Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)蓄電装置およびその電極用材料

(In Japanese)蓄電装置およびその電極用材料

Patent code P170013827
File No. (S2013-0769-N0)
Posted date Mar 16, 2017
Application number P2015-508220
Patent number P6158308
Date of filing Mar 4, 2014
Date of registration Jun 16, 2017
International application number JP2014055471
International publication number WO2014156511
Date of international filing Mar 4, 2014
Date of international publication Oct 2, 2014
Priority data
  • P2013-070369 (Mar 28, 2013) JP
Inventor
  • (In Japanese)本間 格
  • (In Japanese)三谷 諭
  • (In Japanese)笘居 高明
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人東北大学
Title (In Japanese)蓄電装置およびその電極用材料
Abstract (In Japanese)本発明は、ハロゲン基を有するキノンおよびヒドロキノンの少なくとも一方を含む活物質34、36と、前記活物質を担持した多孔質体30、32と、を含むことを特徴とする蓄電装置の電極用材料である。また、本発明は、キノンおよびヒドロキノンの少なくとも一方を含む正極活物質34と、前記正極活物質を担持した正極多孔質体30と、を含む正極10と、キノンおよびヒドロキノンの少なくとも一方を含む負極活物質36と、前記負極活物質を担持した負極多孔質体32と、を含む負極12と、前記正極と前記負極との間に設けられた電解質14と、を具備し、前記正極活物質と前記負極活物質との少なくとも一方に含まれる前記キノンおよびヒドロキノンの少なくとも一方は、ハロゲン基を有する蓄電装置である。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

キノン系化合物を電極に用いる電気化学キャパシタが知られている。例えば、非特許文献1には、正極に1,2-ジヒドロオキシベンゼンと活性炭との複合体を用い、負極にアントラキノンと活性炭との複合体を用いる電気化学キャパシタが開示されている。また、非特許文献2には、正極にルテニウム酸化物と活性炭との複合体と用い、負極にアントラセンと活性炭との複合体を用いる電気化学キャパシタが開示されている。

特許文献1には、キノン系化合物が結合したポリーマを電極に用いることが開示されている。特許文献2には、正極に、水素原子、アルキル基またはハロゲン基を有する1,4,5,8-アントラセンテトロン化合物または5,7,12,14-ペンタセントロン化合物を用い、負極にリチウムを用いる二次電池が開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、蓄電装置およびその電極用材料に関し、例えばキノンまたはヒドロキノンを担持した多孔質を含む蓄電装置およびその電極用材料に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ハロゲン基を有するキノンおよびヒドロキノンの少なくとも一方を含む活物質と、
前記活物質を担持した多孔質体と、
を含むことを特徴とする蓄電装置の電極用材料。

【請求項2】
 
前記多孔質体は、活性炭またはナノカーボンを含むことを特徴とする請求項1記載の蓄電装置の電極用材料。

【請求項3】
 
前記ハロゲン基はクロロ基であることを特徴とする請求項1または2記載の蓄電装置の電極用材料。

【請求項4】
 
請求項1から3のいずれか一項記載の蓄電装置の電極用材料を正極および負極の少なくとも一方に含むことを特徴とする蓄電装置。

【請求項5】
 
キノンおよびヒドロキノンの少なくとも一方を含む正極活物質と、前記正極活物質を担持した正極多孔質体と、を含む正極と、
キノンおよびヒドロキノンの少なくとも一方を含む負極活物質と、前記負極活物質を担持した負極多孔質体と、を含む負極と、
前記正極と前記負極との間に設けられた電解質と、
を具備し、
前記正極活物質と前記負極活物質との少なくとも一方に含まれる前記キノンおよびヒドロキノンの少なくとも一方は、ハロゲン基を有することを特徴とする蓄電装置。

【請求項6】
 
前記負極活物質に含まれるキノンおよびヒドロキノンの少なくとも一方は、前記正極活物質に含まれるキノンおよびヒドロキノンの少なくとも一方よりベンゼン環を多く含むことを特徴とする請求項5記載の蓄電装置。

【請求項7】
 
前記負極活物質に含まれるキノンおよびヒドロキノンの少なくとも一方は、前記ハロゲン基を有することを特徴とする請求項5または6記載の蓄電装置。

【請求項8】
 
前記負極活物質に含まれるキノンおよびヒドロキノンの少なくとも一方と、前記正極活物質に含まれるキノンおよびヒドロキノンの少なくとも一方と、はともに前記ハロゲン基を有することを特徴とする請求項5または6記載の蓄電装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015508220thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close