Top > Search of Japanese Patents > ANTI-ACETYLATED HISTONE H4 ANTIBODY

ANTI-ACETYLATED HISTONE H4 ANTIBODY

Patent code P170013950
File No. K102P14
Posted date Mar 29, 2017
Application number P2015-169223
Publication number P2017-043579A
Patent number P6578595
Date of filing Aug 28, 2015
Date of publication of application Mar 2, 2017
Date of registration Sep 6, 2019
Inventor
  • (In Japanese)梅原 崇史
  • (In Japanese)若森 昌聡
  • (In Japanese)蓑田 亜希子
  • (In Japanese)坂本 健作
  • (In Japanese)松田 貴意
  • (In Japanese)横山 茂之
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title ANTI-ACETYLATED HISTONE H4 ANTIBODY
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide antibodies recognizing by discriminating histone H4 in which both Lys5 and Lys8 are acetylated.
SOLUTION: The present invention provides an anti-acetylated histone H4 antibody which recognizes acetylated histone H4 in which Lys5 and Lys8 of the histone H4 are acetylated and comprises a heavy chain variable region and/or a light chain variable region. The heavy chain variable region has a CDRH1 consisting of a particular amino acid sequence and a CDRH3 consisting of a particular amino acid sequence, and the light chain variable region has a CDRL2 consisting of a particular amino acid sequence and CDRL3 consisting of a particular amino acid sequence.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ヒトを始めとする真核生物では、細胞種ごとにゲノムDNAの凝集構造体であるクロマチンの化学修飾情報(エピジェネティクス情報)が異なっており、これが個体の発生・分化・癌化・老化を制御していることが知られている。個々の細胞においてどのようなエピジェネティクス修飾情報を有しているかについては不明な点も多いが、遺伝子発現とエピジェネティクス修飾の関係について研究が進んでいる。例えば、真核生物の遺伝子発現制御において、ヒストンのリジン残基のアセチル化が重要な役割を果たしていることが知られている。また、遺伝子発現が活性なクロマチン領域は、ヒストン、特にヒストンH4のN末端領域の4つのリジン残基(Lys5、Lys8、Lys12、Lys16)が高アセチル化されていることが知られている。

近年、ヒストンH4のアセチル化のうち、Lys5とLys8の2箇所が両方ともアセチル化されている状態が、BET型ブロモドメインタンパク質(BRD4、BRDT等)によって認識され、これが遺伝子発現の引き金となっていることが報告された(例えば、非特許文献1参照。)。BET型ブロモドメインタンパク質は、各種がんで発現が亢進されていたり、機能が活発になっており、その阻害又は検出が、がんの治療や診断に有効であることが期待されている。

クロマチンのエピジェネティクス修飾情報を解析する方法として、クロマチン免疫沈降塩基配列決定法(Chromatin Immunoprecipitation-sequencing;ChIP-seq)がある。ChIP-seqは、ChIP(クロマチン免疫沈降法)と塩基配列解析を組み合わせた方法であり、特にクロマチンのアセチル化状態の解析によく用いられている。転写活性因子がクロマチンに結合すると、ヒストンに対するアセチル基転移酵素活性を有する転写共役因子がリクルートされる結果、転写活性因子が結合した領域及びその周辺のヒストンがアセチル化される。そこで、細胞からDNAを抽出する前にタンパク質をゲノムDNAに固定化しておき、抽出したDNAを断片化した後に転写活性因子やアセチル化ヒストンを識別する抗体を用いて免疫沈降させ、得られた沈降物中のDNAを解析することにより、アセチル化ヒストンが巻き付いているゲノムDNA上にコードされている遺伝子を解析することができる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、Lys5(5番目のリジン残基)とLys8(8番目のリジン残基)の両方がアセチル化されたヒストンH4を識別して認識する抗体に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ヒストンH4のLys5及びLys8がアセチル化されたアセチル化ヒストンH4を認識し、重鎖可変部及軽鎖可変部を含み、
前記重鎖可変部が、配列番号5で表されるアミノ酸配列からなるCDRH1と、配列番号6で表されるアミノ酸配列又は配列番号7で表されるアミノ酸配列からなるCDRH2と、配列番号8で表されるアミノ酸配列からなるCDRH3とを有しており、かつ、配列番号1若しくは2で表されるアミノ酸配列、又は、配列番号1若しくは2で表されるアミノ酸配列のうち、第26~35番目、第50~66番目、及び第98~100番目のアミノ酸残基以外の領域のアミノ酸配列と90%以上100%未満の配列同一性を有するアミノ酸配列からなり、
前記軽鎖可変部が、配列番号9で表されるアミノ酸配列又は配列番号10で表されるアミノ酸配列からなるCDRL1と、配列番号11で表されるアミノ酸配列からなるCDRL2と、配列番号12で表されるアミノ酸配列からなるCDRL3とを有しており、かつ、配列番号3若しくは4で表されるアミノ酸配列、又は、配列番号3若しくは4で表されるアミノ酸配列のうち、第24~34番目、第50~56番目、及び第89~96番目のアミノ酸残基以外の領域のアミノ酸配列と90%以上100%未満の配列同一性を有するアミノ酸配列からなることを特徴とする、抗アセチル化ヒストンH4抗体。

【請求項2】
 
さらに、重鎖定常部及び/又は軽鎖定常部を含む、請求項1記載の抗アセチル化ヒストンH4抗体。

【請求項3】
 
免疫グロブリン、Fabフラグメント抗体、F(ab')2フラグメント抗体、又は一本鎖抗体である、請求項1又は2に記載の抗アセチル化ヒストンH4抗体。

【請求項4】
 
クロマチンを含む被検試料に対して、請求項1~3のいずれか一項に記載の抗アセチル化ヒストンH4抗体を用いてクロマチン免疫沈降塩基配列決定法を行うことにより、一のヌクレオソーム中のヒストンH4のLys5とLys8の2箇所が共にアセチル化された状態のクロマチン領域を検出することを特徴とする、クロマチンの解析方法。

【請求項5】
 
被検者から採取されたクロマチンを含む被検試料に対して、請求項1~3のいずれか一項に記載の抗アセチル化ヒストンH4抗体を用いてクロマチン免疫沈降塩基配列決定法を行うことにより、一のヌクレオソーム中のヒストンH4のLys5とLys8の2箇所が共にアセチル化された状態のクロマチン領域を検出し、当該クロマチン領域に含まれるゲノムDNA上にコードされている遺伝子を検出し、がん患者において発現量が高くなっている遺伝子が検出された場合には、前記被験者はがんを発症している可能性が高いと評価することを特徴とする、がん発症可能性評価することを補助する方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) PRESTO Design and Control of Cellular Functions AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close