Top > Search of Japanese Patents > ION EXCHANGE MEMBRANE, BATTERY AND MANUFACTURING METHOD FOR THE SAME

ION EXCHANGE MEMBRANE, BATTERY AND MANUFACTURING METHOD FOR THE SAME

Patent code P170013948
File No. (S2015-1988-N67)
Posted date Mar 29, 2017
Application number P2015-157669
Publication number P2017-037762A
Date of filing Aug 7, 2015
Date of publication of application Feb 16, 2017
Inventor
  • (In Japanese)有田 稔彦
  • (In Japanese)増原 陽人
  • (In Japanese)松井 淳
  • (In Japanese)志藤 慶治
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人東北大学
  • (In Japanese)国立大学法人山形大学
Title ION EXCHANGE MEMBRANE, BATTERY AND MANUFACTURING METHOD FOR THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an ion exchange membrane that has greatly lower acidity as compared with conventional ion exchange membranes such as Nafion (registered trademark), etc., and a battery including the ion exchange membrane, and also provide a method of manufacturing the ion exchange membrane.
SOLUTION: There is provided an ion exchange membrane which includes inorganic particles, and block copolymer containing a hydrophilic first block containing a first monomer unit having an acidic functional group and a hydrophobic second block containing a second monomer unit. The inorganic particles contain plural organic inorganic composite particles in which at least a part of the surfaces of the inorganic particles are coated with the block copolymer so that the first block forms a first coating layer on the surface of the inorganic particle and the second block forms a second coating layer on the first coating layer. There are also provided a battery containing the ion exchange membrane, and a method of manufacturing the ion exchange membrane.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

昨今、盛んに取り上げられるエネルギー問題と環境問題とは、地下資源の乏しい日本においてはより深刻な問題となっており、持続可能なクリーンエネルギーの開発が自動車分野等の様々な分野において盛んに行われている。

特に水素を利用してエネルギーを生み出す装置として燃料電池が知られている。燃料電池は、発電効率がガソリンエンジンやその他の発電技術と比較して高く、また、製造コストや安全面におけるメリットも大きい、魅力的な発電装置である。

燃料電池の中でも特に、固体高分子形燃料電池(PEFC)は、エネルギー密度が高い、低温でも作動する、小型化が可能であるといった利点から、燃料電池車用、家庭用コジェネレーション用、小型電源・携帯用電源用として、世界中から注目を集めている。燃料電池は、環境面に関しても、発電に使用する原料は水素ガスであり、排出物は水であるため、環境への悪影響が少ないため、非常にエコな発電装置であると言える。

現在、固体高分子形燃料電池の分野においては、パーフルオロカーボン材料を含むプロトン交換膜であるNafion(登録商標)が広く用いられている(例えば、特許文献1、2参照)。このようなパーフルオロカーボン系のプロトン交換膜は、高いプロトン伝導性に加えて、優れた耐久性や化学的安定性を備えている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、低い酸性度を備えるイオン交換膜、及び該イオン交換膜を含む電池、並びにその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
無機粒子と、
酸性官能基を有する第1モノマー単位を含む親水性の第1ブロックと第2モノマー単位を含む疎水性の第2ブロックとを含む、ブロックコポリマーと
を含み、
前記無機粒子は、その表面の少なくとも一部において、前記第1ブロックが前記無機粒子の表面上に第1被覆層を形成し、前記第2ブロックが前記第1被覆層上に第2被覆層を形成するように、前記ブロックコポリマーで被覆されている、
有機無機複合粒子
を複数含むことを特徴とする、イオン交換膜。

【請求項2】
 
隣接する前記有機無機複合粒子間において前記第1被覆層どうしが接触して、複数の前記第1被覆層からなる連続第1被覆層が形成されている、請求項1に記載のイオン交換膜。

【請求項3】
 
前記連続第1被覆層が前記イオン交換膜に亘って延びる、請求項2に記載のイオン交換膜。

【請求項4】
 
バインダーを更に含む、請求項1~3のいずれか一項に記載のイオン交換膜。

【請求項5】
 
前記酸性官能基は、カルボキシル基、ホスホン酸基、スルホン酸基、リン酸基、ホウ酸基、硝酸基からなる群から選択される少なくとも1種である、請求項1~4のいずれか一項に記載のイオン交換膜。

【請求項6】
 
前記無機粒子は、金属酸化物、金属窒化物、これらの焼結体(セラミックス)からなる群から選択される少なくとも1種である、請求項1~5のいずれか一項に記載のイオン交換膜。

【請求項7】
 
前記第1モノマーは、アクリル酸、メタクリル酸、ビニルホスホン酸、スチレンスルホン酸からなる群から選択される少なくとも1種である、請求項1~6のいずれか一項に記載のイオン交換膜。

【請求項8】
 
前記第2モノマーは、芳香族ビニル、オレフィン、ジエン、酢酸アルケニル、アルキル(メタ)アクリレート、アルキルアクリルアミド、及びこれらをフッ素置換した含フッ素モノマーからなる群から選択される少なくとも1種である、請求項1~7のいずれか一項に記載のイオン交換膜。

【請求項9】
 
プロトン伝導度が、1~1×10-6S/cmである、請求項1~8のいずれか一項に記載のイオン交換膜。

【請求項10】
 
請求項1~9のいずれか一項に記載のイオン交換膜を含むことを特徴とする、電池。

【請求項11】
 
請求項1~9のいずれか一項に記載のイオン交換膜を含むことを特徴とする、燃料電池。

【請求項12】
 
複数の前記有機無機複合粒子を集合させることを特徴とする、イオン交換膜の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015157669thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close