Top > Search of Japanese Patents > IMAGING APPARATUS, IMAGING METHOD, AND IMAGING SYSTEM

IMAGING APPARATUS, IMAGING METHOD, AND IMAGING SYSTEM

Patent code P170013939
File No. (S2015-1988-N49)
Posted date Mar 29, 2017
Application number P2015-166835
Publication number P2017-046163A
Patent number P6246163
Date of filing Aug 26, 2015
Date of publication of application Mar 2, 2017
Date of registration Nov 24, 2017
Inventor
  • (In Japanese)田中 宗浩
  • (In Japanese)菅谷 俊二
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人佐賀大学
  • (In Japanese)株式会社オプティム
Title IMAGING APPARATUS, IMAGING METHOD, AND IMAGING SYSTEM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an imaging apparatus capable of converting an organic object, which is an object to be imaged, into an image without using a special device such as high-sensitive still camera or a hyperspectral camera, an imaging method, and an imaging system.
SOLUTION: The imaging apparatus irradiates light of a specific wavelength that is easily absorbed by a predetermined organic object and continuously photographs the predetermined organic object while irradiating light. Among the photographed images, by integrating with time a plurality of frames in which the predetermined organic object irradiated with light is photographed to generate an integrated image, so that the organic object, which is an object to be photographed, can be precisely converted into an image.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年のIoT(Internet of Things)化により、農業や漁業などの一次産業においても、現場にセンサーを配置し、ビッグデータを取得する試みが行われている。これにより、実際の現場に行かずとも、農作物の品質や、農場の環境等のデータを遠隔から確認したり、データを蓄積して未来の予測に役立てることができる。

ここで使用されるセンサーは、例えば、スチルカメラやハイパースペクトルカメラ等のカメラが用いられ、撮影された画像を解析して農作物等の状況を分析する方法が知られている。さらに、衛星画像を利用する所謂リモートセンシングを用いて分析する方法が知られている。

例えば、非特許文献1では、撮影したスペクトル合成カラー画像を解析して、水稲の活性度の評価を行う方法が開示されている。これにより、活性度の高低を画像から簡単に把握できる。また、特許文献1では、ハイパースペクトル画像により、スペクトル強度に応じて、植物の種別を画像で識別する方法が開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、有機物を有する撮影対象を画像化する撮影装置、撮影方法及び、画像システムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
所定の有機物に特定波長の光を照射する照射手段と、
前記所定の有機物に前記照射手段からの光を照射しながら、前記所定の有機物の連続撮影を行う撮影手段と、
前記連続撮影している位置を検出する位置検出手段と、
前記位置検出手段が検出した位置と、前記連続撮影した画像のフレームとを対応付けて記憶する位置画像対応付け手段と、
前記撮影手段により連続撮影された画像のうち、
前記光で照射された所定の有機物が撮影された複数のフレームを経時的に積算するフレーム積算手段と、
前記フレーム積算手段が積算した複数のフレームを前記所定の有機物の積算画像として生成する積算画像生成手段と、
前記フレーム積算手段が積算したフレームに対応する位置から、前記所定の有機物の位置を特定する位置特定手段と、を備える撮影装置。

【請求項2】
 
前記照射手段は、前記特定波長の光として、紫外線又は近赤外線を照射する請求項1に記載の撮影装置。

【請求項3】
 
撮影装置が実行する撮影方法であって、
所定の有機物に特定波長の光を照射する照射ステップと、
前記所定の有機物に光を照射しながら、前記所定の有機物の連続撮影を行う撮影ステップと、
当該撮影装置が連続撮影している位置を検出する位置検出ステップと、
前記位置検出ステップで検出した位置と、前記連続撮影した画像のフレームとを対応付けて記憶する位置画像対応付けステップと、
前記連続撮影された画像のうち、前記光で照射された所定の有機物が撮影された複数のフレームを経時的に積算するフレーム積算ステップと、
積算した複数のフレームを前記所定の有機物の積算画像として生成する積算画像生成ステップと、
前記フレーム積算ステップで積算したフレームに対応する位置から、前記所定の有機物の位置を特定する位置特定ステップと、を備える撮影方法。

【請求項4】
 
所定の有機物を撮影する撮影装置と、前記撮影されたデータを受信する画像生成装置とが互いに通信可能に接続された画像システムであって、
前記撮影装置は、
所定の有機物に特定波長の光を照射する照射手段と、
前記所定の有機物に前記照射手段からの光を照射しながら、前記所定の有機物の連続撮影を行う撮影手段と、
前記連続撮影している位置を検出する位置検出手段と、
前記位置検出手段が検出した位置と、前記連続撮影した画像のフレームとを対応付けて記憶する位置画像対応付け手段と、
連続撮影した画像を前記画像生成装置に送信する連続画像送信手段と、を備え、
前記画像生成装置は、
前記撮影装置から送信された画像を受信する連続画像受信手段と、
受信した画像のうち、前記光で照射された所定の有機物が撮影された複数のフレームを経時的に積算するフレーム積算手段と、を備え、
前記フレーム積算手段が積算した複数のフレームを前記所定の有機物の積算画像として生成する積算画像生成手段と、を備え、
前記撮影装置は、
前記積算したフレームに対応する位置から、前記所定の有機物の位置を特定する位置特定手段と、を備える画像システム。

【請求項5】
 
請求項1に記載の撮影装置が搭載された無線航空機であって、
間欠的に移動と撮影を繰り返すことで、前記撮影手段が所定の有機物の連続撮影を行う無線航空機。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015166835thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close