Top > Search of Japanese Patents > PRODUCTION METHOD OF PIPE HAVING POROUS METAL LAYER, PIPE HAVING POROUS METAL LAYER

PRODUCTION METHOD OF PIPE HAVING POROUS METAL LAYER, PIPE HAVING POROUS METAL LAYER

Patent code P170013938
File No. (S2015-1988-N0)
Posted date Mar 29, 2017
Application number P2015-178394
Publication number P2017-053007A
Date of filing Sep 10, 2015
Date of publication of application Mar 16, 2017
Inventor
  • (In Japanese)半谷 禎彦
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人群馬大学
Title PRODUCTION METHOD OF PIPE HAVING POROUS METAL LAYER, PIPE HAVING POROUS METAL LAYER
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a production method of a pipe having a porous metal layer, with which layers having various functions and properties and including the porous metal layer can be made to form a pipe.
SOLUTION: A pipe having a porous metal layer is produced by including: a step to fabricate a precursor by sequentially forming a plurality of layers, each of which is different from neighboring layers, from the outside to the inside with plastic flow utilizing frictional heat generated by a tool one by one, form at least one layer of the plurality of layers as a metal layer including a foaming agent, and form at least one layer as a metal layer including no foaming agent; and subsequently a step to foam the metal by heating the precursor and utilizing the foaming agent of the precursor, form the porous metal layer from the metal layer including the foaming agent, and form a metal pipe from the metal layer including no foaming agent.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

多くの気泡を含むポーラス金属は 、軽量で衝撃エネルギー吸収特性や消音特性に優れ、自動車、鉄道、航空宇宙、建築など様々な分野で超軽量な多機能素材として注目されている。

しかしながら、従来から提案されている、金属粉末からポーラス金属を製造する方法では、高コストとなり実用化を阻害している。

そこで、本発明の発明者らは、2個の平板状の母材を、間に発泡剤を配置して重ね合わせた後に、摩擦撹拌により接合して発泡金属用前駆体を製造し、この発泡金属用前駆体を加熱して発泡させることにより、発泡金属を製造する方法を提案している。(例えば、特許文献1参照。)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ポーラス金属層を有するパイプの製造方法、及びこの製造方法によって製造される、ポーラス金属層を有するパイプに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
外側から内側に、それぞれ隣接する層とは異なる複数の層を、ツールによる摩擦熱を利用した塑性流動により1層ずつ順次形成して前駆体を作製し、前記複数の層のうち、少なくとも1層を発泡剤が含まれた金属層として形成し、少なくとも1層を発泡剤が含まれていない金属層として形成する工程と、
その後、前記前駆体を加熱することにより、前記前駆体の前記発泡剤を使用して金属を発泡させて、前記発泡剤が含まれた金属層からポーラス金属層を形成し、前記発泡剤が含まれていない金属層から金属パイプを形成する工程を含む
ポーラス金属層を有するパイプの製造方法。

【請求項2】
 
前記複数の層の最も外側から1層以上が前記発泡剤を含む金属層であり、前記発泡剤を含む金属層よりも内側の層が前記発泡剤を含まない金属層である前記前駆体を作製し、前記前駆体を加熱することにより、前記金属パイプの外側に前記ポーラス金属層を形成する、請求項1に記載のポーラス金属層を有するパイプの製造方法。

【請求項3】
 
前記複数の層の最も外側から1層以上が前記発泡剤を含まない金属層であり、前記発泡剤を含まない金属層よりも内側の層が前記発泡剤を含む金属層である前記前駆体を作製し、前記前駆体を加熱することにより、前記金属パイプの内側に前記ポーラス金属層を形成する、請求項1に記載のポーラス金属層を有するパイプの製造方法。

【請求項4】
 
前記金属パイプ又は前記ポーラス金属層となる各層のうち、少なくとも1層を、部分毎に材料が異なる複数の部分を有する構成として形成する、請求項1に記載のポーラス金属層を有するパイプの製造方法。

【請求項5】
 
ツールによる摩擦熱を利用した塑性流動により形成された金属層である金属パイプと、
前記金属パイプの外側に接合して形成されたポーラス金属層を含む
ポーラス金属層を有するパイプ。

【請求項6】
 
ツールによる摩擦熱を利用した塑性流動により形成された金属層である金属パイプと、
前記金属パイプの内側に接合して形成されたポーラス金属層を含む
ポーラス金属層を有するパイプ。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015178394thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close