Top > Search of Japanese Patents > PHANTOM MANUFACTURING METHOD AND PHANTOM MANUFACTURED THEREBY

PHANTOM MANUFACTURING METHOD AND PHANTOM MANUFACTURED THEREBY meetings

Patent code P170013872
File No. S2016-1112-N0
Posted date Mar 21, 2017
Application number P2016-206251
Publication number P2018-041055A
Date of filing Oct 20, 2016
Date of publication of application Mar 15, 2018
Priority data
  • P2016-173217 (Sep 5, 2016) JP
Inventor
  • (In Japanese)菅 幹生
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人千葉大学
Title PHANTOM MANUFACTURING METHOD AND PHANTOM MANUFACTURED THEREBY meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a phantom manufacturing method in which a glycerin content is reduced and which has higher uniformity, and a phantom manufactured thereby.
SOLUTION: A phantom manufacturing method according to the present invention involves mixing water, an acrylamide monomer, N,N'-methylene-bis-acrylamide, glycerin, and a polymerization initiator and co-polymerizing the acrylamide monomer and the N,N'-methylene-bis-acrylamide. With this phantom manufacturing method, when the added weight of the acrylamide monomer is defined as 1, the N,N'-methylene-bis-acrylamide is included in the range of 0.001 and over to less than 0.009.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ファントムとは、電磁波や放射線が人体に及ぼす影響を推定するために用いられる人体模型であって、より生体に近い特性となるよう様々な技術が検討されている。

例えば下記特許文献1では、寒天やゼラチンを用い、生体に近い粘弾性を実現するために油を付加する技術が開示されている。

ところで、エラストグラフィの評価に利用するファントムには、長期安定性、作製再現性、均一性、生体組織に近い粘弾性、利用装置での撮像に耐えうる強度を満たす必要がある。

しかしながら、特許文献1の従来ファントムで利用している寒天やゼラチンなどの天然高分子から形成されるゲルは水素結合とイオン結合などの相互作用が高分子鎖間の架橋を支える力となっているため、長期安定性が小さいといった課題がある。また,水素結合とイオン結合は結合力が弱いため、外力により潰れやすいといった課題がある。

また、下記非特許文献1には、ポリアクリルアミドゲルを用いたファントムに関する技術が開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ファントムの製造方法及びこれにより製造されるファントムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
水、アクリルアミドモノマー、N,N’-メチレンビスアクリルアミド、グリセリン、重合開始剤を混合して前記アクリルアミドモノマー及び前記N,N’-メチレンビスアクリルアミドを共重合させるファントムの製造方法であって、
前記アクリルアミドモノマーの添加重量を1とした場合に、前記N,N’-メチレンビスアクリルアミドを0.001以上0.009より小さい範囲で含ませるファントムの製造方法。

【請求項2】
 
前記グリセリンを、前記ファントムの全重量に対し70重量%以下の範囲で含ませる請求項1記載のファントムの製造方法。

【請求項3】
 
緩和時間調整剤を含む請求項1記載のファントムの製造方法。

【請求項4】
 
水、アクリルアミドモノマー、N,N’-メチレンビスアクリルアミド、グリセリン、重合開始剤、及び重合促進剤を、前記アクリルアミドモノマーの添加重量を1とした場合に前記N,N’-メチレンビスアクリルアミドを0.001以上0.009より小さい範囲で混合して前記アクリルアミドモノマー及び前記N,N’-メチレンビスアクリルアミドを共重合させて製造されたファントム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016206251thum.jpg
State of application right Published
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close