Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)ホタテ貝外套膜のタンパク質分解物を有効成分とする脂質吸収促進剤及びこれを含む飲食品

(In Japanese)ホタテ貝外套膜のタンパク質分解物を有効成分とする脂質吸収促進剤及びこれを含む飲食品 meetings

Patent code P170013971
File No. (S2013-1326-N0)
Posted date Apr 7, 2017
Application number P2015-531806
Patent number P6418579
Date of filing Aug 11, 2014
Date of registration Oct 19, 2018
International application number JP2014071169
International publication number WO2015022930
Date of international filing Aug 11, 2014
Date of international publication Feb 19, 2015
Priority data
  • P2013-168308 (Aug 13, 2013) JP
Inventor
  • (In Japanese)岸村 栄毅
  • (In Japanese)武田 浩郁
  • (In Japanese)秋野 雅樹
  • (In Japanese)麻生 真悟
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人北海道大学
  • (In Japanese)地方独立行政法人北海道立総合研究機構
Title (In Japanese)ホタテ貝外套膜のタンパク質分解物を有効成分とする脂質吸収促進剤及びこれを含む飲食品 meetings
Abstract (In Japanese)
【課題】
 
本発明は、水産廃棄物であるホタテ貝外套膜のさらなる有効利用の可能性を提供することを目的とするものである。
【解決手段】
 
本発明は、ホタテ貝外套膜のタンパク質分解物を有効成分とする脂質吸収促進剤、これを含む飲食品及び非ヒト動物用飼料を提供する。本発明の脂質吸収促進剤は安全性が高く、そのまま摂取してもよく、あるいは様々な飲食品の形態へと加工して利用することもできる。さらには本発明の脂質吸収促進剤を他の飲食品や動物用飼料へ添加したりすることで、脂質吸収促進効果を有する飲食品又は飼料を提供することが可能になる。
【選択図】
 図1
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ホタテ貝の貝柱は高価な食材として取引される一方、貝柱を採取した後の生殖腺や外套膜などの加工原料としての価値は一般に低い。いわゆる「ヒモ」と称される外套膜は、その一部が珍味に加工されることもあるが、大半は水産廃棄物となり、コストをかけて廃棄処理されている。

ホタテ貝外套膜を含む廃棄物の量は貝柱の需要増と共に増加するため、廃棄コストも同様に嵩み、ホタテ貝産業の負担増となる。同時に、ホタテ貝由来の水産廃棄物は未利用海洋資源でもあり、その有効利用は廃棄コストの低減と新たな産業の振興あるいは促進という意義を有する。そのために、これまでにもホタテ貝外套膜の有効利用が数多く検討されている。

ホタテ貝外套膜の有効利用の例としては、ホタテ貝外套膜に豊富に含まれるコラーゲンを回収する方法(特許文献1)やホタテ貝外套膜にミネラルを吸着させたミネラル強化素材(特許文献2)などが挙げられる。さらには、ホタテ貝外套膜の酵素分解物からなる亜鉛吸収促進剤(特許文献3)、ホタテ貝外套膜のタンパク質分解物を含むアンギオテンシンI変換酵素阻害剤(特許文献4)なども報告されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ホタテ貝外套膜のタンパク質分解物を有効成分とする脂質吸収促進剤及びこれを含む飲食品に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ホタテ貝外套膜のパパイン分解物を有効成分とする脂質吸収促進剤。

【請求項2】
 
パパイン分解物がIle-Met-Asp、Glu-Gln-Gly-Glu又はGly-Gln-Asp-Gln-Glyのいずれかのアミノ酸配列からなるペプチドの少なくとも一種以上を含有してなる、請求項1に記載の脂質吸収促進剤。

【請求項3】
 
脂質がオレイン酸を主成分とする脂質である、請求項1又は2に記載の脂質吸収促進剤。

【請求項4】
 
請求項1~3のいずれかに記載の脂質吸収促進剤を含む脂質吸収促進用飲食品組成物

【請求項5】
 
高齢者用又は病者用の栄養補助飲食品である、請求項4に記載の脂質吸収促進用飲食品組成物

【請求項6】
 
請求項1~3のいずれかに記載の脂質吸収促進剤を含む非ヒト動物用脂質吸収促進用飼料組成物

【請求項7】
 
Ile-Met-Asp、Glu-Gln-Gly-Glu又はGly-Gln-Asp-Gln-Glyのいずれかのアミノ酸配列からなるペプチドの少なくとも一種以上を有効成分とする、脂質吸収促進剤。

【請求項8】
 
脂質がオレイン酸を主成分とする脂質である、請求項7に記載の脂質吸収促進剤。

【請求項9】
 
請求項7又は8に記載の脂質吸収促進剤を含む脂質吸収促進用飲食品組成物

【請求項10】
 
高齢者用又は病者用の栄養補助飲食品である、請求項9に記載の脂質吸収促進用飲食品組成物

【請求項11】
 
請求項7又は8に記載の脂質吸収促進剤を含む非ヒト動物用脂質吸収促進用飼料組成物
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015531806thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close