Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING MOLDED BODY CONTAINING SYNDIOTACTIC POLYSTYRENE, AND METHOD FOR PRODUCING COMPOSITE MOLDED BODY

METHOD FOR PRODUCING MOLDED BODY CONTAINING SYNDIOTACTIC POLYSTYRENE, AND METHOD FOR PRODUCING COMPOSITE MOLDED BODY meetings

Patent code P170013913
File No. (S2015-1988-N56)
Posted date Mar 29, 2017
Application number P2015-164760
Publication number P2017-043650A
Patent number P6632053
Date of filing Aug 24, 2015
Date of publication of application Mar 2, 2017
Date of registration Dec 20, 2019
Inventor
  • (In Japanese)板垣 秀幸
  • (In Japanese)佐野 匠
  • (In Japanese)岡部 俊彦
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人静岡大学
Title METHOD FOR PRODUCING MOLDED BODY CONTAINING SYNDIOTACTIC POLYSTYRENE, AND METHOD FOR PRODUCING COMPOSITE MOLDED BODY meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method capable easily producing an SPS molded body including ε type crystals with high purity.
SOLUTION: Provided is a method for producing a molded body 1 including syndiotactic polystyrene 10 forming ε type crystals comprising: a step where a molded body including syndiotactic polystyrene is contacted with a liquid including a compound for forming γ type crystals or is exposed to the vapor of the compound for forming γ type crystals to form the γ type crystals of the syndiotactic polystyrene; and a step where the molded body is contacted with a liquid including a compound for forming ε type crystals or is exposed to the vapor of the compound for forming ε type crystals, and thereafter, the molded body is contacted with a solvent in which a compound for forming ε type crystals is dissolved to form the ε type crystals of the syndiotactic polystyrene.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

スチレンの立体規則的な重合により得られるシンジオタクチックポリスチレン(以下、「SPS」ということがある。)は、高い結晶性を有するポリマーであり、trans-zigzag構造、及び21-helix構造の2種の主鎖構造の形態をとることができる。SPSの結晶型として、α、β、γ、δ、εの5種が知られており、δ型及びε型の結晶では、SPSの主鎖が主に21-helix構造を形成する。図1及び図2が、それぞれ、δ型結晶及びε型結晶を形成しているシンジオタクチックポリスチレンの形態を示す。図2のε型結晶は細長いチューブ状の自由空間5を形成しており、自由空間5内に複数のゲスト化合物20が配列され得る。

ε型結晶を含むSPSフィルムを得る方法に関して、非特許文献1は、先ずδ型結晶を含むSPSフィルムを作製する工程、δ型結晶を含むSPSフィルムを120℃以上にアニールすることでγ型結晶を形成する工程、γ型結晶を含むSPSフィルムをクロロホルムに曝露する工程、及び、その後SPSフィルムをアセトニトリルで洗浄する工程という、主に4つの工程から構成される方法を開示している。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ε型結晶を形成しているシンジオタクチックポリスチレンを含む成形体を製造する方法、及び、ε型結晶に取り込まれた重合体を含む複合成形体を製造する方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
シンジオタクチックポリスチレンを含む成形体を、γ型結晶形成用化合物を含む液体に接触させる、又は前記γ型結晶形成用化合物の蒸気に曝露することにより、前記シンジオタクチックポリスチレンのγ型結晶を形成する工程と、
前記γ型結晶及び前記γ型結晶形成用化合物を含む前記成形体を、ε型結晶形成用化合物を含む液体に接触させる、又は前記ε型結晶形成用化合物の蒸気に曝露し、その後、前記成形体を前記ε型結晶形成用化合物が溶解する溶剤に接触させることにより、前記シンジオタクチックポリスチレンのε型結晶を形成する工程と、
を備え
前記γ型結晶形成用化合物が、2分子以上の前記γ型結晶形成用化合物を含み160Å3以上の分子体積を有する会合体を形成する、化合物である、
ε型結晶を形成しているシンジオタクチックポリスチレンを含む成形体を製造する方法。

【請求項2】
 
記γ型結晶形成用化合物の、フェドースの式により算出される溶解度パラメーターが、8.0~14.5(cal・cm31/2である、
請求項1に記載の方法。

【請求項3】
 
前記ε型結晶形成用化合物が、160Å3未満の分子体積を有する、及び/又は、2分子以上の前記ε型結晶形成用化合物を含み160Å3未満の分子体積を有する会合体を形成する、化合物であり、
前記ε型結晶形成用化合物の、フェドースの式により算出される溶解度パラメーターが、8.0~14.5(cal・cm31/2である、
請求項1又は2に記載の方法。

【請求項4】
 
γ型結晶を形成する前記工程、ε型結晶を形成する前記工程、及びこれらの工程の間の期間において、前記成形体の温度が60℃以下に維持される、請求項1~3のいずれか一項に記載の方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015164760thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close