舶、水路等のように海水との摩擦が生じる箇所において、海水との摩擦抵抗を低減することができる水中摩擦低減防汚塗膜を提供する。
本発明は高分子ハイドロゲルから構成される塗膜中に防汚剤を含有する防汚塗膜であって、該防汚塗膜が、膨潤度10~80%およびヤング率500~30,000N/cm2を有することを特徴する水または海水との摩擦抵抗の小さい防汚塗膜およびそれを形成する防汚塗料組成物を提供する。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

防汚塗料の主要な役割は藻類や貝類付着を防止して、船舶等のスムーズな航行を助けたり、発電所などの海水を導入する水路の場合は高い冷却効率を長期間維持したり、また漁業用の網の場合は網の目詰まりを防止したり、水中構造物の耐用年数を高めるために海棲生物の付着を防止したりすることが行われる。

船舶等の海棲生物付着防止は船舶のスムーズな航行には欠かせないが、昨今の燃費の向上などで付着防止だけでなく低燃費航行を実現する塗膜が強く求められている。また導水路では電力エネルギー効率を高めるため海水との低摩擦抵抗を実現する塗膜の開発が求められている。

このような海水との摩擦を低減する塗料組成物は下記の特許文献1~4に開示されている。これらの特許文献は、アクリル樹脂およびポリオキシエチレン鎖を有するアクリル樹脂を塗料中のバインダーとして用いた塗料用樹脂組成物が開示されている。

これらの特許文献において、摩擦抵抗低減の方法として無機粒子を防汚塗料組成物に配合(特許文献1)する技術、有機高分子物質の複合粒子を配合(特許文献2)する技術、表面を親水性にする方法(特許文献3~4)、また多糖類のバインダーを添加するなどの方法が提供されているが、どの方法も摩擦低減の方法として不十分であった。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、水または海水との摩擦抵抗の小さい防汚塗膜、特に海水との摩擦抵抗を少なくし、かつ水棲生物が付着しない船舶などの防汚塗膜に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
高分子ハイドロゲルおよび架橋剤から構成される塗膜中に防汚剤を含有する防汚塗膜であって、
該防汚塗膜が、膨潤度10~80%およびヤング率500~30,000N/cm2を有することを特徴する水または海水との摩擦抵抗が小さい防汚塗膜であり、
前記高分子ハイドロゲルが、親水性ビニルモノマーおよびグリシジル基を有するモノマーを含むモノマー混合物の共重合体であり、
前記架橋剤がトリアジン系硬化剤である、
水または海水との摩擦抵抗の小さい防汚塗膜。

【請求項2】
 
前記防汚剤が平均粒径3μm以下を有する亜酸化銅粒子である請求項1記載の水または海水との摩擦抵抗の小さい防汚塗膜。

【請求項3】
 
前記親水性ビニルモノマーは、カチオン性ビニルモノマーおよびアニオン性ビニルモノマーからなる群から選択される1種またはそれ以上であり、前記モノマー混合物は前記親水性ビニルモノマーと共重合する他のモノマーを含む、請求項1または2記載の水または海水との摩擦抵抗の小さい防汚塗膜。

【請求項4】
 
前記カチオン性ビニルモノマーは、ジメチルアミノエチル(メタ)アクリレート、ジエチルアミノエチル(メタ)アクリレート、アリルアミン、N-メチルアリルアミン、ジメチルアミノエチル(メタ)アクリルアミド、ジエチルアミノエチル(メタ)アクリルアミド、ジメチルアミノプロピル(メタ)アクリルアミド、N-ヒドロキシ(メタ)アクリルアミドおよびビニルピリジン、ビニルイミダゾールおよびビニルピロリドンからなる群から選択される1種またはそれ以上を含み、および
前記アニオン性ビニルモノマーは、(メタ)アクリル酸およびその塩、フマル酸、マレイン酸、シトラコン酸、イタコン酸、クロトン酸、アコニット酸、4-ペンテン酸、ω―ウンデセン酸およびこれらの塩、ビニルスルホン酸、ビニルベンジルスルホン酸、2-アクリルアミドー2-メチルプロパンスルホン酸、2-アクリロイルエタンスルホン酸、2-アクリロイルプロパンスルホン酸、2-メタクロイルエタンスルホン酸、およびこれらの塩からなる群から選択される1種またはそれ以上を含む、
請求項1~3いずれかに記載の水または海水との摩擦抵抗の小さい防汚塗膜。

【請求項5】
 
請求項1~4のいずれかに記載の防汚塗膜を適用した物体。

【請求項6】
 
親水性ビニルポリマー1~50重量%、防汚剤0~40重量%、溶剤および架橋剤その他の添加剤20~70重量%(重量%は防汚塗料組成物の全量に基づく)を含有する防汚塗料組成物であって、
前記親水性ビニルポリマーが、親水性ビニルモノマーおよびグリシジル基を有するモノマーを含むモノマー混合物の共重合体であり、
前記架橋剤がトリアジン系硬化剤であり、
硬化した防汚塗膜が膨潤度10~80%およびヤング率500~30,000N/cm2を有することを特徴とする、
水または海水との摩擦抵抗を低減する防汚塗料組成物。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015505445thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close