Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)L-システイン生産能が高められた腸内細菌科に属する細菌

(In Japanese)L-システイン生産能が高められた腸内細菌科に属する細菌

Patent code P170013835
File No. (S2013-0746-N0)
Posted date Mar 16, 2017
Application number P2015-506742
Patent number P6288649
Date of filing Mar 14, 2014
Date of registration Feb 16, 2018
International application number JP2014056872
International publication number WO2014148377
Date of international filing Mar 14, 2014
Date of international publication Sep 25, 2014
Priority data
  • P2013-056247 (Mar 19, 2013) JP
Inventor
  • (In Japanese)大津 厳生
  • (In Japanese)仲谷 豪
  • (In Japanese)玉越 愛
  • (In Japanese)高橋 砂予
  • (In Japanese)高木 博史
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学
Title (In Japanese)L-システイン生産能が高められた腸内細菌科に属する細菌
Abstract (In Japanese)O-アセチルセリンスルフヒドリラーゼBの活性が低下するように改変された腸内細菌科に属する細菌であって、チオ硫酸結合タンパク質のC末端領域が欠失するように改変され、且つ硫酸塩存在下におけるL-システイン生産能が高められたことを特徴とする、腸内細菌科に属する細菌を用いることによって、L-システインを安価に且つ効率的に製造することができる。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

システイン・シスチン類は、医薬品、化粧品、食品等の多岐にわたる分野で利用されている。システインは、主に、人・動物の毛に多く含まれるアミノ酸であることから、古典的にはこれらの毛を加水分解することにより製造されてきた。しかし、製品の安全性をより高めるという観点、及び環境への影響をより少なくするという観点から、多くの他のアミノ酸と同様に発酵法によって製造することが望まれている。

従来から、腸内細菌科に属する細菌を用いた発酵法によりシステインを製造する方法が各種報告されている(特許文献1及び2)。腸内細菌科に属する細菌、例えば大腸菌には、システインを生合成する経路として、硫黄源として硫酸塩を利用する経路(硫酸経路)と、硫黄源としてチオ硫酸塩を利用する経路(チオ硫酸経路)の2つの経路が存在する(非特許文献1)。

腸内細菌科に属する細菌を用いてシステインを製造する場合、一般に、硫黄源として硫酸塩のみを含む培地を用いても、効率的にシステインを製造することができないが、硫黄源として硫酸塩に加えてチオ硫酸塩も含む培地を用いると、より効率的なシステインを製造できることが知られている。

しかしながら、硫黄源として用いるチオ硫酸塩は、硫酸塩に比べて非常に高価である。そこで、硫黄源として、安価な硫酸塩を用い、且つ効率的にシステインを製造する方法の開発が求められている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、硫酸塩存在下におけるL-システイン生産能が高められた腸内細菌科に属する細菌、及び該細菌を用いたL-システインの製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
O-アセチルセリンスルフヒドリラーゼBをコードする遺伝子が破壊された腸内細菌科に属する細菌であって、
チオ硫酸結合タンパク質のC末端領域が欠失するように改変され、
前記チオ硫酸結合タンパク質が下記(a)又は(b)に記載のタンパク質:
(a)配列番号1に示されるアミノ酸配列からなるタンパク質、又は
(b)配列番号1に示されるアミノ酸配列と90%以上の同一性を有するアミノ酸配列からなり、且つチオ硫酸結合活性を有するタンパク質であり、
前記C末端領域が下記(c)又は(d)に記載の領域:
(c)配列番号1に示されるアミノ酸配列の274~300番目のアミノ酸からなる領域を含む領域、又は
(d)配列番号1に示されるアミノ酸配列と90%以上の同一性を有するアミノ酸配列において、配列番号1に示されるアミノ酸配列の274~300番目のアミノ酸からなる領域を含む領域に対応する領域であり、
且つ
硫酸塩存在下におけるL-システイン生産能が高められたことを特徴とする、
腸内細菌科に属する細菌。

【請求項2】
 
前記O-アセチルセリンスルフヒドリラーゼBが下記(e)又は(f)に記載のタンパク質である、請求項1に記載の細菌:
(e)配列番号3に示されるアミノ酸配列からなるタンパク質、又は
(f)配列番号3に示されるアミノ酸配列と90%以上の同一性を有するアミノ酸配列からなり、且つO-アセチルセリンスルフヒドリラーゼB活性を有するタンパク質。

【請求項3】
 
前記腸内細菌科に属する細菌がエシェリヒア属細菌である、請求項1又は2に記載の細菌。

【請求項4】
 
請求項1~3のいずれかに記載の細菌を培地中で培養して得られた培養物からL-システインを採取することを特徴とする、L-システインの製造方法。

【請求項5】
 
前記培地が硫黄源として硫酸塩を含む、請求項4に記載の製造方法。

【請求項6】
 
前記培地が硫黄源としてさらにチオ硫酸塩を含む、請求項5に記載の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close