Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)光重合開始剤

(In Japanese)光重合開始剤

Patent code P170013996
File No. (S2013-1408-N0)
Posted date Apr 7, 2017
Application number P2015-536575
Patent number P6493919
Date of filing Sep 9, 2014
Date of registration Mar 15, 2019
International application number JP2014073742
International publication number WO2015037567
Date of international filing Sep 9, 2014
Date of international publication Mar 19, 2015
Priority data
  • P2013-191161 (Sep 13, 2013) JP
Inventor
  • (In Japanese)山路 稔
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人群馬大学
Title (In Japanese)光重合開始剤
Abstract (In Japanese)紫外線から近赤外光までの幅広い波長で作動可能な光重合開始剤を提供することを課題とし、光重合開始剤は、以下の一般式(1)~(3)のいずれかで示される化合物を含む。
(式省略)
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

光重合開始剤は、紫外線や電子線などの照射により組成物を重合、高分子化し、溶解性、粘土、接着性をはじめとする物性に変化を与えるもので、光硬化性組成物の一成分として多方面で用いられている。特に液体から個体に変化する現象は極めて有用で、塗料、印刷インキ、歯科材料、フォトレジストなどの表面加工分野に用いられている。
しかし、重合基質が紫外光により障害を受ける(分解する)状況では、紫外光により動作させる従来の光重合開始剤は使用に適さない。例えば、ガラスファイバーを光硬化樹脂で接続する場合、ガラスファイバーが紫外光により白くなり光の散乱をまねく(ノイズが発生する)等の問題が生じる。
そこで、可視光や近赤外光など幅広い波長で作動可能な光重合開始剤が求められていたが、現在のところ、近赤外光でも作動可能な光重合開始剤は知られていない。

クマリンやアントラセンにPh-O-CH2-基を付加した化合物は公知であるが(特許文献1,2)、Ph-S-CH2-基を付加した化合物は知られておらず、そのような化合物の重合開始剤としての用途も示唆されていない。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、新規化合物および該化合物からなる光重合開始剤並びに該光重合開始剤を用いた光重合性モノマー重合体の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
以下の一般式(1)~(3)のいずれかで示される化合物を含む、光重合開始剤。
【化1】
 
(省略)
mは0、1または2を示し、nは1または2を示し、
R1は、水素原子又はトリフルオロメチル基を示し、
R2及びR3互いに独立して、水素原子、アルキル基、ハロゲン原子、水酸基、アルコキシ基、又はフッ素置換アルキル基を示し、Arはアリーレン基を示す。
【化2】
 
(省略)
R6及びR7は互いに独立して、水素原子、アルキル基、ハロゲン原子、水酸基、アルコ
キシ基を示す。
【化3】
 
(省略)
R8及びR9は互いに独立して、水素原子、アルキル基、ハロゲン原子、水酸基、アルコキシ基を示す。

【請求項2】
 
以下のいずれかの化合物を含む、光重合開始剤。
【化4】
 
(省略)

【請求項3】
 
請求項1または2に記載の光重合開始剤を用いて光重合性モノマーを重合させる工程を含む、光重合モノマー重合体の製造方法。

【請求項4】
 
以下の一般式(1)および(3)のいずれかで示される化合物。
【化5】
 
(省略)
mは0、1または2を示し、nは1または2を示し、
R1は、水素原子又はトリフルオロメチル基を示し、
R2及びR3互いに独立して、水素原子、アルキル基、ハロゲン原子、水酸基、アルコキシ基、又はフッ素置換アルキル基を示し、Arはアリーレン基を示す。
【化6】
 
(省略)
R8及びR9は互いに独立して、水素原子、アルキル基、ハロゲン原子、水酸基、アルコキシ基を示す。

【請求項5】
 
以下のいずれかで表される化合物。
【化7】
 
(省略)
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015536575thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close