Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)脱髄疾患治療薬

(In Japanese)脱髄疾患治療薬

Patent code P170013882
File No. (S2013-0503-N0)
Posted date Mar 21, 2017
Application number P2014-558647
Patent number P6007264
Date of filing Jan 28, 2014
Date of registration Sep 16, 2016
International application number JP2014051748
International publication number WO2014115885
Date of international filing Jan 28, 2014
Date of international publication Jul 31, 2014
Priority data
  • P2013-012859 (Jan 28, 2013) JP
Inventor
  • (In Japanese)室伏 きみ子
  • (In Japanese)後藤 真里
  • (In Japanese)丸山 敬
  • (In Japanese)吉川 圭介
  • (In Japanese)山本 梓司
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人お茶の水女子大学
  • (In Japanese)学校法人埼玉医科大学
Title (In Japanese)脱髄疾患治療薬
Abstract (In Japanese)本発明の課題は、神経軸索の脱髄抑制作用を有する新規な脱髄疾患治療薬を提供することである。本発明によれば、環状ホスファチジン酸、カルバ環状ホスファチジン酸又はチア環状ホスファチジン酸あるいはその塩を含有する脱髄疾患治療薬が提供される。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

神経線維は、中心部を走る軸索とその外側をかこむ髄鞘から成り立っている。髄鞘は、大部分が脂質で構成されていて、神経の電気伝導を速める仕組みにかかわっている。脱髄疾患とは神経疾患の一種で、この髄鞘が破壊される(脱髄変化)ことで起こる疾患であり、ウイルス感染、アルコールなどによる中毒、栄養障害などが原因で起こるが、原因不明のもの(特発性脱髄)もある。脱髄疾患は、アレルギー、自己免疫などの免疫異常がかかわって発症すると推定されている。脱髄疾患では、目・顔・口・舌・のど・手足の運動障害や知覚障害、直腸・膀胱障害など、いろいろな症状が複雑に絡み合って出現してくる。脱髄疾患としては、中枢性脱髄疾患と末梢性脱髄疾患がある。中枢性脱髄疾患としては、多発性硬化症(視神経脊髄炎(Devic症候群)、同心円硬化症(Balo病))、急性散在性脳脊髄炎、炎症性広汎性硬化症(Schilder病)、亜急性硬化症全脳炎、進行性多巣性白質脳症、低酸素脳症、橋中心髄鞘破壊症、ビタミンB12欠乏症、Binswanger病などが挙げられる。末梢性脱髄疾患としては、ギラン・バレー症候群、慢性炎症性脱髄性多発神経炎などが挙げられる。

一方、1992年に、真性粘菌Physarum polycephalumの単相体ミクソアメーバから、真核細胞のDNA複製酵素であるDNAポリメラーゼαの活性を抑え、動物培養細胞の増殖を抑制する脂溶性物質が見いだされ、単離・精製された(Murakami-Murofushi,K.,他, J.Biol.Chem. 267,21512-21517 (1992))。この物質はグリセロール骨格のsn-1位にシクロプロパンを含むヘキサデカン酸が結合し、2位と3位にリン酸が環状エステル結合した物質であることがわかり、Physarum由来のLPA様物質であることから、PHYLPAと命名された。PHYLPAがsn-1位に特徴的な脂肪酸を有することから、一般的な脂肪酸に置換した誘導体を化学合成し、その活性を検討した結果、細胞増殖を抑制することが示され、PHYLPAの増殖抑制作用が、2位と3位の環状リン酸基によることが明らかになった。現在では、このような環状リン酸基を持つLPA類似体を総称して、環状ホスファチジン酸(cPA、cyclic phosphatidic acid)と呼んでいる。

【化1】
(省略)

環状ホスファチジン酸及びその誘導体については、神経栄養因子作用と神経変性疾患への適用(特許文献1及び2)、癌細胞の増殖と浸潤・転移の抑制(特許文献3)、鎮痛作用(特許文献4)、並びにアトピー性皮膚炎への適用(特許文献5)などについての報告があるが、神経軸索の脱髄に及ぼす影響についての知見はない。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、環状ホスファチジン酸、カルバ環状ホスファチジン酸又はチア環状ホスファチジン酸を有効成分とする脱髄疾患治療薬、並びに環状ホスファチジン酸、カルバ環状ホスファチジン酸又はチア環状ホスファチジン酸を有効成分とする神経軸索の脱髄抑制剤に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
式(1)で示される化合物を含有する、脱髄疾患治療薬。
【化1】
 
(省略)
(式中、Rは、炭素数1~30の直鎖状若しくは分岐状アルキル基、炭素数2~30の直鎖状若しくは分岐状アルケニル基、又は炭素数2~30の直鎖状若しくは分岐状アルキニル基であり、これらの基はシクロアルカン環又は芳香環を含んでいてもよい。Xが-CH2-であり、Yが-O-であるか、又はXが-O-であり、Yが-CH2-である。Mは、水素原子又は対カチオンである。)

【請求項2】
 
神経軸索の脱髄抑制剤として使用する、請求項1に記載の脱髄疾患治療薬。

【請求項3】
 
式(1)で示される化合物を含有する、神経軸索の脱髄抑制剤。
【化2】
 
(省略)
(式中、Rは、炭素数1~30の直鎖状若しくは分岐状アルキル基、炭素数2~30の直鎖状若しくは分岐状アルケニル基、又は炭素数2~30の直鎖状若しくは分岐状アルキニル基であり、これらの基はシクロアルカン環又は芳香環を含んでいてもよい。Xが-CH2-であり、Yが-O-であるか、又はXが-O-であり、Yが-CH2-である。Mは、水素原子又は対カチオンである。)
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close